たったコレだけ!リフレッシュレートの設定で画質を向上させる方法!

パソコンを弄っていた際に画質よく出来ないかなぁと思って調べていたら気になる物を見つけました。

 

今回の見つけたのがリフレッシュレートなるもの。

一切知らなかったのですが、初期設定は50pになっていたのですが調べ観てたところこの数値を上げると画質が向上するとのこと。

ふむふむと思いつつ、無事に画質を向上させることに成功しました!
(。-∀-)

 

なので、今回はリフレッシュレートとはなにか?

設定をいじくる方法はどうすればいいのか?

やり方やリフレッシュレートが意味している物などを紹介していきます。

リフレッシュレートとは?

今回紹介していくリフレッシュレートとはなにか?について紹介していきます。

めっちゃくちゃ詳しく知りたいなら他を当たってほしいので、イメージとして分かりやすく紹介します。

 

名称からグラフィック関連の物だとは分かっていると思いますが、詳細に紹介しますと

1秒間ごとに何回書き換えするか?

というのがリフレッシュレートです。

 

分かりやすくイメージするには紙芝居を想像してください。

PCの映像というのは、紙芝居を超高速でパラパラしている状態です。

このパラパラ。

つまり、ディスプレイでの映像の書き換えを1秒間辺りに何回しますか?というのがリフレッシュレートです。


リフレッシュレートを
高くすれば高くするほどに、1秒間辺りに書き換え回数が増えて滑らかな動画になる。

逆に書き換え回数を減らすと書き換え回数が減りコマ落ちと呼ばれる現象が多く発生してしまうという事になります。

リフレッシュレートの設定手順

リフレッシュレートとはなにかを紹介したので、設定方法を紹介します。

インテル製のCPUの場合はデスクトップ画面で右クリックしてください。

その後、グラフィックス・プロパティなる項目があるのでクリック。

 

そうしますと以下の画面が開かれるはずです。

こちらの画面のディスプレイをクリックしてください。

すると以下の画面に移行します。

こちらの画面が登場したら、画面中段にリフレッシュ・レートの項目が見える筈です。

この部分をお好きな数値に変更すればリフレッシュレートの変更は完了です。

 

簡単な方法ですが、たったこれだけでリフレッシュレートを向上させることが出来てPCの画質が向上します。

リフレッシュレートが高ければ高いほどに滑らかな動きになります。

余程の理由がない限りは設定できる最大設定にすることがお勧めですよ。

動的な物をPCで楽しんでいる場合には滑らかさを感じられると思いますので是非活用してみてくださいね♪

 

ちなみにですが、人間は75Hz以上は差異を体感できないらしいですよ。

豆知識的に覚えておくと妥協範囲が決められるかもしれませんので覚えておいて損は無いはずです。

PとIの違い

初めてリフレッシュレートの設定を弄ろうと思った際に気になるのが恐らくPとiだと思います。

僕も気になったの項目で、誰しもが気になるであろう理由がこちらです。


いざリフレッシュレートを変更しようとした際に、00pと00iという項目が存在している為です。

 

PとIというのがあるわけですが、PCに詳しくないといったい何が違うのかが分からないはず。

僕もわからず検索し知ったのですが2つの違いは英単語通りの差でした。

 

それぞれの英単語が意味しているのが

I=インターレース

P=プログレッシブ

という英単語です。

 

それぞれプログラム関連の面倒なシステムがあるのですが、多くの人が知りたいのは間違いなく2つの差ですよね?

僕も大して細かなシステムさに興味がなかったので、知りたければ検索してねって感じなので、2つの差だけを紹介します(笑)

 

インターレースとプログレッシブ、2つの最大の違いはといいますと。

インターレースはプログラム的理由で動画を滑らかに映し出す能力に長けている。

それに対して、プログレッシブは解像度が高くなり静止画を映し出す能力に長けています。

 

参考までにですが、PとIは使用用途によって使い分ける事が重要になりますが、体感ではPとIの差はほとんど感じられません。

数値が高くなると滑らかになったなぁと感じましたが、PでもIでも映像に明確な差があるとは感じられませんでした。

なので、大きな差が出る要素ではないようです。

まとめ

・リフレッシュレートとはディスプレイの1秒間辺りの書き換え回数。

・数値は高い方が映像としての質が高まる。

・p(プログレッシブ)とi(インターレース)があるが差は殆ど分からない。

・人間は75hz以上は体感できない…らしい。

 

リフレッシュレートと呼ばれているディスプレイが1秒間辺りに何回映像を書き換えるのか?について紹介しました。

いやぁ~あんまりPCの画像などは弄らない人だったのですが、最近興味を持って弄ってみたんですよ。

そしたら以外にも簡単に画質が向上したのでその話をした次第です。

 

あまり差を感じることは出来ませんが、興味があれば設定値を弄ってみてください。

画質自体は向上しますので、時間を割いても後悔はしないと思いますよ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ