東京喰種:re-トウキョウグール-10巻の感想ネタバレ注意『喰種とヒトが手を取り会える世界へ!』

東京喰種10巻金木が『隻眼の王』を継ぎ新たなる組織『黒山羊ゴート』を設立。

 

死んだと思われていた亜門さんの生存が確認できたり、金木が喰種化する原因となった鉄骨事件の真相も明らかになったり!!

全体的に物語が加速していく展開です!!

 

それでは、東京喰種:re-トウキョウグール-10巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

東京喰種:re-トウキョウグール-10巻の感想

喰種とヒトが理解し合える世界を!

『隻眼の王』を継いだ金木はあんていく、アオギリの樹の残党・白スーツ、コクリアから逃がした喰種たちを率いて新たなる組織『黒山羊”ゴート”』を設立。

 

この新たなる組織の目的は、先代の隻眼の王が目指していたものであると同時に、喰種になってしまったばかりの頃に金木が抱いた夢…

東京喰種10巻 21p金木『先代の隻眼の王の意思を継ぎ、”喰種”とヒトが理解し合える世界をつくります』

引用:東京喰種:re-トウキョウグール-10巻 21p

喰種とヒトが理解し合える世界をつくること!!

ここにきて金木が人と喰種が分かり合える世界を創るために再び立ち上がったわけです。

 

今の金木は、夢を抱いたばかりの無力だった頃とは違い、十分な力も戦力もある。

強制的に人間たちを話し合いテーブルに着かせ話し合い『理解し合える世界をつくる』られるわけで、夢物語ではなくなっているわけです。

 

 

話し合うことで人間は喰種を受け入れることはできるのか?

そして、喰種たちも自分たちから見れば捕食対象であり脆弱な人間たちを対等な存在と認められるのか?

 

やはり考えれば考えるほどに、恐怖に支配され喰種というだけで討伐対象と考えている人間たちを話し合いのテーブルに着かせることよりも、話し合いのテーブルに着かせた後の方が大変そう。

喰種に知性があろうがなかろうが、自分たち人間を捕食する喰種と一緒に暮らすってのは人間たちからすればリスクが高すぎますから…
(´-ω-`;)

 

リゼの正体と鉄骨事件の真相

金木が巻き込まれ喰種へと変貌させられるきっかけとなったのが鉄骨事件

この鉄骨を落とした犯人はピエロに所属する現・CCG捜査官の旧多であることが判明。

 

金木の物語が始まった事件であり、文字通り金木の人生を大きく変えた出来事なんですが、この事件の真相がショーもなくて…

東京喰種10巻 49p旧多『…結局僕の手元に置くことにしたのです 君はたまたまその場に居た ただの大学生』

引用:東京喰種:re-トウキョウグール-10巻 49p

リゼの正体は和修家の『母体役』であり、リゼに想いを寄せていた旧多はリゼが色親や子孫に凌辱されるのが許せなかったと。

その為に、事故死に見せかけリゼを回収し自分の手元に置いておこうと思った為に起こしたのが鉄骨事件の真相。

そして、その際に偶然居合わせたのが金木だったと…
(´ロ`’)

 

 

ただ偶然に金木をリゼから救うことになり、その後偶然嘉納の喰種化実験にも適合しただけ…

金木の人生を大きく変えた事件の真相が、あまりにもショーもなく身勝手すぎるモノであることが発覚したわけです。

 

ただ考えようによっては、鉄骨が落ちてこなければ金木はリゼに殺されていたわけだから、金木を救ったのが旧多とも捉えられるので命の恩人とも…!?

恩を着せてくる素振りは一切ないけど、よく考えると旧多に感謝すべき立場なのかも知れない真実ではありました。

 

亜門さん覚醒!?

前回の登場時に死んだと思われていた亜門さんですが、喰種の力の源・Rc細胞の抑制剤を生成する施設で生きていました。

東京喰種10巻 225p引用:東京喰種:re-トウキョウグール-10巻 225p

身体の半身が吹っ飛んでいるような状況だけど、研究者がスイッチ押したら意識を取り戻しました。

 

完全に研究材料にされている感じだけど、これどうなっちゃっているんだろうか…?

下半身が無くなったままだけど、赫包を埋め込まれて喰種化しているから時間をかけるれば再生は可能なはずだけど、いったい何の実験なのか?

 

前回は精神を保っていたけど、今回の開眼シーンを観る限り精神がブットンじゃっていそうだったりで研究内容が不安過ぎるんだよね。
(;´▽`A“

 

 

亜門さんが生きていてうれしかったけど、亜門さんの安否が不安過ぎる展開で東京喰種:re10巻は終わりでした。

 

東京喰種:re-トウキョウグール-10巻を読み終えて

物語が『喰種とヒトが理解し合える世界』を目指す展開に戻りました!!

巻が進むごとに、どんどん喰種に染まっていき、:reになったら捜査官になっちゃたり…

迷走していてどこに着地するのかなって不安にもなっていたけど、物語当初の目的に回帰しましたね♪

 

 

金木の人生を大きく変えた鉄骨事件の真相が想像を遥かに超える斜め下過ぎる理由だったのが衝撃的かな…

というか、さすがに金木が可哀想すぎる真相だったからね…
(;”∀”)

 

 

物語としては、依然として旧多の目的が謎というか、何がしたいのか本心がよくわからないけど、当分は旧多を倒すために動く展開が続きそうですね。

旧多たちを倒し人との対話を始めるってのが、当分は金木たちゴート(黒山羊)の目的になりそうです。

 

 

とりあえず11巻で注目は亜門さんがどうなっちゃうのか?

そして、金木たちゴートは人間たちを話し合いのテーブルに着かせることが出来るのか?

 

物語が完結に向けて動き出した東京喰種:re10巻の感想でした!
ヽ(*´∇`)ノ゚.:。+゚ またね~ぇ♪゚.:。+゚

 

東京喰種:reの記事一覧はこちらです。

東京喰種:re

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top