ぱすてるメモリーズ2話】あらすじ感想と評価!緩い流れに熱い使命!

1話の序盤から終盤までゆるい物語が繰り広げられたが、ラストに突如マジカルな展開になり驚いたが2話目はしっかり見やすい展開が続いた。

いい意味で脳死系マジカルバトルアニメといって良いと思う。

疲れた心を癒すのにはうってつけだろう。

あらすじ:要点まとめ

あらすじ

泉水、イリーナ、亜矢香がウイルス退治のために作品世界へ出撃。

ウイルスが進行しており『うさぎ→うなぎ』に変化されていた。

世界を元に戻すにはマザーウイルスを倒す必要がある為に倒した。

元の世界に戻ると作品の記憶が皆に戻っていて無事2話目も終了。

話の流れは1話目に続きまったりとゆるゆるだが、しっかりと進行するべきところは進行したといって良いだろう。

軽く感じたのがいい意味で脳死アニメの可能性が高いという事だ。

真剣に戦っているが、どこか真剣さが足りない印象を受けており、ゆったり観れるマジカルバトルアニメと言っていい。

 

ウイルス退治:作品世界の中へ

3人はメモリーチェンジを行い作品世界に入りウイルスを退治を開始した。

引用:ぱすてるメモリーズ2話

作品世界に入り込む際には普段着とは異なるマジカルな衣装にチェンジし、これがバトルスーツでもある。

各キャラそれぞれの性格をしっかりと繁栄している様で、個人的にはかなり好印象を受けたマジカルスーツだ。

 

3人がマジカルスーツで入り込んだ世界は、1話目で集めた漫画の世界であり既にウイルスの侵略が始まっていた。

主人公であるはずの少女の顔は黒くなっていたり、本来は『うさぎ』である店名が『うなぎ』に変更されているなど。

引用:ぱすてるメモリーズ2話

ウイルスにより、様々な事柄が微妙にズレた方向に変化していたが個人的にはウナギでも可愛く、おまけに3人も楽しんでいたので一体何のために3人は作品世界に入ったのか?と疑問に感じるほどに完成された世界になっており、これはこれで問題はない気がしてしまった。

 

が、どうやら問題はあるようだ。

その問題とは、ウイルスの侵略が進むと作品世界が破壊され、作品世界ごと作品のキャラたち、作品への読者たちの記憶も消えてしまうのだ。

作品世界を守るために作品世界が壊れる前に、ウイルスの源でありウイルスたちのボス的存在なマザーウイルスを倒す必要がある。

 

つまり、作品の世界と人々がそれぞれ持つ作品への思い出を守る為に泉水たちは戦っているのだ。

到着直後に作品世界を満喫していた泉水たちの姿からは想像もできない使命があったことには熱くなった!

到着直後には作品世界を純度100%で満喫していたこともあり。。。何しに来たんだろうと本気で感じていた分、余計に熱くなれる展開だったのだ!

マザーウイルス:マヤを捕まえても意味がない?

小型のウイルスの生みの親であり、作品世界を崩壊へと導くのがマザーウイルスである。

引用:ぱすてるメモリーズ2話

巨大な体に硬そうな外殻であり、泉水たちが倒せるのか?と疑問に思わざるを得ない容姿だったが普通に弱く胸の水晶に剣を突きさすことで容易に倒すことが出来た。

実質初の敵ボスであり弱いのは当然として、注目すべきはマザーウイルスの方に乗っていたマヤという女性だろう。

引用:ぱすてるメモリーズ2話

マザーウイルスに攻撃されることもなかったことや、マザーウイルスに命令していたことから行動から察するに1話目で黒幕的な呼ばれ方をしていたマヤで間違いないだろう。

彼女がどうにかしてマザーウイルスを生み出し、作品世界を壊しているのだと思われる。

が、泉水たちはマザーウイルスを倒すことを目的に行動しており、マヤを捕まえようという意志は感じなかったので、もしかすると作品世界でマヤを捕まえても意味がないのかもしれない。

泉水たちとは異なる脱出法があるなりで、作品世界でマヤに対し出来る事は限られている可能性が高いと感じた。

 

敵の首謀キャラに今後幾度となく戦う事になるであろうマザーウイルスの登場。

1話目に続き2話目でも、しっかりと描くべきことは描いた展開だったと言えるだろう。

評価:1話目に比べ非常に分かりやすい

ハッキリというと1話目はラストに唐突過ぎるマジカル展開が繰り広げられ、ゲームをやっていない人や下調べをしないでアニメを見る人には非常に訳の分からない展開だった。

序盤のまったり系アニメからは想像もできないマジカル展開なのだから全く持って意味不明としか言いようがなかったのだ。

しかし、2話目ではしっかりと丁寧に何が起こっていて泉水たちが何のために戦っているのか?ということを分かりやすく描いてくれた。

これにより、1話目の知らない人置いてきぼり事件は3話切りされない許容範囲に収まったとは思う。

 

いい意味でめっちゃくちゃ緩いが、戦う理由は作品世界とみんなの作品との記憶を守るためとかなり熱い!

マジカルなバトルパートを今後どう描いていくのか?

無駄に真面目に戦わなければ、1話目の予想を裏切りアニメ2期目が作られてもおかしくないと本気で感じているほどに楽しめた。

 

今期最後まで観ていくことを2話目にして心に決めた作品だ!

※アニメ内CMで告知あり、ブルーレイは4月3日に発売決定!&既に予約開始。