弱虫ペダル48巻の感想と考察『悠斗覚醒と底が見えてきた御堂筋』

%e5%bc%b1%e8%99%ab%e3%83%9a%e3%83%80%e3%83%ab48%e5%b7%bb弱虫ペダル48巻の表紙は山王こと主人公・小野田坂道。

インターハイ2日目のゴール争いには絡んでいないので、今回は見せ場がないけど前巻では流石のクライム能力を見せつけましたからね!

今年のインターハイ3日目での山王としての活躍が楽しみな主人公!

 

 

物語はインターハイ2日目の今泉vs御堂筋vs悠斗の3つ巴の戦いに決着が付きます!

残すは最終日のみ!

果たして、インターハイ3日目を制するチームはどのチームなのか?

 

坂道たちのインターハイが残り1日となった弱虫ペダル48巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

弱虫ペダル48巻の感想

スプリンターとして目覚める悠斗!

物語はインターハイ2日目の最終局面。

総北・今泉vs京都伏見・御堂筋vs箱学・悠斗の3つ巴の戦い。

 

 

最後の戦いにおいて、唯一クライマーをゴール争いに出した事もあり

もっとも不利だと思われていた箱学だったけど、葦木場の思惑通りか悠斗がスプリンターとして覚醒しました!

%e5%bc%b1%e8%99%ab%e3%83%9a%e3%83%80%e3%83%ab48%e5%b7%bb%e3%80%80109%ef%bd%90悠斗『昔箱根の直線に鬼が良く出てさ

そいつにーその鬼に 弟がいたってウワサ知ってるかい』

引用:弱虫ペダル48巻 109p

いたってマジメなんだろうけど、『弟がいたってウワサ知ってるかい』ってw
(●≧艸≦)

 

 

最近の弱虫ペダルはホントに接戦になればなるほど面白い事口走るキャラが多くて面白いッ!

本人たちは至ってマジメな発言なんだろうけど、冷静に読むと笑っちゃうんだよね。

 

 

今回のシーンで何が面白いかってさ。

ゴール争いっていう全てを出し切るくらいの状況で『弟がいたって知ってるかい?』って言われて振り向いちゃう今泉と御堂筋www

 

 

今泉に関しては総北メンバーの想いを乗せて走るとか言ってたのに大丈夫かよ…

この場面は流石に振りむいちゃダメだろ?(笑)

どう考えても、無視してゴールまで全力で走るってのが正解だと思うし…w

 

 

みんな真剣にやっているはずなのに、冷静に読むとおかしく思える(笑)

インターハイ2日目で既に面白いし、最終日とかどんな面白い場面が待ち受けているのかが楽しみだ♪
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

 

どんな時でもブレない御堂筋

3つ巴の戦いを制したのは京都伏見の御堂筋。

 

インターハイ2日目の優勝者インタビューで大人しく無難にさくっと流すのかと思いきや、表彰台の上で御堂筋節が炸裂www

%e5%bc%b1%e8%99%ab%e3%83%9a%e3%83%80%e3%83%ab48%e5%b7%bb%e3%80%80201%ef%bd%90御堂筋『ボクは勝つことができましたぁ!!』

引用:弱虫ペダル48巻 201p

同じく2位、3位として表彰台に上がっている今泉と悠斗にウザい絡みをしながら、自分が勝者ですアピール。

観客もいっぱい見ている中でもブレない御堂筋…さすがの気色悪さ(笑)

 

 

そんなこんなで、表彰台の上で御堂筋が暴言を吐きまくるんだけど

中でも気になったのが御堂筋の『今日は知った全ての人の中で自分が最も正しかったことを証明』したという理論。

 

 

結局のところ御堂筋の中には1位ゴール以外に勝ちはないっていうことなんだろうけど、本当にそう思っているならスプリント勝負とかやる必要なくない?

相手の心を折るとかの理由もあるんだろうけど、御堂筋って言っている事とやっていることが微妙にずれている気がするんだよね。

 

 

1位ゴールが最優先だと考えてはいるんだけど、ゴール以外の勝負にもすべて勝とうとしている辺りが御堂筋の甘い所だと思う。

普通にゴールだけ狙ってれば最強だと思うし、ゴールが最優先なら他の勝負は全部捨てたほうが良いとしか思えなし、御堂筋の底が見えてしまっているような…
(;・∀・)

 

弱虫ペダル48巻を読み終えて

インターハイ2日目に決着が付きましたね!

最終的には御堂筋が勝利を納め、表彰台で気持ち悪さを披露。

 

 

ただ、インターハイ2日目では総北のエース今泉に大きな気持ちの変化が起こったり

箱学の悠斗がスプリンターとして覚醒したりと、総北・箱学は勝負に負けたけど得たモノは大きかったと感じる展開。

 

特に箱学の悠斗覚醒ってのは圧倒的なアドバンテージになる気がする。

クライマーとしてもスプリンターとしても使えるとなると、エース以外の全員が落ちるの前提最終日のでは使い勝手良さすぎるしね。

 

 

残すはインターハイ最終日の3日目。

京都伏見の小鞠も本格的に勝負に出てくるだろうし、現状だと京都伏見が優勢なのかな?

3日目ってこともあるし、3校以外のチームも出てきてもおかしくない展開だし、やっぱり最終日が一番熱い展開になりそう♪

 

 

果たして、インターハイ3日目を制すのはどのチームなのか?

そして、坂道たちは2連覇を達成することが出来るのか?

インターハイ2日目に決着が付いた弱虫ペダル48巻の感想でした!
(* ̄ー ̄*)/~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★”

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“弱虫ペダル48巻の感想と考察『悠斗覚醒と底が見えてきた御堂筋』” への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    なんかお前きもちわり

匿名 にコメントする

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top