ワンパンマン10巻の感想!最強の男が放つ首トンの威力がヤバいッ!

ワンパンマン10巻ワンパンマン10巻の表紙は、フブキの姉でS級2位のヒーロー・タツマキ。

チンチクリンだけど、フブキの妹ではなくて『姉』で、判明しているヒーロー内で最強のエスパーです。

 

物語はガロウ編。

徐々にガロウの名がヒーロー業界に轟はじめるのですが、不運なことにガロウさんはサイタマと出くわしてしまい…(笑)

ワンパンマン10巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ワンパンマン10巻の感想※ネタバレ注意

ガロウの思想

ヒーロー狩りを続けているガロウは、S級ヒーローをも倒す実力を持ち、各地のA級以上のヒーローを積極的に倒し始めています

そんなヒーロー狩りの最中、酒屋で飲み酔っ払い気味だったA級ヒーローをガロウが襲撃し戦いが始まるのですが、その際にガロウが言い放った言葉が印象的で…

ワンパンマン10巻 24pワンパンマン10巻 24p

『ヒーローを名乗るなら いついかなる時も悪の出現に備えてろよ』

ガロウがA級ヒーローにヒーローを名乗るなら…と自分の中にあるヒーロー像を語るわけです。

 

もちろん、ガロウはヒーローに憧れているわけでもなく、ヒーローに相応しくない者を狩っているわけではないです。

にも拘らず、ガロウには確固たるヒーロー像が存在している…

これって、『ヒーローを引き立てるのが悪者であるように、悪者を引き立てるのもヒーローである。』と考えていると思わざるを得ない発言だと思うんです。

 

でもガロウは、これまでも悪者に憧れを抱いていると言いつつも、むやみやたらに人を襲わず、言葉遣いこそ荒いものの小さい子供とも普通に接してたりと…

ヒーロー狩りを開始してしまって、もうすでに後戻りできないところまで来ているけど、ガロウは本質的には悪い奴って感じられないし

知れば知るほどガロウが目指しているのは悪者っていうよりも、純粋に強いものと戦いたいっていうだけの武闘家?だとしか思えないんですよね。

 

これがリアルな首トンッ!?

ヒーロー狩りを開始し様々なヒーローを倒し、ノリにノッテいるガロウ。

そんなガロウと最強の男・サイタマが偶然にも出くわしてしまうのですが、そのシーンが驚愕過ぎて…

ワンパンマン10巻 66pワンパンマン10巻 66p

『ぬぁ…』

(つд⊂)ゴシゴシ

サイタマはこの男がヒーロー狩り・ガロウって認識しておらず、カツアゲされたのかと思って軽く反撃しているんだけど、その一撃を受けたガロウからこぼれた言葉が『ぬぁ…』(笑)

首トンの威力が明らかに常軌を逸しているし、なにより数々のヒーローを倒してきたガロウほどの男を軽いノリで放った首トンで沈めてしまうっていうサイタマの実力が…

 

ホントに、サイタマとその他の奴らとで圧倒的な力が在り過ぎるし、本気でサイタマが戦える日は来るのだろうか…?

これからガロウがもう数段階強くなるわけだけど、この実力の差は埋められそうにないなぁ…
(;’∀’)

やはり気にしていたのか・・・?

知らずのうちにガロウを倒しているサイタマですが

サイタマにはヒーロー狩り・ガロウを倒した自覚がないわけで、ヒーロー狩り対策として、負傷したチャランコに成り済まし武術の試合に臨むことを決めるんです。

 

しかし、頭髪が一切ないサイタマが、チャランコに成り済ますのは不可能…(笑)

そんな状況を打開するために、サイタマがカツラを着用するんだけど、それをみたジェノスとサイタマのやり取りが面白くて…

ワンパンマン10巻 70pワンパンマン10巻 70p

『先生…そこまで…』

悲壮感漂うジェノスの『やっぱり気にしていたんですね』と言わんばかりの表情が…
プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!

これまでも昆布事件もあったり、真面目なジェノスはサイタマの頭髪事情を気にしていたのかもね(笑)

 

なにより、見られてはいけないモノをみられてしまったと言わんばかりのサイタマの表情がw

最強の男の見てはいけない行為を目撃してしまったジェノスの生命の危機を感じた一幕でした(笑)

ワンパンマン10巻を読み終えて

知らず知らずのうちに、サイタマがガロウを撃退するというハプニングが!

まぁ首トンの衝撃が強すぎてガロウは記憶が飛んでいて、サイタマにやられたことを覚えていないし、サイタマもヒーロー狩りを倒した自覚がないのですがね…(笑)

 

しかし、今回の出来事で2人には圧倒的な実力の差があることが明らかになったわけで、サイタマの放った軽いノリの首トンで沈められてしまうガロウがどこまで強くなれるのか?

なぜだか、強すぎるサイタマよりも、最強の男に立ち向かうガロウを応援したくなる展開になっているし、ガロウにはサイタマが全力で戦えるほどに成長してほしいなぁ…ムリか(笑)

強い敵が出てくるも、誰一人としてサイタマと対等の戦いができそうにないワンパンマンの10巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top