弱虫ペダル42巻の感想※ネタバレ注意!ゼッケン1の重みと固い決意!

弱虫ペダル42巻42巻では、激闘のインターハイ2日目が幕を開けます!

しかし、選手層が薄い総北メンバーは1日目でボロボロになっていて、2日目ではリタイア寸前の選手が出てしまう始末…

インターハイ2連覇を目指す総北の運命は!?

 

弱虫ペダル42巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

弱虫ペダル42巻の感想

鏑木のプライドとその結果…

総北メンバーで唯一の1年生レギュラーの鏑木一差(かぶらぎ いっさ)。

スプリンターとして、1日目のスプリング勝負で奮闘してくれたけど、やはり1年にインターハイって舞台は荷が重かったようで、想像以上に疲労が溜まっていたんですが、プライドの高い鏑木は自分が付かれていることを総北メンバーにすら、打ち明けることができないわけで…

弱虫ペダル42巻 81p弱虫ペダル42巻 81p

『”もう少しペース落として下さ”…言えねェ…そんなこと言えるわけねぇ カッコ悪すぎる』

自分がチームの足を引っ張るなんてことは絶対にしたくないし、なによりもカッコ悪い自分を見せたくない。

そんなプライドが邪魔して、最後までチームのメンバーに疲れていることを打ち明けられなかった鏑木は、チームのペースについていくことができずに、メンバーに気づかれることなく、1人ちぎれる事に…

 

救出へ向かおうとする小野田!

先頭を走る今泉&鳴子に合流すべくを全力で追っていた手嶋、青八木、小野田の総北チーム。

彼らは、わりと走ったころに鏑木がいないことに気が付きます…(笑)

 

そして、去年同様に小野田が救出に向かおうとするのですが、これを制止したのが今年のキャプテン・手嶋…

弱虫ペダル42巻 111p弱虫ペダル42巻 111p

『”1”がチームの先頭にいないてのは チームの力として雲泥の差が出んだ!!』

去年の小野田は無名のクライマーで他チームからも注目は薄かった、総北にはエースクライマー巻島さんが居た…だからこそ、救出へ向かうことが許された…

しかし、今年の小野田は総北のエースクライマーであり、去年の個人優勝者が付けることを許される『ゼッケン”1”』を背負っているんです。

 

ただでさえ鏑木を失い戦力的に厳しい状況で、ここでエースが先頭から消えたらハコガクに太刀打ちできないのは目に見えているわけで…

チーム総北がインターハイで勝つ為には、小野田が鏑木を救出に行くことを許可することができないのは当然ですよね。

 

チームとしてインターハイを制するために、鏑木の救出を…鏑木を見捨て『5人で走る』という苦渋の選択をした手嶋。

そして、その選択を受け入れた小野田…これで鏑木のインターハイは終わりなのかと思いきや…

青八木の意志ある言葉!

チームとしての勝利のために、これ以上戦力を失うわけにはいかないと決断し、鏑木を見捨て『5人で走る』選択をした手嶋。

 

そんな手嶋に対し『必ず連れて戻る』と青八木が言うんです。

もちろん、チームとして…キャプテンとして勝つ為に戦力を失うわけにいかない手嶋は、声を荒げて青八木を制止しようとするのですが、長い期間一緒に頑張ってきた手嶋にはもうわかっているんですよ…

弱虫ペダル42巻 125p弱虫ペダル42巻 125p

『意思ある言葉を発した時 なにがあっても そうするって固い決意の表明なんだ!!』

青八木が意志ある言葉を発した時、その決意を止めることはできないって…!

 

3年間共に過ごし、『チーム2人』として2人で努力し続けた手嶋と青八木、お互いの支えあってきたからこそここまで来れたし、お互いの事を深く理解し信頼しあっている!

2人の熱い友情に、ちょっと涙させられました…
(ρ_;)・・・・ぐすん

 

弱虫ペダル42巻を読み終えて

遂に小野田たち2年目となるインターハイ2日目が始まりしました!

1日目では、それぞれのメンバーが健闘してハコガクに食らい付いていたけれど、その反動で2日目の総北はガタガタに…

ハコガクや御堂筋率いる京都伏見は全然余裕って感じなのに、早くも総北は負けちゃいそうな雰囲気になっています。

 

現状の総北でまともに走れるのが、先頭を走る今泉&鳴子と小野田の2年生トリオのみで、3日目に何人残れるのかも怪しい状況。

おまけに、山岳ゾーンで鏑木を救出に青八木さんが向かったけど、青八木さんは平地を得意とするスプリンターだから、スプリンター2人とも3日目はボロボロだろうし、もはやインターハイ2連覇無理としか…
アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

だって、ハコガクの真波は最終日まで体力温存できちゃうし、なにより京都伏見には最強すぎる御堂筋君いるから…

去年なんて、皆で御堂筋君を削ってギリギリだったのに、今年全然削れてないから、勝ち目が見えないよ!?

ただでさえ、御堂筋君は去年よりも気持ち悪さに磨きもかかってるんだから…疲れてるときにあんなの見せられたら精神的にも削れて…(笑)

 

2連覇を目指す総北だけど、日程が進むごとに勝ち目が薄くなっている弱虫ペダル42巻の感想でした!
(´∀`*)ノシ バイバイ

弱虫ペダル43巻の感想はこちらです

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top