はるかなレシーブ2話目の感想と評価!バランスよく色々つまってる!

はるかなレシーブ2話目では、最高過ぎる展開が待ち受けていました!

 

 

トラウマを乗り越えるかなたとか、かなたと元ペアだったなるみとか…

 

熱い…!

 

本当にただただ熱かったと思える内容だった2話目の感想になります!

※ネタバレ注意

2話のあらすじ

ザクッとあらすじ

再戦に向け、かなたの指導の下トレーニングを続ける遥。

 

ビーチフラッグを繰り返しを砂上での動きになれていく。

 

しかし、再戦までに残された時間が少なすぎる為に、かなたは練習内容をレシーブとスパイクに絞る決め、カットショットという奇襲作戦に賭ける事を決める。

 

 

練習の日々があっという間に過ぎ試合当日の朝。

 

早朝のランニングをしていた遥が出会ったのは、なるみのペア・彩紗さんと出会い彼女口から色々とかなたに関して知る事になるのだった。

 

 

ビーチバレーの高校生チャンピオン・彩紗から

 

『かなたと組むのは良くない』

 

とハッキリと言われた遥だが

 

『それでも私はかなたちゃんとやりたい!』

 

と、かなたとの日々を振り返りビーチバレーを続けていくことを決意するのだった!

 

 

再戦が始まる…!

公式ツイッターより

観終えての感想と評価

物語は遥が本格的にビーチバレーをかなたちゃんと続けていくことを決意する内容でした。

 

 

遥が真っ直ぐにかなたを信じる姿も熱かったけど、なるみの相棒である彩紗さんからさ。

 

ビーチバレーではかなたと組むべきではない理由を色々と聞いた遥が

 

かなたちゃんを信じたいんだっ!

 

って言って、それを偶然近くに居たかなたちゃんが聞いちゃう辺りが本当に熱かったと思う!

 

 

その言葉を聞いたかなたが昔の水着と髪形にして再戦に臨む姿がもうさ。

 

感動的過ぎた!
感(┳∧┳)動

 

 

試合中もさ。

 

かなたが自分を信じ続けてくれた遥に答えるかのように、過去のトラウマを乗り越えレシーブをしたのは勿論。

 

その姿を見て元ペアだったなるみは

 

『自分はかなたを苦しめていただけなのかな?』

 

と悲し気な姿を見せたりと、本当に色々つまり過ぎて泣ける。
(ノДT)

 

 

水着見れまくるし、ペア同士で軽くいちゃつき見せてくれるし、感動的だし。

 

熱いよ…ッ!

 

本当に熱いよッ!

 

 

ただ水着見たさに見始めたアニメだけど、熱すぎるドラマが待ってた!

 

最高かよ…っ!?

 

本当に最高過ぎると感じてます!

 

 

今後どんな展開になっていくのか?

 

かなたが完全にトラウマを乗り越えられるのか?

 

遥とかなたがどこまで行けるのか?

 

 

楽しみな事が多すぎるはるかなレシーブ2話目の感想でした!
(*。>ω<)ノシ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ