成人の年齢が変わるのはいつ?22年の成人式は3世代合同か?

国の方針により日本での成人の定義が20歳ではなく、18歳になるのが決定した。

この事により、成人式が前倒しに変更されることやお酒やたばこなど様々な変更による問題があると考えられる。

気になることが多いので、成人が18歳に変更されることについてしらべていく。

成人になると:単独契約可能

成人の変更について触れていく前に、成人になると具体的に何が出来るのか?という事に触れておく。

子供を持つ方はしっかりと理解し、危険性を子供に教えておくと良いだろう。

 

成人することによりできるようになることは、民法では単独で契約を締結することが出来る年齢ということ。

さらに親権に服する必要性を持たなくなる年齢という意味を持つ。

 

成人という言葉通り、民法でも権利のある1人の人間として扱われるという事だ。

喜ばしいことだが、単独で契約を締結できるというのは非常に危険なことであるのは言うまでもないだろうが、子供ではこの危険性をしっかりと理解はできない。

世の中には悪意を持ち契約を獲る人間は少なからず存在しているのが現実であり、18歳が成人になったばかりの時期は悪意を持って契約を獲ろうとする人間は増えるだろう。

俗にいう詐欺師の部類に入る人間たちだが、彼らからすれば経験の浅い成人したばかりの人間は格好の的としか言いようがない。

 

これまでも社会的には20歳を超え成人した人たちに注意を促してきているが、18歳となることで一層の注意喚起が必要なのは言うまでもない。

特に成人の定義が変わる22年に成人を迎える子供がいるのであれば、耳にタコができるほどに言うべきだといっておく。

成人の定義:変更は何年から

成人の定義が変更になるのは政府の方針により2022年4月1日に決定している。

22年以降に成人式を迎える場合は、20歳ではなく18歳に成人式を迎える事になり高校卒業の時期に成人式を迎える事になるわけだ。

この18歳の定義になるが、正式には満18歳で成人となるので高校3年生になってから誕生日を迎えれば成人となる。

 

当然だが、22年4月1日の時点で19歳を迎えている大学1年生なども共に成人となるわけで、22年に成人を迎える人間は非常に多いことになるのだ。

従来通り20歳で成人を迎える2002年生まれ~新制度の成人となる2004年生まれの3世代の未成年が一気に成人を迎えるわけだから当然だが、想像よりも複雑なことは多いだろう。

なにが複雑なのかについては、ここから触れていく。

成人式:異なる世代共同か?

成人の定義が20歳から18歳に移行する際に最大の問題として考えられるのが、やはり成人式の問題だ。

成人の年齢が18歳になるとは言え、18歳、19歳、20歳の未成年を合同で成人式を行うのは違和感を感じざるを得ない。

合同でやるのであれば、本来の定義で迎える筈だった20歳の人たちは少なからず不満をいだくだろう。

待ちに待った成人式のはずが、他の世代と同じ成人式に出るという事態になるのだから人生で1度しかない成人式としては言うまでもなく最悪といって良い。

 

成人の定義を動かすのだから、例外的に政府が対応するのかと思いきや、成人式については各地方が取り仕切るのが一般的になっている為に22年も例外ではないとされている。

その為、地方によっては予算が足りず合同の成人式を開かざるを得ない場合もあるだろう。

つまり、地方によっては3世代合同の成人式が開催されることとなり嫌な意味で記憶に残る成人式になるのは目に見えている。

 

02~04年生まれは不運としか言いようがない。

晴れ着レンタル:早めの予約を

成人式と言えば、誰しもが着るのが晴れ着だ。

人生に一度の晴れ着であり、家庭によっては購入するだろうが、大抵の家系ではレンタルという方針をとるはずだ。

22年の成人の定義が変更される最初の1度だけは、一挙に3世代の未成年が成人を迎えるわけであり例年に比べ成人式に参加する人数が非常に多くなるだろう。

しかし、晴れ着の総数は変わるわけではないので、2022年は例年よりも圧倒的に晴れ着のレンタルなどが難しくなることが予想され既に予約をしておく必要性があると言えるだろう。

早い段階での対応をしないと、子供の晴れ舞台が台無しになりかねないので今すぐにでもレンタル予約をしておくことをお勧めする。

お酒やたばこ:依存物に要注意

成人式が18歳に変更されるが、お酒やたばこは従来通り20歳を迎えてからという方向で話は進んでいる。

しかし、成人してしたという理由から20歳を迎える前にお酒やタバコに手を出せてしまう機会は飛躍的に増えるだろう。

 

法律では禁止されているので、最低限の安全は保障されているわけだが100%の安全が保障されているわけではないのだ。

子供が依存物に手を出さないように最大限の注意を払う必要や、お酒やたばこは従来通り20歳からという点は既に成人している人間が覚えるほかない。

これまでですら、未成年がお酒やたばこに手を出す事件は起きているのだから、成人が18歳に変更される22年以降はより一層増えるのは明白だろう。

 

どのような対処を政府が行うかに期待するのではなく、身近な環境でそう言ったことが行らないようにする努力が個々人に求められるといえるだろう。

子供がいないから関係ないという話ではないといっているのだ。

誰しもが注意を払う必要がある。

まとめ:成人の定義変えなくていいんじゃ

成人の定義が変更されるが、正直なところ感じているのが成人の定義を変える必要がないのではないか?ということだ。

成人の定義を変えたところで18歳は18歳でしかない。

劇的に何かが分かったわけでもないのに、大人の都合で成人の定義を変えるのはこれと言った意味がないだろう。

言葉通りごく一部の大人の都合でしかない。

 

明確なメリットも提示せず、しれっと成人の年齢が変わってしまったという事は驚くとしか言いようがなく本当にコレでいいのか?と疑問しかない。

具体的にどんなメリットが存在しているのか?

成人の定義を変更する前に、今一度しっかりとした議論をする必要性があるのは言うまでもなく国民投票すら行って欲しいくらいだが、政府がそんなことをしないことは百も承知だから言っても意味がないだろうが言っておいた。

 

責任を取る気もないのに詰まらない理由で成人の年齢を変えてしまう。

これが今の日本だと思うと、僕も早く異世界に生きたと思うほどだ。