綺麗にしてもらえますか。1巻の感想と評価!綺麗な人が綺麗にします。

ヤングガンガンコミックスで連載中の綺麗にしてもらえますか。1巻の感想と評価です。

 

表紙でも分かる通りクリーニング絡みの物語でヒロインは卓越したクリーニング技術を持ったクリーニング店の店長です。

クリーニングと聞くと地味なイメージが強く作業自体はイメージ通りの地味さです。

決して迫力はないと感じると思います。

 

しかし、クリーニングとは時に他人から大切なモノを預かりそれを綺麗にする仕事でもあります。

その為、他人が大切にしている物をクリーニングする際の物語では人と人との関り合いが深く描かれるので熱い展開も多くなっていきそうという印象を強く受けた物語です。

 ※ネタバレ注意

物語のあらすじ感想

クリーニング店

物語のヒロインは海沿いの町にあるキンメクリーニングというその名の通りのクリーニング店の店長であり1人で経営している金目(きんめ)さん

 

金目さんはクリーニング店の店主という事もあり、当然ですが豊富なクリーニング知識を持っています。

豊富なクリーニング知識に引けを取らないくらいほどの…!

引用:綺麗にしてもらえますか。1巻

クリーニングへの強い愛情も持っている人です。
(“▽”*)

 

言葉文字少なく汚れものを綺麗にする姿は必見だし、綺麗な人が綺麗にするっていいですよね(笑)

行きたい…

こんなクリーニング店が在ったら行きたいです…
Σ(゜∇゜|||)

 

とまぁ、クリーニング知識が豊富であり、クリーニングに愛もある綺麗な人。

そんなクリーニングが大好きで卓越したクリーニングの技術も盛っている金目さんを中心にクリーニングを通して様々な事柄が描かれていく物語です。

過去の記憶がない

物語のメインヒロインである金目さん。

彼女が抱える大きな問題であり、物語で重要になる秘密がありました。

 

その金目さんが抱える問題というのがこちら。

引用:綺麗にしてもらえますか。1巻

2年より前の記憶。

この街にやってくる前の記憶が無くなっているんです。

 

自分が本当はどこの誰なのか?

家族がいるのか?いないのか?

なぜクリーニングが大好きで、卓越したクリーニング技術も持っているのか?

 

クリーニング技術を除き2年より前の記憶が一切残っていないんです。

 

記憶を取り戻せるきっかけが何になるのか?

まだまだ物語の方向性は出ていませんが、唯一覚えていたクリーニング技術。

身に沁み込んでいたクリーニング技術を活かせる仕事についていることを考えると過去の記憶を思い出したいのは間違いなさそうです。

 

今後何をきっかけに金目さんが過去の記憶を取り戻すのか?

そして、過去の記憶を失った理由がどんなもので、記憶が戻った時に金目さんがどうするのか?

記憶喪失になっているということからも、今後物語のどこかで明らかになる金目さんの過去が楽しみな展開です。

読み終えて評価

クリーニングという地味な仕事というイメージが強い職が中心となる物語です。

染み抜きや単純に正装を整えて貰ったりなどに使う程度という認識でしたが、他人にとって思入れのある大切なモノを預かる場合もありますからね。

1巻でも描かれ面白かったですが、他人から大切な品というのを預かった際の物語が今後も面白くなりそうです。

 

全体的にクリーニングをしている姿やクリーニングにかける情熱は勿論。

地味にしか思えなかったクリーニングという仕事でしたが、他人の大切なモノを預かり綺麗にする仕事として観るとなかなか面白味のある仕事かなと思いました。

大切なモノであればあるほどに預けたくないですからね。

信頼できないクリーニング屋には…
( ̄▽ ̄;)

 

金目さんが過去の記憶を取り戻したときに金目さんはどうするのか?

キンメクリーニングやクリーニングを続けていけるのか?など。

まだまだ記憶を失った理由は勿論、過去の断片も明かされていませんが今後過去の記憶が戻る時が楽しみな物語でもあります。

 

単純にきれいな人が綺麗にするっていうのも最高ですしね(笑)

今後どういった物語展開になりどういった出来事が描かれるのか?

他人の大切なモノを預かり綺麗にする。

金目さんの仕事っぷりが楽しみな綺麗にしてもらえますか。1巻の感想でした。
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

 

コメントを残す

サブコンテンツ

免責事項

このサイトの情報は、無料で提供しています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、ユーザーご自身の責任において行って頂きますようお願い致します。
当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。また、当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
また、使用している画像の著作権は各作者様・各出版社会社様に属しています。

このページの先頭へ