東京喰種:re9巻の感想と考察『流島編決着でCCGが崩壊寸前』

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%96%b0%e7%a8%ae%e3%83%aa9%e5%b7%bb

アオギリの樹vsCCGの総力戦が行われている流島編に決着が付きました!

最終的にはCCGの戦力がアオギリの樹を上回り、98%もの喰種を殲滅することに成功。

 

しかし、勝負の結果としてはCCGのひとり負けという驚愕の展開が待ち受けていました!

 

流島編が完結する、東京喰種:re9巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

東京喰種:re9巻の感想

亜門登場!

様々な勢力が入り乱れ、乱戦となっているアオギリの樹の拠点・流島。

 

数多くの戦闘が各地で繰り広げられている中、CCG・法寺班とアオギリの樹のリーダー格・タタラの戦闘に介入したのがアオギリ側のオウルこと滝沢。

 

滝沢はタタラに奇襲をかけそのままの流れであっけなくタタラを駆逐…

精神が完全に崩壊していると思われていた滝沢だけど、実は一定の精神は保っておりCCGの前でタタラを討ち取ることでCCGに復帰しようと考えていたんです。

 

 

しかし、グール化した滝沢は、これまでに人間を捕食したりもしているわけで受け入れられるはずもなく、CCGと戦闘に発展。

 

この戦闘で、滝沢はCCGでも有力な戦力とされている法寺をも打ち倒し、法寺班に配属されていた滝沢の同期であるアキラをも殺そうするんだけど、ここに現れたのがッ!!

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%96%b0%e7%a8%ae9%e5%b7%bb%e3%80%8073%ef%bd%90引用:東京喰種:re9巻 73p

亜門さんッ!

 

絶体絶命のところを亜門に救われたわけだけど、亜門の喰種化した腕を見てアキラは言葉を発することもできず。

 

そりゃーこうなりますよ。

 

だって、死んだと思っていた信頼する上司が生きていたのは嬉しいだろうけど、その人が変わり果てた姿…

倒すべき喰種として、自らの前に現れてしまったわけですから、言葉なんて出ませんよ。

CCGとしての責務を果たすのであれば亜門を駆逐しなければならないけれど、喰種の体といえど亜門さんは信頼できる上司だった頃の亜門さんのままなんですもの…

 

 

最終的にアキラは、亜門さんも滝沢も喰種の体になっただけと判断して、『仲間』という認識をしました。

しかし、予想以上に多くの捜査官を嘉納が喰種orQ‘S化していたので、今後もアキラと同じような決断を迫られる人は多そう。

 

 

喰種の体になっただけで同僚と考えられるのか?

それとも、喰種の体になった時点で駆逐対象と取るべきなのか?

果たして、喰種化された元同僚達と戦場で出会ったとき、CCG捜査官たちそれぞれがどんな決断を下すのかが楽しみな要素です。

 

3勢力の戦いへ!

流島での戦いに決着が付き島にいた98%の喰種が駆逐される結果に。

 

 

98%を駆逐したという事でCCGの大勝利!

って思えたんだけど…CCG側が受けた損害というのはそんなレベルではなく…

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%96%b0%e7%a8%ae9%e5%b7%bb%e3%80%80233%ef%bd%90宗太『最後に笑わせてもらいましょーか クラウンも”V”も「和修の王」の手にある』

引用:東京喰種:re9巻 233p

これまでも引っ掻き回してくれた宗太が、本土に居た和修家を掃討し実質的にCCG本部は崩壊。
(;゚Д゚)

 

王冠(クラウン)も勝利(V)も手中に収めていて、これまで黒幕っぽい疑いがあった勢力が全て宗太の手中に…

底知れない戦力を何を考えているのかよくわからない宗太が握ってしまったという事で、今後の展開は非常に荒れそう。

 

 

何がしたいのか本当にわからない奴ですからね…宗太って。

これまでの行動から考えても、コイツの性格は権力を求めているとは思えないんですよね…

『最後に笑わせてもらいましょーか』って発言もあるし、喰種事情の真相とかを全部世間にぶち巻いて混沌とした世界を楽しむ気なのかも?
(; ̄ー ̄)

 

 

最も権力を握らせちゃダメそうな宗太が最大権力を握ってしまったところで、東京喰種:re9巻は終わりでした。

 

東京喰種:re9巻を読み終えて

流島の戦いが終わり、勢力図としてはCCGの残党、宗太率いるV&クラウン、金木たち隻眼の王の3つ巴状態。

 

戦力的にはツートップ状態。

1つはV&クラウンという和修家本部をぶっ潰した宗太勢。

それに匹敵するのが金木達が『隻眼の王勢』、隻眼の王を名乗るの事で多くの喰種が仲間になるはずですから。

 

CCGに関しては、トップレベルですら滝沢を倒せなかった事や今回の戦闘で本部・和修家の大半が殺されたことで戦力的には圧倒的に不利。

 

というか、喰種の事実や和修家の事実が徐々に末端にも広がってきているので内部から崩壊してしまいそうな予感もあるんだよなぁ…

総議長の正体が喰種であり、人間が喰種になることも知ってしまったわけで、すでに組織として持たないでしょうから。

 

 

 

9巻にて流島の戦いに決着が付いたことで、ハチャメチャだった勢力が3つにまとまり物語はクライマックスへ!

 

金木たちは間違いなく宗太の勢力を倒しにかかるだろうし、現状では総議長を殺されたCCG残党も宗太勢を狙うはず。

こうなると、金木たち&CCG残党が共闘関係になるし、『人と喰種を繋ぐ』という金木が抱いた夢を達成できるそうだしさ!

 

 

果たして、3つの勢力がどう動くのか!?

特に何がしたいのか分らない宗太がどう動くのかが気になる東京喰種:re9巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top