ゆるキャン4巻の感想ネタバレ注『クリスマスキャンプ開催!』

ゆるキャン4巻少女達のゆるいキャンプを描くゆるキャン4巻の表紙は、4巻で描かれたクリスマスキャンプでひと時。

 

4巻ではソロキャンプを好み、大勢でのキャンプに乗り気ではなかったリンが大勢でしか味わう事の出来ない楽しさを知る展開が繰り広げられます!

仲間たちとの友情も芽生え始めてきた感じだし、個性の強いメンバーの絡みが楽しみな展開です!

 

それでは、ゆるキャン4巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ゆるキャン4巻の感想

鳥羽先生はやはり飲んだくれ。

クリスマスキャンプは約束していた5人に鳥羽先生が加わった6人で行われました。

鳥羽先生と言えば、リンとなでしこが2人キャンプをした際に偶然出くわした飲んだくれキャンパーさん。

 

今回は学校の生徒と一緒にって事で、先生らしい姿を見せてくれるのかと思いきや…

ゆるキャン4巻 39p引用:ゆるキャン4巻 39p

キャンプ場について早々、飲み始める先生…w

 

生徒とキャンプしているのに酒を飲むなんて非常識というか先生としては頼りなさすぎるし、飲んでる時間が昼まですからね…

飲んだくれなのは知ってたけど、ここまで緩い感じの先生とは思わなかった。

 

まぁ今回のキャンプは学校の部活/サークル活動の引率者としてではなく、あくまでも友人枠?での参加なので社会的には?悪い事ではないんですけどね。

それでも疑問を抱かずにはいられない展開だったんだけど、鳥羽先生がめっちゃ幸せそうだから、これが正解かな?(笑)

 

今後お世話になっていくことになりそうな、鳥羽先生が初のキャンプで予想以上に頼りにならない飲んだくれであることが発覚してしまいました…

いつかは先生として頼りがいのある姿を見せてほしいかな。

 

違った楽しさを知るリン

ソロキャンプを好み大勢でのキャンプに乗り気では無かったリン

今回のクリスマスキャンプにはリンが、苦手意識を持っていた大垣もいることもあって、楽しめるのか不安だったんですが…

119p
引用:ゆるキャン4巻 119p

大勢でのキャンプに一人では決して味わう事の出来ない面白さを見出せました!

 

1人でまったりやるキャンプも楽しさはあるのは間違いないけど、みんなでやるキャンプにも楽しさを見つけられた。

これからもキャンプを続けていくであろうリンにとって、これを知れたことは今後のキャンプライフに大きな出来事!

 

だってリンはこれまで、大勢でやるキャンプに挑戦することなく、イメージだけで避けていたわけです。

そんなリンが、みんなでやるキャンプの面白さを知ったわけで、実際にやってみないと面白いかどうかも分からないって事を学んだわけですからね!

 

この経験で今後のリンは何事も一度は挑戦してみようって考えるられるだろうし、人見知り&偏見が強かったリンの大きな成長だと思うし、今後の成長が楽しみになりますよね♪

 

クリスマスキャンプで最高のシーン!

クリスマスキャンプは事故や怪我もなく無事に楽しく終わりました。

そんなクリスマスキャンプで一番印象的だったのが‼

ゆるキャン4巻 146p引用:ゆるキャン4巻 146p

寒空の中、温まる朝食を食べながら朝日に照らされる一同の姿。

眩しそうに朝日を眺める彼女たちの、ほがらかな表情からキャンプをめっちゃ楽しんだってのが伝わってきますよね!
( ̄∇ ̄*)

 

これからこのメンバーでキャンプに出掛けることも増えてくるんだろうし、次回のキャンプが楽しみになりますよ!

果たして、彼女たちの次回のキャンプ先はどこなのか?

そして、どんな出来事が待ち受けているのか?

 

今後のキャンプが楽しみ過ぎる展開で、ゆるキャン4巻は終わりでした!

 

ゆるキャン4巻を読み終えて

物語は3巻ラストで予定されていたクリスマスキャンプを描き切ったところまでが描かれました。

 

まだ人数不足で部活として認められていないですが、鳥羽先生がサークルの顧問になったりも。

今回のキャンプでリン&斎藤が部活に参加すれば必要人数の5人に到達するし。

物語的に、高校のキャンプ部的なのを設立する流れになるのは間違いなさそう。

 

ただ、部活動となると鳥羽先生はキャンプ先で飲めない…はず。

さすがに先生としての立場がありますからね…

 

そうなるとキャンプを満喫できな…いや、飲んだくれの鳥羽先生なら立場無視して飲みそうだな(笑)

 

5人のフルネームが明らかに!

ちなみに、4巻にして5人のフルネームが明らかになりました。

志摩リン(しま)
斎藤恵那(さいとう えな)
各務原なでしこ(かがみはら)
大垣千明(おおがき ちあき)
犬山あおい(いぬやま?)

鳥羽先生の下の名前がまだ出てないですが、生徒達のフルネームがしれっと登場。

これまで斎藤さんは斎藤としか呼ばれてなかったですが、下の名前は恵那でした~。

 

メンバーの名前も出て来たり、部活動として正式に認められそうな展開になったりと先の展開が楽しみなゆるキャン4巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

 

ゆるキャンの感想記事一覧はこちらです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top