バンドリ!2期2話】ロゼリア主催ライブとポピパへの忠告!

バンドリ2期の放送が始まり、1話目からロゼリアの主催ライブが行われることが告知されるなど盛り上がりを見せた。

2話目ではロゼリアの主催ライブがメインとなり、香澄たちも主催ライブをやってみたいという展開が繰り広げらえた。

ポピパ主催ライブ:現実を見ていない

前回のラストにロゼリアが主催ライブを開催することを聞き、案の定ポピパで主催ライブをやりたいと言い出す香澄。

スケッチブックに主催ライブ時の演出を考えてきたと言い出し、ポピパの面々に見せるのだが。。。

引用:バンドリ2期

まさかの空を飛ぶ演出を入れたいと考えている様子だった。

この行動を見る限り、あまり主催ライブを理解していないようで、現実的な予算で無茶がありすぎる演出を計画してしまったようだ。

 

この香澄の行動にポピパの面々はノリ良く付き合っていたが、その後の生徒会室にて有咲はロゼリアのメンバーであり生徒会長でもある燐子や紗夜などに主催ライブの厳しさを言い聞かされた。

主催ライブを開催するには会場を用意したり、チケットやポスター、出演バンドやタイムスケジュールに現実的にかかるお金など。

様々な物が必要であり、これまでのように呼ばれてライブをするのとは大きく違うのだ。

 

アニメ2期はポピパの主催ライブで終わりを迎えるような気がするが、主催ライブ1回目を失敗してからの再チャレンジの気もしている。

ロゼリアライブ:成功とポピパへの言葉

なんだかんだでロゼリアの主催ライブに出演することになったポピパは控室に挨拶がてら差し入れを持って行くが、控室では。。。

引用:バンドリ2期

ロゼリアのメンバー達が死んでいた。

実際は死んでいたのではなく、疲れて寝落ちしていただけのようだが主催ライブを開くというのはロゼリアのメンバーですら疲労困憊に陥るほどに大変なのだ。

ロゼリアの面々が疲れ果てるほどにリハや点検などを繰り返したということもであり、ロゼリアが今回の主催ライブに掛けていた本気度合いが分かるシーンでもある。

 

その後、ロゼリアの主催ライブが始まりポピパ、ロゼリア共にライブをやり切り無事に成功に終わった。

全てが終わり、控室にて香澄は『同じことできるかな』と不安を見せつつも『いつか頑張ってロゼリアのみなさんみたいに』と意気込みを見せた。

引用:バンドリ2期

が、ロゼリアからは『その努力に意味はあるの?』と厳しい言葉を浴びせられてしまった。

厳しい言葉ではあるが、この言葉はポピパでは力不足というよりも香澄が放った『同じことできるかな』という言葉を聞いての忠告だと感じた。

主催ライブとは、一から十まで自分たちで作るライブであると同時に、自分たちを出し切るライブでもあるからだ。

ロゼリアが作ったライブは、あくまでもロゼリアを出し切るライブでありポピパを出し切るライブではなく、ロゼリアライブをやるポピパを見たい人は少ないだろう。

 

主催ライブをする覚悟が足りていないとも言われた通り、現状の香澄たちの甘い考えで主催ライブをやっても失敗に終わるのは明白だ。

誰かを参考にしているようでは主催ライブが成功する可能性はない。

自分たちの特色を出し切れる演出や構成を考え、ポピパの魅力を出し切る必要があるという事に香澄たちが気が付けるか?が今後の見どころになりそうだ。

まとめ:先は長い

アニメ2期の2話目でロゼリアが主催ライブを見事に成功させた。

主催ライブに感化された香澄は、既にやる気満々だがロゼリアから忠告を受けた通り現状のポピパが主催ライブを行っても失敗に終わるだろう。

主催ライブの目的と、それに求められている事柄が分かっていないのだから成功の見込みは限りなく薄い。

 

2期のラストには香澄たちポピパが主催ライブを成功させて終わると予想しているのだが、展開的に1回失敗する可能性もありそうと感じている。

1回失敗してからの2期ラストで再チャレンジ展開で無事に成功し、ポピパの成長を描くっていうのも普通にありそうかなと。

 

今後どう展開していくのかも楽しみだが、3話目での注目はロゼリアに受けた忠告を香澄たちがどう受け取るのか?というところだろう。

性格的に暴走はしそうにないが、言葉の意味を深く考えすぎてスランプに陥る可能性はありそうと感じているだけに不安に感じている。