ズートピア感想 『隠された陰謀とメッセージ性』

ず~とぴあディズニー最新作?となるズートピアを観てきました♪

本当はシビル・ウォーを観に行ったんですが、時間が合わず仕方なくズートピアにしたんですが、さすがディズニーって感じの映画になっていたので、今回はズートピアの感想を。
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ズートピアのあらすじと感想

物語のあらすじ

PV見れば大体わかるんでこちらをどうぞ(笑)

ズートピアPV
物語の舞台は、動物たちが人間のような社会を築き、肉食動物と草食動物が共存している世界・ズートピア。

このズートピアでは、どんな動物も快適な暮らしができる動物たちの楽園とよれば『誰もが夢を叶えられる場所』と呼ばれています。

 

そして、誰もが夢を叶えられる場所・ズートピアで繰り広げられる物語の主人公となるのが史上初のウサギの警察官ジュディ。

このウサギのジュディとキツネで詐欺師のニックが、ひょんなことで協力することになり、ズートピアで起こる大事件を解決することになるという物語。

 

ズートピアに隠された陰像とは?

PVでもある通り、ジュディは警察学校をトップの成績で卒業したにも拘わらず、ウサギという理由で1人だけ違法駐車の取り締まりを命じられてしまったりと、誰もが夢を叶えられる世界と言われるズートピアでも差別があるわけで、この『差別』が物語の中心になっています。

ジュディがウサギ史上初の警察官っていうことからわかる通り、体格の小さい動物は警察官に相応しくないっていう風潮があったり、キツネだから信用できないという種族だけで差別していたり…

平和で様々な動物が共存しているんだけど、根本的には分かち合っていないというか、種族ごとに見下したりしている世界なんです。

 

そんな皆が気づきながらも放置されている差別こそが、ズートピアの『隠された陰謀』の種火に。

このズートピアにある『差別』の中でも、やはり重大なのが、体格が小さかったり力が弱かったりと、全体的に草食動物は見下されがちで、体格が大きく爪や牙を持つ肉食動物の方が偉そうにしているわけ。

そして、この差別を良く思わず、苛立ちを抱えていた草食動物が肉食動物を陥れようと動き出し、ズートピアが肉食と草食で2分され混乱に陥り、最終的にはジュディ&ニックがズートピアを混乱から救うという物語でした。

 

 

また、作中には『DNA』って言葉も出てきたりと、『人種差別は良くない』ってメッセージ性や、『自分の生まれや育ちを理由にせず色んなことに挑戦して』っていうメッセージを感じました。

まぁこの辺はディズニーらしい感じで、子供向けでありながらも大人でも考えさせられるところが大きい作りになっているって感じでした。

ズートピアを観終えて

あんまり観る気はなく、シビル・ウォーと時間が会わずに仕方なく観た映画ですが、普通に楽しめました。
(*”ー”*)

 

陰謀や差別など、色々と考えさせられる物語でしたが、 全体的にはコメディ色も強かったり、大小さまざまな種類がいる動物たちが共存しているが故の町の作りなども楽しめたりと、何かメッセージ性を求めてない人でも楽しめる映画だと思うし

なにより、差別なり陰謀なりがあるので、子供から大人まで楽しめるディズニーらしい作品になっていたと思います。

この辺はさすがディズニーって感じですかね?(笑)

 

動物たちも可愛いし、種族の違う動物たちの兼ね合い動物の習性を使った商売に、名称と実態の差が激し過ぎるキャラがいたりと、全体的に楽しめたズートピアの感想でした!
(*。>ω<)ノシ マタネッ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top