弱虫ペダル43巻感想!○泉シリーズ最新作・ポキ泉が登場w

弱虫ペダル43巻表紙を飾るはハコガク1年のクライマー・新開悠斗(しんかい ゆうと)。

去年ハコガク3年の新開さんの弟さんで

43巻では『山王』の異名を持つ坂道とクライマーバトルを繰り広げます!

 

ただ、43巻最大の見せ場は

御堂筋の新たな○泉くんシリーズで…(笑)

 

弱虫ペダル43巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

弱虫ペダル43巻の感想

山王・坂道が走る理由!

インターハイ2日目の山岳コースにて

先頭を走る今泉&鳴子達との合流を目指している坂道は

ピークホーネット(頂上のスズメ蜂)の異名を持つクライマー新開と勝負することになります。

 

ハコガク1年・新開弟との勝負の最中に新開に

山王とまで呼ばれる坂道の強さの秘訣を、坂道が走る理由を聞かれるんですが

その際に坂道の答えが、坂道らしくて…

弱虫ペダル43巻 103p弱虫ペダル43巻 103p

『言われて 言われたとおりにやれて

それでその人が喜んでくれたら 嬉しいとボクは思ってるから』

 

去年のインターハイを制した事で

『山王』とまで呼ばれるようになった坂道だけど

それでも、坂道が走る理由は変わってなくて

 

仲間の為、チームの為…

誰かの期待に応えたいっていう

自分が勝つ為ではなくて、期待してくれる人の為に走っているんです!

 

坂道に『山王』って異名は

性格的にも風貌的にも

全くと言っていいほどに似合ってないけれど

 

自分の為ではなく、皆の為、チームの為に走る!

やさしい坂道らしい走る理由だし

去年の総北キャプテン・金城さん譲りの精神って感じもあって

総北のエースナンバーを背負うに相応しい成長を遂げたなって思う!

御堂筋の最新『○泉』w

京都伏見を率いる最強すぎる御堂筋。

 

なんだかんだで今泉がお気に入りなのか

これまでも今泉をもじって『弱泉、キモ泉、ピヨ泉』と

散々な呼び方をし続けてきた御堂筋ですが

今年は新たな『○泉』を披露します…

 

それも非常にイラッとくる印象的な表情で…www

弱虫ペダル43巻173p弱虫ペダル43巻 173p

『ポッキリ心折れて絶望する ポキ泉くぅんのカオを‼』

 

ポッキリ心折れて絶望した今泉=ポキ泉

 

なるほどぉ~って感じだけど

今年の今泉はキャプテンとして精神的にも成長を遂げているわけで

ポキ泉くんに出会える日は一生来ないんだろうなぁって思っていたんだけど

 

 

総北にとって精神的にキツイ出来事が起こり

キャプテンとしてチームを率いていた今泉の心が…
アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

弱虫ペダル43巻 191p弱虫ペダル43巻 191p

ポキッてwww
(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

 

これがポキ泉くんかよ…

心折れた絶望の表情で

本当に御堂筋の言う通りすぎて笑うしかない
プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!

 

 

確かに総北にとって絶望的な状況で

今泉の心境を考えると、本当にかなり辛くて笑えないレベルなんだけど

今泉の『何の音だー』ってところで、完全に笑ってしまった(笑)

 

頑張れ…ポキ泉…

弱虫ペダル43巻を読み終えて

インターハイ2日目にして

総北の優位性が完全になくなり

ハコガクと京都伏見が圧倒的な状況になりました。

 

 

総北メンバー2年目のインターハイということで

なよなよしてる坂道が成長を感じさせてくれたり

1日目に続き鳴子が頑張ってたりと、

坂道たち2年トリオそれぞれの成長が観れるのかと思いきや

キャプテンを務める今泉が見事に裏切ってくれる展開に…

 

 

それにしても、最後のポキ泉はヤバいなぁ(笑)

あの表情で『何の音だー』は反則でしょ!?
ヾ(∇’〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

 

アニメ3期も決まってるし

アニメで動くポキ泉あるなら相当面白いことになりそうで

早くも動くポキ泉に会える日が楽しみ♪

 

果たして、ポキ泉くんはインターハイを走り続けることができるのか?

『ポキッ』って心折れた音に『何の音だー』ってボケられるし

まだ大丈夫だよね!?

 

今泉が面白すぎた弱虫ペダル43巻の感想でした!
(。・ω・。)ノ~☆’・:*;’・:*’・:*’・:*;’・:*’バイバイ☆

弱虫ペダル44巻の感想はこちらです。

弱虫ペダル44巻感想!泉田と小鞠…筋肉をこよなく愛する者達!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top