VECTOR BALLベクターボール1巻感想『おかかと新太と思念体!?』ネタバレ注意

VECTOR BALL

どうもぉ~りょうです♪
(。+・`ω・´)

 

金色のガッシュベルやどうぶつの国の作者の雷句誠先生最新作『VECTOR BALL(ベクターボール)』!

ガッシュベル好きなので、待ちに待った待望の最新作です!
ヽ(゚∀゚)ノ…ォォォォォ!!!!

 

 

ベクターボールは表紙の2人の少年が思念体と呼ばれる謎の生物と戦っていく物語!

ギャグもあるけど、やっぱり2人の絆や友情が熱かった印象です!

まぁおかかには残念ってのが最終的に抱いた感情だけど…(笑)

 

 

それでは、VECTOR BALL(ベクターボール)1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

VECTOR BALL(ベクターボール)1巻の感想

ベクターボール1巻のあらすじ

ベクターボールの舞台となるのは、不思議な現象が多発している学校。

 

この不思議な現象を巻き起こしているのが、思念体と呼ばれる謎の生物たち。

彼らは学校の生徒たちの肉体を乗っ取りを企んでいます。

 

 

ベクターボールの物語で、敵にあたる思念体ってのはこんな奴ら。

ベクターボール1巻 39pVECTOR BALL1巻 41p

観ての通り、人間からすれば『バケモノ』と呼ぶに相応しい生物たち。

もちろん、恐ろしい見かけだけではなく、バケモノと呼ぶに相応しい筋力を持っていたり、特殊な力を備えているタイプも存在します。

 

 

こんな化け物たちから学校を守るために闘うことになるのが主人公の2人。

『米炊おかか(こめたき)』『群青新田(ぐんじょう にいた)』。

2人の少年が力を合わせ、戦いでボロボロになりながらも生徒たちを守るために思念体たちと戦っていくことになるという物語!

 

米炊おかかは残念な子?

表紙の身長が高い方で、思念体たちと戦っていくベクターボールの主人公の1人。

 

ちょっと馬鹿そうに見えるけど、実は超が付く天才児。

その天才っぷりは、思念体たちが宿る肉体を選別するために存在している『ベクターボール』と呼ばれる超難易度のパズルを解いてしまうほど。

 

おまけに、恵まれた体格もあり、身体能力も非常に優れているという、肉体派であり知能派でもあるという完璧人間。

 

 

ただ、おかかは非常にザンネンな性格なんです…

1巻では、残念と言わざるを得ないおかかの奇行が度々垣間見れます…

 

 

その中でも個人的に1番残念だったのが

フラれて落ち込んでいたブスに声を掛けたおかか…

bekuta-bo-ru 1kann 127ベクターボール1巻 127p

『ああ オレはブスを見ると笑う お前はそのためだけに生きてもいいんじゃないか?』

 

清々しい笑顔もあって、一見するとおかかフラれたブスを励ましているようにも見えるんだよ…

でも、冷静になっておかかの発言を考えると一切励ましてはいない事に気づく(笑)

 

 

だって、おかかの発言ってのは

『オレに笑われるためだけに生きてもいいんじゃないか?』

おかかに笑われるためだけに生きろってwww
(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪

 

 

もちろん、生徒たちを守るために思念体と戦うっていう熱い一面もあるんです!

だからこそ、この平常時の奇行が残念すぎて…

まぁまとめると、おかかの好感度は戦闘時にググッと上がって、平常時でストンと落ちる…そんな子です…(笑)

 

群青新田は思念体

物語の主人公の1人であり、思念体と戦っていく少年。

表紙で椅子に座っている方で、一見すると知能担当っぽく見えるけど、おかかの方が頭は良いはず。

 

 

新田は生徒たちの為にボロボロになりながらも戦っていますが、この子の正体は人間ではありません。

既に思念体に体を乗っ取られいるので、新太の正体は思念体ということに。

 

何があったのかは、まだ明らかになっていないのですが

新太の体を乗っ取った思念体が、なぜか思念体と敵対し人間の見方をしているというのが現状。

 

 

思念体であり、生徒を滅ぼすことが目的のはずの生物がなぜ人間の味方をしているのか?

当分の間は、新太が人間側についてくれる理由ってのが気になるところ。

ボッコボコにされながらも、仲間である思念体と戦ってくれているので、相当な理由は有ると思うので戦う理由が明かされる日が楽しみって感じ。

 

ベクターボール1巻を読み終えて

物語は2人の少年が、学校を侵略しようとしている謎の生物・思念体と戦っていくという物語。

結構激しい戦闘が繰り広げられているのだけど、思念体は記憶の操作や空間操作?などもできるみたいで、ほとんどの生徒・先生は存在を知りません。

なので、今後もおかかと新太の2人で学校を守っていくことになりそう。

 

 

とりあえず1巻は、2人の主人公と思念体ってバケモノの説明って感じだったかな。

2巻以降で、思念体の目的や、おかかと新太がどう成長していくのか?

もっと言えば、何を目的に戦いを続けて行こうと思えるのか?ってのが気になるところです。

 

 

 

新田はなぜ思念体でありながら人間の見方をしているのか?

そして、おかかは人間でありながら、なぜ思念体の力を操れたのか?

先が気になるVECTOR BALL1巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top