東京喰種:re7巻 感想『アオギリの樹とエトの本当の目的が気になる!』

toukyouどうも~りょうです♪

今回は東京喰種:re7巻の感想です。

 

物語はアオギリの樹のトップ戦力のエトがCCGに拘束されるも、作家としての作品『王のビレイグ』を喰種たちに宛てたと全国的に発信したりとアオギリの樹が本格的に動き出したところです。

まぁ何がしたいのかってのは、7巻を読んでもまだイマイチ分からないんですけどね…
σ(^_^;)アセアセ..

 

それでは、東京喰種:re7巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

東京喰種トーキョーグール:re7巻 感想

高槻ことエトが王のビレイグで伝えたかった事とは?

生中継で作家・高槻としての記者会見にて自分がグールであることを明かしたエト。

エトはCCGに身柄を確保され、喰種収容所であるコクリアに送られるという、喰種としては絶望的な状況になったけど、エト曰く自分ができることは『し終わった』と言っているんですよね。

 

そんなわけで、今回エトが行ったことを辿ってみると…

 

まず、今回エトがした事っていうのは、作家としての自分の新作『王のビレイグ』の記者会見で自分が喰種であり、この本は喰種達に宛てて書いたと発言したこと。

この『王のビレイグ』の物語はグール達の王である隻眼の喰種が喰種を弾圧する世界に反旗を翻すという英雄劇。

この物語で1番の問題なのがCCGのトップでもある和修一族をモデルとしたであろう人間側の組織を描き、作中で彼らの真の姿が喰種の協力者であると描かれている事。

 

実際この王のビレイグを世に出したことで、人間たちの間にも喰種を保護すべきだという人も多く生まれたり、CCG内部でも和修一族に疑念を抱く人が出てきたりと効果はあったのは確か。

でも、和修一族が本当に王のビレイグで描かれているほどの力を持っているのであれば、こんなの1ヵ月もあれば鎮圧できるはずなので、効果は薄いはず。

喰種が人間を襲ったっていう事件を報道しまくれば、やっぱり喰種は危険で駆逐すべきって話になりますからね…
(;´Д`)

 

 

そう考えると、エトが王のビレイグでやりたかった事は『喰種たちに宛てた』という発言通り、弾圧され続け逃げることばかりを考えている喰種たちに向けたメッセージで間違いないはず。

まぁ作中に出てくる『隻眼の王』が現れた時には、お前たち一緒に戦えみたいな?

 

ただ、このメッセージを理解できる喰種ならば、同時にこのメッセージが『圧倒的なCCGとの戦力差を埋めるための作戦』であることを…

自分たち喰種の方が圧倒的に不利な状況に置かれているということも理解してしまうはずなので、戦場に駆けつけてくれるかと言われると微妙な気もしますね…

でも、可能性としては、喰種に宛てたとも言っているし、喰種たちを奮起させるための作品である可能性が高いと思います。

アオギリの樹の目的は?

アオギリの樹の中心メンバーの1人であるエトが『王のビレイグ』を喰種たちに宛てたという事を全国の喰種に伝える為に捕まったわけで、アオギリの樹は最終決戦に向けて動いているのは間違いはず

 

これまでのアオギリの樹の好戦的な行動やエトの『し終わった』という発言からも、てっきりエトが本土のコクリアに収容されることで、CCGに拘束したエトを逃がさないための戦力を割かせるってのが目的かなって思ったんですよ。

戦力を割かせて、アオギリの樹側の隠していた戦力なり、店長・芳村を使って大量生産した(オウル)でCCGのアオギリの樹討伐部隊を返り討ちにして~みたいな。

 

実際そのタイミングで王のビレイグで描かれた『隻眼の王』が出現すれば、乗り気じゃなかった喰種たちも一緒に戦ってくれるだろうからさ。

本気でアオギリの樹がCCGを潰そうとしているのであれば、もっともありそうな流れかなと思ったんですが、ちょっと気になる人がいて…

東京喰種re7巻 59p東京喰種:re7巻 59p

『…エト…またな』

気になったのは、アオギリの樹のタタラの意味深な表情での発言。

 

このタタラの発言や表情って、明らかに勝ち戦に臨もうとしている人ではなくて、死ぬことを覚悟の上で戦いに挑もうとしている人のそれですよね?

仮にエトを捉えせてCCGのアオギリの樹討伐部隊の戦力を分断させて討伐部隊を返り討ちの戦略を考えているのであれば、戦闘前にタタラがこんな感じにはならないはずです。

 

にも関わらず戦う前からこうなっていることを考えると、アオギリの樹はそもそも流島にCCGの大半の戦力を割いた『討伐部隊を送り込ませる』ことが目的だったって事に!

 

仮にアオギリの樹の目的が『流島にCCGの大半の戦力を送り込ませる』事だとすると、アオギリの樹は目的を果たしたことになりますよね。

そして、CCGを引き付ける意味ってのは間違いなく、和修一族や謎の組織Vを壊滅させるためのはずなので、アオギリの樹が思い描いたとおりの展開になっていることに!?

 

 

まぁ肝心の『隻眼の王』が本当に存在しているのかも危うい状況なので、アオギリの樹が思い通りの待ち望んだ展開になっても喰種が勝てるかは微妙な気するけど

Vや和修一族と喰種たちの最後の戦いが始まるのは間違いなさそうです!

東京喰種トーキョーグール:re7巻を読み終えて

CCGが喰種集団のアオギリの樹を殲滅するために行動を開始!

現状ではアオギリの樹がCCG討伐部隊に勝てる見込みはなく、おそらくアオギリの樹側も勝てるとは思っていない様子。

しかし、アオギリの樹側はCCGを策に嵌めている感じがあるというか、そもそもアオギリの樹側の目的が『CCGを引き付ける』事である可能性が高いので、既にアオギリの樹は目的を果たしたという事に?

 

エトの王のビレイグで多くの喰種たちが立ち上がる展開もあるし、これまで謎に包まれていた『隻眼の王』が遂に姿を現す可能性も!

ただ、エトは金木に『隻眼の王を殺してくれ』って意味深すぎる願いをしているので、もはや意味不明すぎる展開なんですけどね…

本当にエトたちアオギリの樹の本当の目的ってのが見えてこなくて、何がしたいのかがよくわからない。
( ̄ー ̄?)

 

隻眼の王を殺してほしいってことは、隻眼の王がエトたち喰種にとっては不都合な人物?って事になるだろうけど、隻眼の王がいないと喰種たちは勝てないような…

う~ん…

ここまで来てもアオギリの樹の本当の目的が見えてこないし、そろそろ彼らの本当の目的を知りたいところです!

 

 

CCGがアオギリの樹討伐最終決戦を開始した東京喰種:re7巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top