8Kテレビに必要なモノ一覧!約6万円で一式揃えられる!

8Kテレビに必要なモノ一覧!約6万円で一式揃えられる!

2020年に東京で開かれる東京オリンピック&パラリンピックに向け、配信が開始されることが決定しているのが4Kと8K放送です。

 

テレビの画像が綺麗になる!

喜ばしいことではあるのですが、実際のところユーザーにはデメリットも多いんですよね。

 

これは過去にテレビがフルハイビジョンに移行した際を経験している人は分かると思うのですが、テレビが対応していなかったり。

家のアンテナが古くて4Kや8Kの映像を受信できなかったり。

新しい電波放送になる為に、従来の製品では受信できないという事があり様々な機材が必要にある場合もあります。

 

映像が綺麗になるという嬉しいことの反面、現実問題としてお金が掛かる4K8K。

どういった機材が必要になるのかについてまとめておきます。

4K8K放送:従来との違い

必要な機材の前に、なぜ新しい機材が必要かについて触れていきます。

 

今回新しく放送が開始される4K8K。

これらは従来のフルハイビジョン映像とは大きく異なる点が存在しています。

その最たる違いは、映像の画素です。

フルハイビジョンは207万画素。

4Kが829万画素。

8Kが3300万画素。

とこのように、従来のフルハイビジョンから4倍か8倍近くの差がある事が分かると思います。

4倍なら4K、8倍なら8Kという風に表現されているわけですね。

 

映像が綺麗になる4K8Kですが、当然ですが従来の電波とは大きく異なる電波を使うんです。

これまでは右旋円偏波と呼ばれる電波だけだったのですが、4K以上は左旋円偏波も使います。

この左旋円偏波は従来のアンテナでは受信することが出来ません。

 

4K8Kテレビは左旋円偏波を受信するために、アンテナや機材が必要になると思っていただければ問題ありません。

視聴に必要な物:値段

4K8Kを視聴するにあたり、必要なモノをまとめておきます。

 

4K8Kテレビ

まず当然として必要なのが、4K8Kに対応したテレビです。

これは5年ほど前から発売が開始されているので、既に持っている方も多いと思います。

値段に関しては、サイズによっても異なりますが。。。

 

大きめの4インチでも既に7万円を切っています。

大型テレビであることを前提に考えれば、安い部類に入りますし今後2020年までに近づけばより安いテレビも出るでしょう。

平均して5万円と仮定していいと思います。

アンテナ

次に必要不可欠なモノが、アンテナです。

先ほども紹介した左旋円偏波を受信できる物が必須となります。

こちらのお値段は。。。

アマゾンで6000円を切っています。

取り付け方マニュアルも付属しているので、6000円+労力といったところですね。

難しいよう出あれば、何でも屋に相談することをお勧めします。

 

ネットやテレビなどの問い合わせは多いようなので、サクッと付けてもらえますよ。

同軸ケーブル

アンテナから受け取った電波をテレビに流す為のケーブルです。

このケーブルも4K8Kに対応している必要があります。

値段は10mで1856円。

そこまで高くはないので、お手頃価格で手に入れる事が出来ます。

 

分配機

これはフルハイビジョンの際にも必要になった分配機です。

小さいながらコレがないと映りませんので注意してください。

値段は999円。

既に出回っている部類に入る機材なので、格安です。

注意としては古いタイプの場合には4K8Kに対応していない可能性があるという点です。

HDMIケーブル

最後に必要なのが4K8Kに対応したHDMIケーブルです。

これはなくても映るそうですが、映像が綺麗にはならないとのことです。

8K特有の綺礼で滑らかな映像を実現するには、HDMIも必要になります。

値段は一般的な物と変わらず499円ですので、高画質を求めるのであれば必ず買っておきましょう。

まとめ:6万で対応

必要なモノを紹介してきました。

全てをまとめると最安値で約6万円あれば買いそろえることが可能です。

特殊な機材が多く10万円くらいかかるのかと思いきや、テレビ込みで6万円でした。

 

こう考えると非常に安く、より高画質なモノを見れるようになる。

4K8Kはかなりお得で、ユーザーとしては良いこと尽くしです!

早くも対応が始まる2020年が待ち遠しいです!

話題・雑記カテゴリの最新記事