ゆるキャン△2巻の感想『人とするキャンプの楽しさに目覚めていく』ネタバレ注意

ゆるキャン2巻ゆるキャン△2巻では、リンとなでしこが2人きりで四尾連湖にキャンプに出掛けます!

四尾連湖っていうのは、富士五胡が富士八湖と呼ばれていた頃に入っていた少々マイナーな湖です。

 

人気が少なくいい雰囲気の場所なので、興味がある人は行ってみても面白かもしれないですよー。

 

それでは、ゆるキャン△2巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ゆるキャン△2巻の感想

リン×なでしこの四尾連湖キャンプ

なでしこに誘われ、富士八湖として数えられていた湖の1つ四尾連湖(しびれこ)に2人でキャンプに行くことになったリン。

 

今回2人が向かった四尾連湖は有名な富士五胡に数えられていないってこともあって、少々マイナーな湖。

丑三つ時(午前2時)頃には、牛の幽霊が出るという噂もあったりもするところです。

 

知名度が低めの四尾連湖のキャンプ場に着いた2人ですが、冬という寒い時期ってこともあって人か、キャンプ場にはほとんどおらずほぼ貸し切り状態。

キャンプ場が、ほぼ貸し切り状態だと知った2人の反応が面白くて。

ゆるキャン2巻 106p引用:ゆるキャン△2巻 106p

基本的に1人でキャンプをしてきたリンの人気が少ない事を喜ぶ姿(笑)

小さくガッツポーズも出ちゃってるし、誰にも邪魔されない時間ってのがリンがキャンプに求めているものなのかもしれないですね。

 

そして、本当に幽霊が出るんじゃってビクついているなでしこ。

そんな姿に見かねたリンに幽霊が出る時間の前に寝ちゃえばいいって言われて、『その手があったか』と納得しちゃう当たりがなでしこらしい。

幽霊が本当にいても、自分が寝てれば問題ないっていう軽い考え方が出来ちゃうのがなでしこの良いところですよね。

 

深く考えなさすぎる雰囲気が若干不安にさせられるけど(笑)

 

ひょんな会話が雰囲気でてる

四尾連湖に到着しテントを張り終え場所を確保した2人。

寒空のなかココアを飲みながら軽い会話をするんだけど、その姿が印象的で…

ゆるキャン2巻 114pなでしこ『前から聞こうと思ってたんだけど

リンちゃんていつ頃からキャンプやり始めたの?』

引用:ゆるキャン△2巻 114p

キャンプしてるなって印象に残ってる。

 

出会って間もない2人がキャンプを通してお互いの事を知りながら仲を深め合っている状況ですからね。

キャンプを始めた理由を聞いているっていう、本当になんてことない話だからこそ、このシーンがホントに強く印象に残ってます。

 

 

ちなみに、リンは中1の冬辺りからお爺ちゃんが前に使っていたキャンプ道具を貰ったことをきっかけにキャンプをするようになったそう。

なので、歴は短いみたいですが近場のキャンプ場で、ぼっちキャンプしまくっていたので回数的には相当積んでそうな感じです。

 

…ボッチキャンプを繰り返してたって冷静に考えると凄いなぁ。

数回なら癒されそうだけど、回数重ねると逆に鬱になりそうな気がするもん…(笑)

 

人とのキャンプの楽しさを知っていく

四尾連湖での1泊2日のキャンプを満喫している2人。

楽しかった1日目も終わり就寝する前の軽く会話をしているんだけど、その時にリンに大きな変化が観られて…!

ゆるキャン2巻 145pリン『キャンプ誘ってくれてありがと

…今度は私から誘うよ』

引用:ゆるキャン△2巻 145p

今度のキャンプは自分からなでしこを誘うって!!!

 

自分から誘うってことは、これまで1人でのキャンプを好み楽しんでいたリンが人とするキャンプも楽しいと感じているって事ですからね!

今はまだ、なでしこと2人でのキャンプが限界だけどそのうち野クルのメンバーたちと一緒にキャンプする日が来てくれそうな感じがしますよ♪

 

…四尾連湖で顧問受け持ってくれそうな新人?教師も出てきたし、時期的には完璧だし(笑)

 

クセの強くノリが軽い野クルのメンバーと一緒にキャンプってのは慣れるまで疲れそうだけど、軽いノリに慣れてしまえば楽しめること間違いなし!

リンちゃんの対人スキルが鍛えられれば、十分楽しめるようになると思うし、やっぱり人数多い方が見てて楽しいですからね。

今後の展開に期待です!

 

ゆるキャン△2巻を読み終えて

2巻ではリン×なでしこのキャンプがメインでした。

今回のキャンプで、1人でのキャンプを好んでいたリンが1人きりではないキャンプの楽しさを確実に感じ始めているので、野クルのメンバーと共にキャンプする日は近い気がします。

四尾連湖で偶然出会った先生が顧問請け負ってくれれば完璧な部活として、野クルは進化を遂げますからねw

 

今後のリンとなでしこ、野クルメンバーがどう絡んでいくのかが楽しみなところです♪

 

また、2巻では炭のつけ方とかキャンプ用品の小ネタとか、キャンプ場の種類などの紹介もあり、ほどよくキャンプが紹介されていたと思います(笑)

今回登場した四尾連湖はこんな感じ。

pic-info1-1

 

緑に囲まれた湖が良い感じですよね♪

 

ちなみにテントやオートキャンプだけではなくて、バンガローも貸し出しているようですよー。

興味のある方は足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

 

 

徐々にリンが人とのキャンプの楽しさに目覚めつつある、ゆるキャン2巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

 

ゆるキャン△の感想記事一覧はこちらです。

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top