ゆるキャン△3巻の感想『縮まる野クルとの距離とグビ姉が顧問の予感』ネタバレ注意

ゆるキャン3巻ゆるキャン3巻では、リンが野クルのメンバーとの距離を縮めることになります。

さらに、部活の顧問になってくれそうなグビ姉こと鳥羽先生が登場し、物語が大きく動き出していく展開です!

 

それでは、ゆるキャン△3巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ゆるキャン△3巻の感想

グビ姉が顧問になりそう…

なでしこ達は野クルのメンバーでアウトドアの専門店にお出かけしました。

キャンプに使うグッズなどを購入しに来たんですが、その際の会話で1つの悲しい事実が明らかになりました。

 

その事実とは大垣のバイト先である酒屋に訪れる新任教師の鳥羽先生が…

ゆるキャン△3巻 26p大垣『あの先生 ウチのバイト先で「グビ姉」ってあだ名つけられてんだよね実は』

引用:ゆるキャン△3巻 26p

グビ姉というあからさまにダメ人間を指していそうな、あだ名をつけられているという事実(笑)

 

 

これの何が悲しいかというと…

まだ物語では、グビ姉こと鳥羽先生はリン達に全然絡んできていない先生なんだけど、この人って…

2kann引用:ゆるキャン△2巻 126p

2巻でリン&なでしこがキャンプを行った際にキャンプ場で偶然出会った酔っ払いさんなんですよね…

 

この人が先生っていう情報も、リン達に絡むことになってくることも伏線があったんだけど

さすがに顧問になってくれそうな先生が『グビ姉』ってあだ名をつけられているってのは悲しい事実ですよ…
(;^_^A アセアセ・・・

 

頼りにならなそうなグビ姉が顧問って事ですからねw

 

リン×なでしこ×大垣!?

テスト期間も終わり、なでしことキャンプに出掛ける予定だったリン。

 

しかし、キャンプ当日になでしこは風邪をひいてしまいダウン。

仕方なく、リンは1人でソロキャンプに出かけることになりました。

 

割と早い段階で風邪が引いてきて、リンとなでしこはスマホでやり取りしながら一緒に旅している気分を味わい楽しんでいたんですが…

ゆるキャン△3巻 73pリン『大垣千明…苦手なんだよなこいつ』

引用:ゆるキャン△3巻 73p

リンが苦手とする大垣がなでしこのお見舞いにやってきたことで、3人での旅に…

 

大垣は別に悪い奴ではないんだけど、とにかくノリが軽くてリンが最も苦手とするタイプみたいなんですよね。

良く言えば距離を詰めるのが上手いって事になるんだろうけど、このノリについていけない人からすると最悪のタイプですから…

メンドクサイし疲れるし…この手のタイプに絡まれるのって辛いよね(笑)

 

クリスマスキャンプ参戦!

リンの旅をなでしこ&大垣がサポートする形で物語が進んでいきます。

 

1日絡んでいくうちに大垣の軽いノリに多少なり慣れて来た事。

さらに、道中助けられたこともあってか徐々に距離が縮まっていき…!

149

引用:ゆるキャン△3巻 150p

最終的には、ノリ気じゃなかった野クルのクリスマスキャンプにリンが参加することを決めます!

まだ行くとは言っていないけど、行くって事でしょう(笑)

 

こうして、野クルの3人に斎藤&リンが加わった合計5人でのクリスマスキャンプが決定!

 

物語始まって以来、初めてとなる大人数でのキャンプは一体何が起こるのか?

リンと大垣が上手く噛み合うのかってのも気になるし、今後を左右する大事なキャンプになりそうです!

 

ゆるキャン△3巻を読み終えて

5人いれば部活申請できるだろうから、この5人にグビ姉が顧問としてつくことで物語が本格的に動き出していくって事になりそうなので楽しみな展開♪

部活になったところで、なにかできるのか知らないけど、高校生キャンプ大会とかあるのかな?

 

…ちょっと本気でありそうで検索したんだけど、全然違う『強化合宿』とかのキャンプばっかりヒットした(笑)

冷静に考えればキャンプ部での大会って何するんだよって話だし、なくて当然の気もしたけど。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

 

とりあえず、ソロキャンプを好んでいるリンが野クルと絡み始めようとする展開!

大人数でのキャンプの楽しさを知ることが出来れば、今後は野クルとも絡んでくること多くなりそうだし、物語の転換点な気がしています。

 

クセの強いメンバーでいくクリスマスキャンプが楽しみなゆるキャン△3巻の感想でした!
(* ̄ー ̄*)/~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★”

 

ゆるキャン△3巻の感想記事一覧はこちらです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top