ヤマノススメ12巻 感想『物語の分岐ポイント!あおいが山に登る理由は?』

どうもぉ~りょうです♪
( ̄m ̄* )

 

あおい達が2年生へと進学したばかりのヤマノススメ12巻!

ヤマノススメ 12巻

表紙はあおい&ひなたの幼馴染コンビですね♪

あおいは登山姿が似合うようになったなぁ…

ヘルメット装備してた頃が懐かしいよ…(笑)

 

それでは、ヤマノススメ12巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ヤマノススメ12巻の感想

気持ちはわかるけど主人公としては…

1学年進級し、2年生となったあおい

しかし、2年生での新たなクラスには知り合いが少なく、頼みのひなたも別クラス…

 

人見知りが改善しつつあるとはいえ、いまだ人見知りの激しいあおいはネガティブ思想に憑りつかれ…

ヤマノススメ12巻 15pヤマノススメ12巻 15p

『2年生早く終わらないかな…』

 

2年生初日に終わりを望むという悲しすぎる考え…
(´∀`;)

 

主人公としては残念だけど、あおいの気持ちはすっごくわかるんだよね。

クラス変わって知り合いがいない時のアウェー感といったらハンパなくて

とても、1年頑張ろうとは思えない…

 

 

ただね、あおいは1年間の登山を通して、成長したし

色んなことに挑戦してきたんだから、もうちょっと頑張れると思った。

せめて、友達を作ろうっていう考えは持ってほしかったなぁ…(笑)

 

学校の外でも友達作れてるんだから、あおいならできるはず!

この辺は、2年目の成長に期待ってところです。

物語の分岐点!あおいが感じる山の魅力は?

2年目になってから、ひなた達との初登山へ。

泊りがけでの登山で、なかなかに厳しい登山ルートだったものの、ひなたとここなちゃんと共にゴールへ到着♪

 

ゴールした際にひょんなことから、話題は富士山の話に。

富士山と言えば、去年あおいが高山病でギブアップしてしまい

いつかはリベンジしたいって考えていた、あおいの目標の山。

 

 

これまでは再挑戦時に富士山を登り切れるのか?って不安があったんだけど

どうやら、今回の登山ルートの方が富士山よりも難易度が高く厳しいルートだったらしく

おそらく、今のあおいなら富士山を登り切れることが発覚
ヽ(゚∀゚)ノ

 

 

目標を達成できる可能性が高いことが分かった、あおいが次を考え始めます。

ヤマノススメ12巻 151pヤマノススメ12巻 151p

『富士山登ったら そのあとどうしよう』

 

富士山リベンジ後をあおいが考え始めます!

これまでは、富士山リベンジってのが目標だったけど、それが達成できるとわかったので次を考える。

当然の流れだけど、この選択は物語で大きすぎる分岐ポイント

 

 

厳しい山に登るっていう道を選べば、ハードな登山挑戦の物語になっていくし

100名山と呼ばれる山々を上り尽くす道を決めれば100名山の物語へ…

はたまた、季節ごとの風景など美しい山の風景ってのを求めれば、物語はそういう方向へ(笑)

 

 

果たしてあおいは、これまでの登山で山のどんな所に魅力を感じていたのか?

主人公である、あおいが山に登る理由、登りたいと感じていた理由で今後の物語が大きく変わりそうです!

ヤマノススメ12巻を読み終えて

登山を通じて人見知りもだいぶ直ってきたと思ったし

1年ラストでは今後頑張ろうっていう意気込みを感じたけど

2年生になっても、あおいはあおいのまんまって感じです(笑)

 

 

12巻にして2年目が始まったわけですが、2年目早々に物語の今後に大きく影響を与える話題!

『あおいが富士山リベンジ後にどんな目的で登山を続けるのか?』

という今後の物語に大きく影響する話題に触れました!

 

結局はまだ考え中って事になりましたが、今後を考え始めたのは非常に大きい!

これまで、あおいは登山のどんな所に魅力を感じて登り続けてきたのか?

 

景色とかよく見てるし、そういう方向に行きそうな気はするけど

あおいが出す答えを楽しみな展開!

あおいが自分自身と向き合う時期が来たわけで、あおいの出す結論が楽しみです♪
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

 

 

今後の物語大きく変わっていく分岐に到達したヤマノススメ12巻の感想でした!
*´∇`)ノシ)))))ブンブンブブブン♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top