ULTRAMAN10巻の感想『待望のウルトラ6兄弟集結!』ネタバレ注意

ウルトラマン10巻ウルトラマン10巻の表紙はパワーアップした諸星さんのスーツver7.3。

超重装備になっており、これまでのスーツとは格が違う性能になっていました!

ロマンあふれる超兵器・キングジョーを瞬殺しちゃう性能でしたから。

 

10巻ではウルトラ6兄弟が集結!

暗黒の星との総力戦が開始されるところまで物語が進みます!

 

ULTRAMAN-ウルトラマン-10巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ULTRAMAN10巻の感想

まさかの知能攻撃!

地球に攻撃を宣言していたテロ集団・暗黒の星。

 

彼らは最近頻発している超人化現象を引き起こす細菌兵器をマンハッタン全域に散布し終えており発症までに残された時間は2時間だと宣告。

その後『細菌兵器の被害者なのだから欲望を満たす為に誰かを殺したとしても捌かれることはない』と恐怖におびえる市民たちを煽る言葉を最後に映像は途切れました。

 

残り2時間で自我を失い化物になり暴れだす…

そんな宣告を受け自暴自棄に陥った人々は、まだ発症して居ないにもかかわらず暗黒の星の言葉を各地で暴動を起こし始めるわけです。

 

 

この宣告を受け恐怖心に駆られ自暴自棄に陥った市民たちの暴動が始まってから数十分。

暗黒の星のリーダーが再びマンハッタンに訪れ、衝撃の事実を明かしました。

 

その事実とは、『細菌兵器が嘘である』というもの。

悪ふざけにもほどがある盛大な嘘をついた暗黒の星ですが、彼らの真の目的とは…

118p暗黒の星『そんなワケないだろ罪は罪だ

例え地球の法で裁かれなかったとしても

この光景を観ている数多の異性移民者たちのジャッジ違う』

引用:ULTRAMAN10巻 118p

地球人の愚かで醜い姿を異星移民や星団評議会に見せつける為であり、地球人を社会的に殺すことでした…

 

この世界では住める星が少ないために、地球にも多くの移民が訪れている世界ですからね。

多くの移民は『地球人の星だから』と、窮屈な暮らしを我慢してきたわけですがこんな哀れで醜い種族に原住種だからと言ってこの星を統治させ続けるべきなのか?

暗黒の星の鮮やかすぎる手際で地球人の尊厳は地に落ちてしまったわけです。

 

 

…暗黒の星による武力行使が始まるのかと思いきやまさかの知能?犯罪。

地球の原住種だから我慢していた多くの異星移民が暴動を起こしかねない事態に発展。

暗黒の星を小物だと思ってたけど、予想以上に大物感を感じさせてくれる素晴らしい攻撃!

 

地球人への不信感を今後、暗黒の星がどう生かしていくのか?

予想外の先手を打ってきた彼らの今後の作戦が楽しみ過ぎる展開ですよ♪

 

見えてきたアダドの目的!

暗黒の星とジャック&タロウ&アダド達の闘いが幕を開けます!

 

早々たるメンバーと相対するのは侵略兵器『黄金の城塞』ことキングジョー。

めっちゃ大きいロマンあふれるロボットなんですが、そのロボとの戦いの最中にアダドが気になる発言をしました。

ウルトラマン10巻 139pアダド『そもそも私の目的は「暗黒の星」と戦う事じゃないですからーね!!』

引用:ULTRAMAN10巻 139p

結果としてアダドも暗黒の星との戦いに参戦してはいるけど、戦うのが目的ではないらしい。

 

前々から目的がハッキリしないアダドだけど、アダドの目的を知ったレッドキングはアダドに協力的だし悪事が目的ではないみたいなんですよね。

ただ目的を知ったキングは『タロウが知ったら怒るだろうな』と言い、それに対しアダドは『私はタロウに殺されますね』と返していたり。

 

さらに『犠牲が確実に出るが攻撃を事前に止めると我々の目的を達成できなくなる』

という発言もあったので、アダドの目的は暗黒の星の持つ細菌兵器である可能性が高そう。

 

それを使用させることで、サンプルを取ってワクチンを作る。

もしくは、使用させ細菌兵器のありかや生成場所を突き止め破壊する。

現状のアダドの目的とは、暗黒の星の『細菌兵器』である可能性が非常に高いと思います。

 

結集!ウルトラ6兄弟‼!

アメリカでの戦いが激しくなっていく中、遂にウルトラマン6兄弟が全員集合します!

ウルトラマン10巻 188p引用:ULTRAMAN10巻 188p

お父さんのスーツがゾフィー風に改良され、技術を盗みアメリカで完成されたジャックのスーツ。

…唯一タロウはスーツ無しで、厳ついメラメラだけど、とりあえず6兄弟が揃いました!
ヽ(゚∀゚)ノ…ォォォォォ!!!!

 

ちなみに、アメリカにある残り2つのスーツは登場していますが名前は明かされず。

可能性としてはレオとアトラスの双子ペアの可能性も高そうです。

見た目は瓜二つのスーツだったので。

 

ウルトラ6兄弟vs暗黒の星の全力の闘いが幕を開けるところでULTRAMAN10巻は終わりでした!

ULTRAMAN10巻を読み終えて

暗黒の星が武力行使ではなくて頭脳を使った攻撃を仕掛けてきたのは驚きました!

あれだけ武力行使で行くよ!って感じ出していたので騙されてしまった…

さすが宇宙のテロリストって感じです(笑)

 

色んな意味で究極兵器!

今回の闘いで登場した『黄金の城塞』キングジョー。

ウルトラマンセブンに登場した奴で…

キングジョー

愛くるしい姿のめちゃ弱そうなロボット君。

ポンコツ感あふれている可愛いらしい姿が印象的ですよね♪

 

 

ただ、ULTRAMANに登場したキングジョーがこちら…‼!

ウルトラマン10巻 131p

 引用:ULTRAMAN10巻 131p

…∑(゚Д゚;≡;゚д゚)!?

 

いや…カッコよすぎるでしょ!?

ロマンあふれるフォルムになっているし、超兵器も搭載されているし…

こんなにカッコよすぎるキングジョーは反則でしょ!?

 

壊せない…ッ‼!

侵略者の兵器といえど、これは壊せない…

このフォルムも地球人の心理を読んだ暗黒の星の作戦なんだな!?

 

壊さなきゃ星が乗っ取られるけど、壊したら心を捨てることになる…

なんて鬼畜な攻撃手段をとるんだ…暗黒の星は…
クソッp(TロT*)qワナワナ

 

ウルトラ6兄弟に興奮!

10巻ではアダドの目的も見えてきたし、なんと言ってもウルトラ6兄弟が全員そろったのは興奮した!

6人揃っちゃうと流石に燃えるし、セブンのスーツも大幅強化され、お父さんも参戦となると今後の共闘が楽しみ過ぎますよね!

 

この6人相手に戦えるとなると、どんな敵が出てくるんだろうか?

想像できないけど、キングジョーの一件もあるしカッコイイのに期待です!

 

ウルトラ6兄弟が揃い、アダドの目的も見えてきた。

さらには暗黒の星も本格的に武力行使に出始め、ウルトラ6兄弟vs暗黒の星の戦いに決着が付きそうなところで終わったULTRAMAN10巻の感想でした!
(*。>ω<)ノシ マタネッ♪

 

 

11巻にて新たな刺客(兄弟)登場!

ウルトラ6兄弟が登場しましたが、次巻予告にて新たな兄弟が告知されていました!

195p

 

引用:ULTRAMAN10巻 195p

刺客のルビが兄弟なので、最初は敵として登場することになりそうです。

ルビが兄弟なので、ウルトラマンの義兄弟であるレオ&アストラの双子ペアの可能性も高そう。

 

特に2人共にどことなく髪形?がレオ&アストラに似ているような気も。

7c86c87f1b735673cbc9727492797c23

どことなく似ている気がするし、ジャックと一緒にいたデブスーツはレオ&アストラではなさそう。

なので、ジャックといたアメリカの2人は量産型ウルトラマンスーツって位置づけになると予想します!

 

次巻にて刺客(兄弟)の正体が明かされると思いますが、彼らの目的は何なのかが気になります。

もしかしたらベムラーとも関係しているのかもしれませんし!!

 

ULTRAMANの感想記事一覧はこちらです。

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“ULTRAMAN10巻の感想『待望のウルトラ6兄弟集結!』ネタバレ注意” への2件のフィードバック

  1. タモ より:

    次巻予告に恐らくレオ・アストラと思しき2人の後ろ姿があるのでジャックの隣にいた2人がレオ兄弟なのか次で判明しますね!

    • りょう より:

      タモさん
      コメントありがとうございます。

      巻末予告の兄弟がレオ達だとすると刺客って書かれているので、最初は敵みたいですね。

      ジャックと共にいたのが、今後の量産型ウルトラスーツなのか?
      それとも、レオ&アストラのスーツなのか?
      次の展開で明らかになるのは間違いなさそうなので、楽しみですね♪

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top