まったく最近の探偵ときたら4巻の感想と評価!マキちゃんの笑顔!

メインヒロインの真白が名雲さんに付きまとっている理由が少し明かされた3巻の続きとなるまったく最近の探偵ときたら4巻の感想と評価です!

3巻の感想はこちら。

まったく最近の探偵ときたら3巻感想と評価!明かされる2人の過去?

 

全体的に物語の進みが浅かったのですが、色々と面白い事件が起きました。

大怪盗を目指していた風ちゃんがあまりに厳しいリアルに耐えられるのか不安だったのですが耐えられたようで良かった♪

怪盗の夢を捨てなかった姿は本当にほっとしました(笑)
ε-(´∀`*)ホッ

 

正式なメインヒロインが前面に推し出されていたり。

物語の進みはほぼなかったのですが、周りのキャラたちが輝いていた1巻でした!
※ネタバレ注意

物語のあらすじ感想

怪盗リバーフェイクと風ちゃん・・・

3巻にて初登場した美馬作警部の娘であり怪盗に憧れている風ちゃん。

彼女が憧れている現代の怪盗の1人である怪盗リバーフェイクが登場しました。

 

リバーフェイクがどんな実績のある怪盗かと言いますと、元・名探偵の美馬作警部に…

引用:まったく最近の探偵ときたら4巻

狙ったエモノは100%逃がさない実績を持ち、その手口はまるで魔法のようだとまで称される…

あまりの実績に警部が褒め称えまくるという、まさに現代の大怪盗と呼ぶに相応しい人物なんです。

 

そんな現代の大怪盗から美術館に犯行予告が…!

普段であれば対して接点もなく名探偵の地位を失った名雲さんが呼ばれることはないのですが、今回美術館の警備担当は旧友の美馬作警部。

その為、名雲さん&真白にも招集が掛かりvs怪盗リバーフェイク編が始まりました!

 

狙ったエモノは100%逃さない。

そんな伝説的な実績を持っているリバーフェイクだったのですが、色々あって割とアッサリ逮捕されてしまいました。

大怪盗の『だ』の字もない…

そんなショーもない終わりvs怪盗編は幕を閉じました。

 

あっさり終わったvs怪盗編ですが、この物語で最も見どころと言いますか、最も可哀想だったのが怪盗・リバーフェイクに憧れていた風ちゃん…
(ノ_-。)

 

リバーフェイクの正体が薄汚い贅肉ばかりのおっさんだと知った風ちゃんの叫びがこちら。

引用:まったく最近の探偵ときたら4巻

風ちゃん…(笑)
(((((*ノДノ)

 

人を見た目で判断するのはどうかと思うけど、それでも風ちゃんの気持ちは分かります。

憧れた怪盗の正体が中肉中背のおっさんじゃ流石にこうなりますよ。

ヒーローショー観に行って中の人が見えちゃうような…

いや、それの数段上を行く悲しすぎるリアルですからね…
アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

風ちゃんも可哀想なんですけどめちゃくちゃ酷いこと言っているので、それと同時にリバーフェイクも可哀想ですけどね…(笑)

 

良かったのは憧れの存在を目の当たりにし幻滅した後も、風ちゃんは『怪盗になる!』という夢を持ち続けているのでそれは良かったと思いますけど。

考えれば考えるほどに風ちゃんが可哀想な物語でした。

 

読み終えて評価

全体的に物語が進むことなく3巻にて登場した、名雲さんと真白の過去については特に触れられませんでした。

4巻で最も記憶に残っているのが、まさに大怪盗を目指す風ちゃんと怪盗リバーフェイクの悲しい出会いくらい…
(´-∀-`;)

 

リバーフェイクの犯行手口のショーもなさや、風ちゃんの気持ちなどなど。

あまりの悲しさに鮮明に記憶に残っています(笑)

 

今後の物語で、実は今回登場したのがリバーフェイクの偽物であることが発覚し、本物が出てきてくれると良いなぁって思っています。

風ちゃんの為(精神的)にもなるし、狙ったエモノを100%逃がさずその手口はまるで魔法とまで言われている人にしては雑過ぎましたから。

今後、本物のリバーフェイクが登場しとてつもない怪盗ぶりを魅せつけてくれることを本気で信じています!
((o(> <)o))

破壊力抜群だったメインヒロインの笑顔

怪盗絡みで風ちゃんが印象に残っていますが、もう1つ印象に残っているのが4巻にて前面に推し出されていたアスナロ&マキちゃん。

最近は絡み薄いといいますか、影が薄かったのですがめっちゃ推されていました(笑)

 

過去話でアスナロが精神的にイケメン過ぎるっていう印象も強かったのですが、やはり強く印象に残ったのが破壊力抜群のマキちゃんの笑顔。

引用:まったく最近の探偵ときたら4巻

完全にマキちゃんがメインヒロイン!

そう思わざるを得ない破壊力抜群の笑顔…!

 

眩しい…

眩しすぎる…ッ!
:*・*゚.:。+゚+(((ノ´Дヾ))

 

本来のメインヒロインの真白はもはや顔ギャグと肉体労働要因で既にヒロイン枠に無いといいますか…

4巻にて僕の中でのメインヒロインの認識はマキちゃんに変更されました。

マキちゃんと名雲さんの物語です…(笑)

 

風ちゃんも可愛かったけど、マキちゃんも可愛い!

可愛さ全開の1巻でした!
カワ(・∀・)イイ!!

 

物語があまり進んでないのが残念ではありますが、全体的に可愛い巻で面白かったです。

名雲さんと真白の過去について3巻で軽く触れられたし今後の展開というか、名雲と真白の過去が明らかになること!

そして、2人の過去が明らかになった時に名雲さんがもう一度『名』探偵を目指せるのか?

 

今後の展開が楽しみなまったく最近の探偵ときたら4巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

2 Responses to “まったく最近の探偵ときたら4巻の感想と評価!マキちゃんの笑顔!”

  1. 匿名 より:

    アスナロたち押し出されてるのどう思います?
    あんまり好きじゃないので嫌なんですが、、、

    • りょう より:

      コメントありがとうございます。

      アスナロ達がいないと、名雲さんが事件に関われないので必要性は高いと思っています。
      一応のところアスナロは、現役の名探偵でもあるので『まったく最近の探偵ときたら』というタイトル的にも必要性はあるかなと。

      推し出されすぎとは僕も感じましたけど、マキちゃん可愛かったのでオールOKです(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

免責事項

このサイトの情報は、無料で提供しています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、ユーザーご自身の責任において行って頂きますようお願い致します。
当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。また、当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
また、使用している画像の著作権は各作者様・各出版社会社様に属しています。

このページの先頭へ