はねバド!4話の感想と評価!コニーとの戦いが楽しみ過ぎる終わり!

※ネタバレ注意

4話のあらすじ

あらすじ

合宿にやってきた北小町高校バド部。

そこで一行を待ち受けていたのは、宮城の超強豪校・フレゼリシア女子バドミントン部だった。

北小町VSフレ女で練習試合を行うことになり、ひそかにはりきる綾乃。

「初めて、みんなと一緒に戦う試合……!」

そんななか買い出しに出かけた綾乃は、一人の少女と出会う……。

ツイッターより

観終えての感想と評価

物語はチーム内のいざこざなどが一段落して、スポーツ部らしくライバル校との試合が繰り広げれる展開へ。

何だかんだ3話目までは身内ネタだったので、チームとして初の対戦が描かれましたね。

 

ライバル校のフレ女に所属するエースは、綾乃の元を去ってしまった母親に英才教育を受けたコニーでした。

髪の結わき方をみた綾乃がコニーと母親の関係の可能性を感じ

『お姉ちゃん』

と呼ばれたことにより、母親とコニーが関係していることを確信するという先が楽しみ過ぎる展開へ!
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

 

次回に持ち越しという展開ですが、これは盛り上がりそうな展開で次回のバトルが楽しみ過ぎる内容です。

だって、綾乃は母親が自分の元を去ってしまった理由が

自分が弱いから

だと思っていますからね。

 

母が育てたお気に入りを倒せば帰ってくるかもしれない!

綾乃の思考がこうなってもおかしくないので、暴走しちゃうのかなって思うと楽しみです。

 

作画凄すぎて言うほど感想が無いんだよなぁ。。。

そういえば、4話目でコニーが歯形上にかみ砕いたはずの飴が噛んだところ再生してましたね。

それくらいかな。

 

次回のコニーと綾乃の対決が楽しみです(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ