ワールドトリガー12巻の感想!麟児さんの手掛かりと登場で嫌な予感が…

ワールドトリガー12巻

遠征に参加できる条件のA級を目指すために

ボーダー内で行われるランクマッチに参戦している修達・玉狛第2部隊!

 

修も徐々に強くはなってきたけど

ぶっちゃけ、トリオンモンスターの異名を持つ千佳や

戦闘経験が豊富な遊真に比べるとあからさまに足手まといな現状だけど

遂に千佳の兄・麟児さんを知る人物が登場で、物語は次章へ突入する感じ!

 

ワールドトリガー12巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ワールドトリガー12巻の感想

ヒュースの覚悟!
他世界・アフトクラトルから攻め込んできたネイバーの1人で

今はボーダーの捕虜になっているヒュース。

 

そんな、ヒュースからアフトクラトルの情報を聞き出そうと

彼らが故意にヒュースを、この世界に置き去りにしたことなどを知らせ揺さぶりをかけ

情報を引き出そうとするんだけど…

ワールドトリガー12巻 ヒュースの覚悟

自分を見捨てた行為を”それしきのこと”と言い放つ

∑(; ̄□ ̄A アセアセ


 

 

さらに捨てられるどころか、死ぬ覚悟をして

この世界に攻め込んできた、とまで言われてしまい

もはや情報を聞き出すことは不可能な覚悟を感じますよね(;’∀’)

 

よくよく考えれてみれば、こいつもアフトクラトルの軍人で

その中でも、数少ない遠征部隊に選ばれるほどのエリートなんだよね。

 

 

ヒュースにとっては、作戦として自分が捨てられることも想定内だったみたいだし

アフトクラトルって国は、予想以上に軍事国家って印象を受けるし

拘束されても情報を一切漏らさないとする優秀な兵士を普通に捨てられるほどに層が厚いと考えると

内部でゴタゴタしているボーダーの人たちじゃ勝てる気がしない…

アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

 
アフトクラトルの神の意味!
修たちの世界に攻め込んて来たアフトクラトル!

 

戦いの最中にも、トリオン量の多い千佳を狙いだしたりと

明らかに良質なトリオンを備えた人間を攫いにきていたけど

その理由が明らかに!

ワールドトリガー12巻 神

アフトクラトルはトリガーで作られ星らしく

星の大きさは、星を形成しているトリガーに注がれるトリオン量で決まるとのこと。

そして、彼らが言っていた”神”とは、死ぬまでトリガーにトリオンを供給する人の事。

 

 

これまでは、連れ去られても優遇されるから大丈夫みたいな感じになってたけど

どこにも大丈夫な要素がない…(;´д`)

 

戦闘の際に彼らの発していた言葉から察するに

トリオンモンスターの異名を持つ千佳が連れ去られていたら

今頃”神”にされててもおかしく無いし、想像すると怖すぎるな…

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 
千佳の兄・麟児さんへの手がかり!
千佳がボーダーに入隊を決めた理由でもあり

修たちがネイバー世界で探しだしたい人が千佳の兄・雨取麟児(あまとり りんじ)

 

これまでは、全然情報が出てこなかったけど

ここにきて、麟児が他世界に消えた際の構成人数とは別に

それに関与したメンバーの1人が明らかに!
ワールドトリガー12巻 情報

千佳の兄にトリガーを渡したボーダー内の協力者の名前は・鳩原未来(はとはら みらい)

 

彼女がボーダーにしか存在しないトリガーを

麟児さんを含む3人のボーダー外の人間に流し

鳩原を含む総勢4人で、この世界を去ったっていうのが麟児さん失踪事件の全貌!

 

 

ただ、鳩原の上官にあたる二宮曰く

鳩原がそんな大それたことを計画するとは思えず

3人の誰かが鳩原を唆したと考えていて

二宮は麟児さんを容疑者の1人として認識しているとのこと!

 

 

もちろん修と千佳は、唆したのは麟児さんじゃないと思っているみたいだけど

冷静に考えると千佳の兄っていうことは麟児さんもトリオン量が化け物級の可能性もあるし

唆した黒幕が麟児さんで、他の世界をすでに制圧してる可能性もある気が…

(;^_^A アセアセ・・・

 

もしそうなると、なかなかに重たい展開だし

千佳たちの努力が完全に無駄になる…

 

ワールドトリガー12巻を読み終えて

修たちの部隊・玉狛第2が徐々にボーダー内のランキングを上げ

遠征部隊の最低条件のAランクになれそうな流れで

麟児さんの情報が出てきたって考えると、そろそろ次章に突入しそうだし

ネイバー世界で熱い戦いが繰り広げられると思うと先の展開が楽しみ!

((o(∇^*o)ワクワク(o*^∇)o))

 

 

それにしても、麟児さんが黒幕の可能性も出てきたっていうか

4人が何の目的でネイバー世界に旅立ったのかが気になる!

 

仮に麟児さんがトリオンモンスターだったとしても、

流石に4人じゃ世界を制圧はできないよね…?( ̄ー ̄?)



う~ん…( ̄へ ̄|||)

麟児さんが千佳の上位互換だとすると4人で制圧デキちゃいそうで怖い(;’∀’)

 

 

麟児さんって全然語られてないってことや

そもそもボーダーの人間じゃないからトリオン量もわからないけど

アフトクラトルみたいにトリオン量が多い人を優遇するのが世界基準だとすると

かなり優遇されている可能性が高いよね。

 

おまけに初めから計画されて異世界に旅立ったみたいだし

こうなってくると、闇落ちしてて修たちと戦うっていう展開になりそうかな。

もしそうだと、トリオン体を打つのも躊躇うほどやさしいのに頑張っている千佳が可哀想(w_-; ウゥ・・

 

 

先の展開が読みにくくなったワールドトリガー12巻の感想でした!

o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top