弱虫ペダル45巻の感想『ねぎらいのバキュンが脳裏に焼き付いたwww』

弱虫ペダル 45

どうも~りょうです♪

 

弱虫ペダル45巻では、44巻から白熱している泉田vs小鞠のスプリント勝負に決着が付きます!

さらに、表紙を総北の3年生コンビが飾っているだけあって、2人の熱い友情もあったり、全体的に熱い展開が多いです!

 

それでは、弱虫ペダル45巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

弱虫ペダル45巻の感想

泉田と新開!○○のバキュン!?

泉田と新開の新旧ハコガクエーススプリンター2人のやり取りで盛大にツボに嵌ってしまったシーンがありました!

 

それは、ハコガクのエーススプリンター泉田と京都伏見・小鞠のスプリント勝負が泉田の勝利で決着が付いた際の出来事。

 

2日目のスプリントラインには、去年のハコガク・エーススプリンターで泉田からすれば憧れの先輩であり、いつか超えたいと思っていたはずの新開さんが観に来ているんです。

新開さんと言えば、『必ず仕留める』っていう合図のバキュンポーズが印象的な人だけど、その新開さんがスプリント勝負を制した泉田にバキュンポーズをするんです。

この『必ず仕留める』ってポーズを泉田にしたって事は、『必ず仕留める』というよりも、『お前と戦ってみたい』って感じで新開なりに泉田の実力を『戦ってみないと分からないほどの実力』を持つライバルと認めたって意味合いなのかと思ったんです。

 

というのも、新開は泉田の先輩でありエーススプリンターとして、常に泉田よりも前を走り続けてきた人なわけで、去年までは新開はエースとして泉田と対等ではないっていうか勝って当然くらいの意気込みで接してきたと思ったから。

 

でも、実際は違ったようで…

弱虫ペダル45巻 83p弱虫ペダル45巻 83p

?泉田『ねぎらのバキュンだ…?』

ねぎらいの…バキュン…??
Σ(・□・;)

 

新開と長い間接してきた、泉田がそう感じているのだから、新開のバキュンポーズは『ねぎらいのバキュン』で間違いないんだろうけど、読み返すと面白くって…(笑)

めっちゃ良い表情で泉田が『ねぎらいのバキュン』ってのがもうね…w

 

ねぎらいのバキュンって、なにっ!?って感じもあるし、とにかくこのシーンがツボ過ぎるッ!

ほんとにジワジワくるし、何度読み返しても笑わざるを得ないw

ねぎらいのバキュン…ねぎらいのバキュン…ねぎらいのバキュ(ry
(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

坂道が勝負したい相手!

これまでは、ただ走るのが好きだった坂道が本物のロードレースの選手になってきたなって感じさせてくれたシーンがありました。

 

それは、インターハイの開始前に行われていたメンバーミーティングの際の出来事で、総北のメンバーがそれぞれ今年のインターハイで目指したいモノとかを話している際に坂道が…

弱虫ペダル45巻 177p弱虫ペダル45巻 177p

?坂道『箱根学園の真波山岳くんと勝負がしたいです』

 

だいぶ前にした山神・東堂との約束でもあるんだけど、東堂の前でした約束だけが理由ではなくて、『山岳と去年のラストみたいな最後の一滴を絞るような走りをもう一度したい』って、坂道がロードレースでの勝負を楽しいと感じているのが見て取れますよね!

これまでの坂道ってのは、ロードレースの勝敗よりも『みんなと一緒に走っている』って事を楽しんでいる感じで、勝負事はあくまでもチームのため、総北の為にって印象を受けていたけど、遂に自分だけの勝負を楽しもうとし始めているわけで、ロードレースの1人の選手になってきたなって感じました。

 

まだ2年だし、来年の坂道は根っからのロードレース選手っていうか、勝負事に熱くなれる選手になってくれそうな予感もするし、来年が楽しみになる一幕でした!

弱虫ペダル45巻を読み終えて

バラバラになってしまっていたチーム総北が集結しましたね!

まぁ厳密にいうと、先頭集団に食らい付いている鳴子はまだ合流していないってことになると思うけど、鳴子は前に居るので遅かれ早かれチーム総北6人が再び一丸となってレースを走るのは間違いない状況で、絶望的だった総北が息を吹き返してきて、ここからの展開が楽しみです!

 

そして、これまではチームのために走っていた坂道が自分の意志で『戦いたい』って思い始めてきているのが印象的!

遂にロードの1選手って感じになってきて、これからは勝負事に熱くなれるようになるだろうし、チームのためだけではなくて自分の勝負の為だけに熱くなれるようになってほしいなぁ。

そうなってくると、坂道たちが3年生になる来年はもっと熱くなるだろうし、楽しみが増えそうだし。

 

 

色々あったけど、やっぱり45巻で一番印象に残っているのは『ねぎらいのバキュン』かな…ねぎらいのバキュン…(笑)

ホントにツボに入っちゃって、ねぎらいのバキュンって泉田のシーンが頭から離れないwww

ねぎらいのバキュン…
プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!

 

 

とにかく『ねぎらのバキュン』な弱虫ペダル45巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top