はねバド3話の感想と評価!エレナと綾乃の友情という名の青春!

※ネタバレ注意

3話のあらすじ

あらすじ

徐々にバド部の面々と馴染み始める綾乃を、複雑な面持ちで見つめている幼馴染のエレナ。

 

一方バド部のキャプテンであるなぎさは、全日本ジュニアで敗れた時とは別人のような綾乃に違和感を感じつついた。

 

 

そんななか、綾乃の前に港南高校の1年生エースであり中学時代の因縁の相手である芹ヶ谷薫子が現れる。

 

強引に薫子と試合することになった綾乃だが、試合は惨敗に終わってしまい綾乃は

 

バドミントン部を辞める

 

と1人練習を抜けてしまう。

 

 

翌日の学校に登校すらしなかった綾乃の元に幼馴染のエレナが訪れる。

 

綾乃は再びバドミントンを続ける気になれるのか…?

 

幼馴染の2人の絆が描かれる!

公式ツイッターより

観終えての感想と評価

物語は綾乃&エレナの幼馴染コンビがメインの物語。

 

薫子との戦いで母親が自分の元を去ったことを強く思い出しバドミントンから離れてしまう綾乃。

 

そんな綾乃をバドミントンに戻すためにエレナが奮闘する物語が描かれましたね。

 

 

綾乃がバドミントンを辞めた理由が

 

『自分が負けたせいで母がいなくなり、勝ち続けたのに戻ってこなかった』

 

という重たい理由であることが明かされました。

 

 

それを知ったエレナはどうするべきかを悩みながらも

 

『バドミントンが好きだったことを思い出してほしい』

 

という、何かの為ではなく純粋にバドミントンが好きだった頃の綾乃の感情を引き出す為に動いてくれました。

 

 

エレナが誰よりも楽しそうにバドミントンをする綾乃を羨ましく思っていたことなど。

 

幼馴染の2人ならではの絶妙な距離感が本当に素晴らしかった物語だと思う。

 

2人がバドミントンやってるわけではないので、どう戻ってくるかと思ったらまさかのなぎさ召喚とかね。

 

エレナの綾乃への理解の深さを感じざるを得なかったし、ただただ素晴らしかった!
( ̄▽ ̄)

 

 

そして、しれっと描かれた

 

『なぎさ、タコとイカ間違えちゃった疑惑』

 

には笑わせてもらいました(笑)

 

 

ラストで部員たちもなぎさに話を聞いて、綾乃となぎさが戦っているであろう場所に駆けつけてくてたわけですけどね。

 

『イカ公園なんて見たことないぞ?』

 

という、なんとも悲しいコーチの発言…(笑)

 

 

エレナにタコ公園って聞かされたのに、綾乃絡みの話だった為なのか?

 

意外に接点が薄いエレナに家に来られたことが原因なのか?

 

理由は明らかになりませんでしたが、結構テンパっていたようで

 

『あれ?タコ公園だっけ?イカ公園だっけ?』

 

と迷った末にイカ公園だと結論に至ったなぎさを想像すると笑うしかないです…w
( ̄∀ ̄*)イヒッ

 

 

友情も熱いし笑いもあった!

 

ホントに青春アニメって感じなので、今後が楽しみです♪

 

にしても、今期は青春枠は、はるかなレシーブもあるし激選枠ですが名作多いなぁ…

 

今後もこのレベルのアニメが増え続けるのか?って思うとアニメ業界凄いなぁって思いました!(笑)

 

 

3話目も最高だったはねバド3話の感想でした!
(* ̄ー ̄*)/~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★”

はねバド!4話の感想と評価はこちらです。

はねバド!4話の感想と評価!コニーとの戦いが楽しみ過ぎる終わり!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ