鬼滅の刃16巻のあらすじと感想※ネタバレ注意|お館様の死と最終決戦の幕開け!?

こんにちは、漫画大好きなりょう(@mangaryou)です。

今回は鬼滅の刃16巻が発売されていたので、その感想になります。

 

16巻の物語の内容としては、修行編が終わると同時にお館様の采配にて見事に鬼舞辻無残を柱たちが囲うという展開が描かれました。

修行編からのラスボスとの戦いなので、今回の戦いでは決着がつくことはないといいますか鬼滅隊側の敗北で終わるとは思っていますがとりあえずはラスボスとなる無惨との対決が幕を開けた熱い展開であり、次巻が気になる内容でした。
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

 

おおまかに内容を紹介したところで、鬼滅の刃16巻の感想になります。

お館形様と無惨の関係|鬼になった人間

巧妙に隠されていたお館形様の隠れ家を突き止めた無惨は単身でお館形様の元へと現れました。

鬼滅隊のボスと鬼のボスの邂逅という事で、とんでもない戦いが始まるのかと思いきや、お館形様の悲惨な姿をみて戦いにもならないことを無惨は悟ると同時にお館形様も病状が進行して喋ることもままならない自身では無惨に勝てないことを理解していることを告げ、2人の会話が始まります。

 

2人の会話で明らかになったのはお館形様の家系である産屋敷(うぶやしき)家から鬼舞辻無惨という鬼が誕生したことと。。。!

お館様『君が死ねが全ての鬼が滅ぶんだろう?』

印象:鬼滅の刃16巻

これまでは1体1体全ての鬼を倒さなければならなかったと思われていましたが、鬼舞辻無惨という最強にして最初の鬼を殺すことで全ての鬼が滅ぶことが明らかになりました。

つまり、その他大勢の鬼を倒さなくとも無惨さえ倒すことが出来れば上弦の鬼を含めすべての鬼を滅ぼすことが出来る事になるわけですね。

この事実を知れたことは鬼滅隊にとっては途轍もなく重大な事であり、個人的にはお館様の最大の功績だと思っています。

 

また今回の2人の会話で僕が疑問に感じていた『鬼舞辻無惨が1000年前に生まれた最初の鬼』という事に対しての謎は解決しました。

最初の鬼と表現されていましたが、あくまでも無惨は元々は人間であり何かしらの術などで人間を超えた鬼となったということです。

 

16巻の時点では、それがどういった術なのかは分かりませんが、無惨は元々は人間であり太陽の光に当てる以外にも確実に倒す方法があるということです。

どこまで強くなろうが、元が人間であれば太陽の光以外にも倒す手段は確実にあり、炭治郎たちが頑張れば倒す手段は見つかりそうだと分かり一安心です。

やっぱり、バトル物の少年漫画という事もあって太陽の光でラスボスを倒すというのは、爽快感が無さすぎるなぁと感じ密かに不安に感じていたんですよ(笑)

それが違う形での終わりになりそうで、ホッとしていますし素直に最後の戦いが楽しみだなって思えるようになりました♪
((o(∇^*o)ワクワク(o*^∇)o))

お館様の最後|柱vs無惨の幕開け

お館様は無惨が求めている永遠に不滅な存在という定義に対して、人間の想いこそが永遠に不滅であると自身の考えを語った後に『ありがとう無惨』という言葉と共に妻や子供が居るお屋敷を自身もろとも爆破し無惨に大きなダメージを与えました。

この爆発を合図にお館様から最も信頼されていた鬼滅隊最強とも示唆されていた岩柱・悲鳴嶼(ひめじま)が駆けつけ、負傷していた無惨の頭を消し飛ばすも驚異的な再生能力で滅することは出来ませんでした。

脅威の再生能力を見た悲鳴嶼さんは太陽が昇るまでの持久戦に臨もうとするのですが、最強の剣士vsラスボスの戦いというタイミングで微妙に忘れ去られていたあの人が駆けつけてくれました。。。!

珠代『吸収しましたね無惨 私の拳を 拳に中に何が入っていたと思いますか?鬼を人間に戻す薬ですよ どうですか効いてきましたか?』

引用:鬼滅の刃16巻

言い方悪いですが、最近出番が少なくて忘れ気味だった珠代さんが駆けつけてくれただけではなく、なんと無惨を人間に戻す薬を完成させていたようです!

ただ物語的に考えて、この薬が完全に完成している可能性は低いと感じており、逆に裏目に出て太陽を克服されてしまう可能性があるとすら感じています。
(´-∀-`;)

 

といいますのも物語的にはまだ決着はつかないでしょうし、人間に戻す薬が無惨に効くとは到底思えないんです。

だって、頭を消し飛ばされても平気なほどに脅威的な再生能力を持っている鬼ですからね?

薬で人間に戻るとは思えないですし、仮に薬で無惨が人間に戻った場合には残った鬼たちはどうなるのか?という疑問すら残ってしまいますから。

無惨が死ねば全ての鬼が滅ぶという話が出た後の出来事という事を考慮すると、やはり珠代さんの薬は完成していないor無惨には効果がないという結果で終わるとは思っています。
(`・ω・´)

 

とりあえずは、負傷した無惨の元に悲鳴嶼さんを筆頭にした柱達が駆けつけ無惨に対して総攻撃をしかけ太陽の光を浴びせる為の持久戦へと持ち込もうとするも、無惨の部下である上弦の肆・鳴女(なめき)の技により鬼滅隊の主力たち?(全員かも?)は無惨と共に無限城へと落とされていましました。

上下左右という重力すら自由自在の異空間・無限城での戦いとなり無惨を追い込んだはずの鬼滅隊が圧倒的に不利な状況へと陥ってしまったところで鬼滅の刃16巻は終わりでした。

まとめと評価|修行編が短かったのと総力戦の幕開けは素直に楽しみ♪

16巻の内容としては、修行編が終わりラスボスに対して現段階で鬼滅隊の最強戦力となる柱&炭治郎たちとの戦いが幕を開けました。

冷静に考えると鬼滅隊は敵が生み出した無限城という異空間での戦いを強いられるわけで圧倒的に不利な状況ですけどね。

お館様を殺されたという事実と、文字言葉通り千載一遇のチャンスを逃すまいと必死になっていることを考えると圧倒的な不利を押しのけられる可能性は十分にあると感じています。

 

また、現段階での可能性として感じているのが鬼たちの真意です。

無惨が死ねが全ての鬼が滅ぶということを、鬼たちは知っていた可能性が高いと思うのですが、それと同時に感じている疑問が仮に無惨が人間に戻った場合には既存の鬼たちはどうなるのか?ということです。

事実として鳴女の干渉能力は上弦の鬼たちにすら悟られないレベルであり、本当に珠代を探し出せなかったのか?という疑問があるんです。

 

もし無惨が人間に戻った場合に、自分たちが無惨の死により滅びないことを悟っていたのであれば鳴女の狙いは無限城に無惨や柱を引き込み時間を稼いだ後に、珠代の薬により人間に戻った無惨を殺させることでしょう。

無惨という鬼の始祖であり何があるか分からない危険な存在を処理した後に、自分たちが生きるために無惨を守らなければならないという使命からも解放されるわけですからね。

可能性としては十分考えられますし、鳴女が珠代を見つけ出せなかったというのが胡散臭く感じているので、上弦の鬼たちの本当の目的は無惨を人間に戻し自分たちの自由を手に入れることであると考えています。
( ー`дー´)キリッ

 

物語としては無限城という圧倒的に不利な空間に入ってしまったものの、無惨を追い詰めた鬼滅たちの活躍に期待といったことです!

素直に倒せるとは思えないですし、相応の被害が出ると思っていますが無限城での戦いが素直に楽しみな展開で、続きが楽しみ過ぎる鬼滅の刃16巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪
o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。