終わりのセラフ18巻のあらすじと感想※ネタバレ注意|シノアが始祖に乗っ取られたので乗っ取り返し落ちを予想!

終わりのセラフ18巻が発売されました。

内容的にはここまでの整理と、遂に本格的に動きだす始祖の姿や敵味方の整理のための内容だった印象です。

メインヒロインが乗っ取られるという最悪の展開が起こり、物語がクライマックスへ突入した終わりのセラフ18巻の感想になります!

始祖の目的と鬼の真相|始祖の死に方を予想!

物語も佳境に入り最近はヴァンパイアたちの始祖がちょいちょい描かれ、そのとんでもない力の片鱗をみせつけているのがここ最近の流れです。

18巻でも始祖の隠された力が明らかになりました。

 

その力は、優が持つ黒鬼装備である阿修羅丸の精神に始祖が侵入するという、鬼に対しての精神攻撃?すら可能であるというもの。

引用:終わりのセラフ18巻

『いや、鬼なんて本当はこの世にはいない』

阿修羅丸の精神世界に侵入し、さらっと『鬼』の真相に触れる始祖。

本当は鬼なんていないというのですから、鬼の正体は鬼ではなくヴァンパイアの進化した姿なり武器に封印された状態などである可能性は高そうですが、真相はまだ闇の中です。

その内、口の軽い始祖がさらっと発言しそうなので、始祖の気分待ちですね。。。(笑)

 

ちなみにですが、始祖は鬼以外にも重要な発言をしており、その発言とは始祖曰く優と阿修羅丸は過去?にも仲が良かったらしいということです。

これまでの物語から阿修羅丸の兄妹がクルルである可能性は高いと思っているのですが、優も関係あるとなるとなにがなんやら。。。

先の展開が楽しみにはなりましたが、無理に昔と今を繋げすぎると結果として浅くなりそうで少し不安には感じています。
アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

とまぁ、色んな発言が飛び出ましたが物語の展開と始祖の狙いについて触れておきます。

始祖が阿修羅丸の精神世界に登場し阿修羅丸との戦いが始まりましたが、戦いは始祖が圧倒的に有利な展開になりました。

不利な状況に陥った阿修羅丸を救うために優も阿修羅丸の精神世界へ突入し、欲望を阿修羅丸に捧げ2人で始祖に抗ったのですがそれでも始祖の方が圧倒的に強く優と阿修羅丸は危機的状況に陥ります。。。

そして、2人を救うためにシノアも阿修羅丸の精神世界に侵入したのですが、これこそが始祖の狙いであり、結果としてはシノアの身体が始祖に乗っ取られるという最悪の展開を迎えました。

 

これまでシノアは心を抑える能力が高い姿が描かれ始祖すら苦戦していましたが、シノアの唯一の弱点は優だったわけで。。。

今回の阿修羅丸の精神世界に始祖が現れた理由はシノアの肉体を奪うという目的であり、始祖の目論見に優、阿修羅丸、シノアがまんまと嵌ってしまったという展開です。

今に思えば、始祖からすると『鬼の真相』や『優や阿修羅丸の過去』などはどうでもいいことで、その気になれば一蹴できる優や阿修羅丸に疑問を抱かせずシノアが来る時間を稼いでいたのかもしれません。

 

始祖のけた外れの実力が描かれ、既に天使とかじゃ止めようがないだろうとしか思えない展開です。

。。。もともと始祖の姿も天使っぽいですし、既に天使の力を吸収しているって可能性もありそうですし、こんなのどうやって倒すのだろうか?

倒せるイメージが出来ないですし、自殺してもらうくらいしか想像できない。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

物語的に考えれば、始祖に対してシノアが精神攻撃を行い始祖の本質的な部分を突いて撃破ということになりそうですけど。

シノアを取り込んだのが問題だった落ちでの終わりを予想しておきます。

斎藤さんは何がしたいのか?|始祖にゾッコンだと思ってる

始祖がシノアの身体を乗っ取ったことで、世界中のヴァンパイア達は真祖(始祖のこと)を感じ取ったようです。

ヴァンパイアたちの親同然なので、当たり前なのかもしれませんが、立場によってそれぞれが異なる姿を見せいてたのが印象的でした。

特に印象的だったのは。。。

引用:終わりのセラフ18巻

『そうかぁ 始まるのは今日なのか 長かったような 短かったような』

と、真祖を感じ取り意味深な発言をするスタフォードこと斎藤さん。

 

発言から始祖が何をしたいのか?を知っているのは間違いないのですが、個人的に気になっているのは結局のところ斎藤さんは何がしたのかったのか?ということなんです。

始祖の邪魔をしたかったというのであれば、この発言は可笑しいですよね?

自らの始祖の邪魔をするという作戦が失敗に終わってしまったのに、どこか満足げな表情で『今日なのかぁ』とは言えないはずですから。

おまけに『長かったような短かったような』との発言もありますので、斎藤さんも始祖が行う『何か』を待ち望んでいたのは間違いなさそうにも感じます。

 

これまでに起きた色んなことから考えると斎藤さんは始祖が行う計画の乗っ取りが目的なのかなって思っています。

計画を潰す為に行動するわけではなく、ちらほらと情報を流し邪魔していた姿をみるに乗っ取る為の計画だったと考えれば納得できますので。

斎藤さんの真意は19巻辺りで明らかになると思うので楽しみですが、間違っても始祖の仲間であってほしくはないです。

ミステリアスな立ち位置で好きなキャラクターなので、優ちゃんたちと共闘してもらわないと。。。笑

評価とまとめ|物語がクライマックス突入!

あらすじ|要点まとめ

・優たちが帝鬼軍の元に帰還。

・暮人さんにグレンが再開し状況整理が始まる。

・阿修羅丸の精神世界に始祖が現れ、優とシノアも加わり戦いが始まるもシノアの身体が始祖に乗っ取られてしまう。

・始祖(真祖)の出現に世界各地のヴァンパイア達が気が付く。

物語の内容としては、優たちが帝鬼軍に戻り残された人間の主要戦力と合流するも、始祖によりシノアが乗っ取られてしまうという展開でした。

 

物語的には次の巻が非常に重要になりそうな展開であり、ここまでの整理をしつつ『敵』の整理を始めている印象です。

誰が味方で誰が敵なのか?

ごちゃごちゃし過ぎないように、ワンクッション入れて分かりやすくしたところでクライマックスに突入するのかなと感じた内容だと感じました。

 

何がどうなっていくのか?

物語的にはメインヒロインであるシノアが始祖に乗っ取られたこともあり、クライマックスに突入した感じなのですが、まだ何が行るのか?が分からないのが現状です。

始祖の力を見るにド派手な戦いになるでしょうが、天使ですらド派手だったのでその上を行くド派手となると。。。

こりゃー日本沈没かな?笑

 

最後の戦いが素直に楽しみな終わりのセラフ18巻の感想でした♪
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪

o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪