はたらく細胞5話の感想と評価!頑張りすぎた細胞たちにステロイド(粛清)!

※ネタバレ注意

5話のあらすじ

あらすじ

大量のスギ花粉が体内に侵入!

スギ花粉を排除をするため、現場へと急行した白血球(好中球)は、そこで“記憶細胞”と居合わせる。

記憶細胞は免疫記憶を保持しているリンパ球である。

現場の光景を目の当たりにし、なぜかあたふたしている記憶細胞。

「なんてこった! これじゃまるで、言い伝えと――」

記憶細胞が言う“言い伝え”とは……?

要点まとめ

・スギ花粉が侵入。

・記憶細胞が登場。

・スギ花粉にまつわる非常に危険な言い伝えを語る。

・B細胞がサクッと倒す。

・スギ花粉を倒した結果IgEが大量に発生。

・ヒスタミンを大量に分泌し、くしゃみや涙が大量に分泌される。

・それぞれが自分の仕事をした結果、スギ花粉アレルギーで体内は戦争状態へ(笑)

・ステロイドという薬が今回の事件に関わった奴らを粛正に来る。

・みんな痛み分けでハッピーエンド?

ツイッター

観終えての感想と評価

スギ花粉に関するエピソードでした。

 

内容的には花粉に対して人間の身体がアレルギーを起こしている原因が、実質自滅であること。

ステロイド系の薬の働きや危険性などが描かれました。

副作用も記載してくるあたり…流石だと思います(笑)

 

赤血球と白血球がナチュラルにいちゃつきだしたり、次回で幼少期編が描かれるとか。

ラブコメ前回になりそうで怖いですが、誰が止めてくれるのかが楽しみです。

血小板ちゃん当たりが止めてくれるのかな?

2人の暴挙を…!

 

先が楽しみではあるけど、ラブコメ前回になりそうで怖い。

そう思った5話目でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ