テラフォーマーズ14巻の感想と考察!地球の技術レベルが低すぎてゴキちゃんに征服されそう…

テラフォーマーズ14巻

14巻の表紙はアドルフの能力を手に入れたエヴァ‼

展開的にも、これからも活躍するキャラだろうし

能力的に不死に近いってこともあって今後に期待しちゃう女性キャラ!

 

物語は火星編がクライマックスに突入し

地球にテラフォーマーたちが潜伏していたっていうハチャメチャ展開になってきたテラフォーマーズ。

超技術の世界では、ゴキちゃんたちなんて余裕で撃退かと思ってたんだけど…

 

テラフォーマーズ14巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

テラフォーマーズ14巻の感想

地球のテラフォーマーがハイジャック
13巻で地球には複数のテラフォーマーズが16年前から、潜伏していたって流れになって

その長期間潜伏していたテラフォーマー達が地球で活動を始め

人為変態などを可能にした超技術を持っている人類と地球での戦いが始めるんだけど

意外にもっていうか超技術を持っているはずの人類がザルすぎて…(;’∀’)

 

テラフォーマーにミサイルを発射しようとしていた戦艦?があるんだけど…

テラフォーマーズ14巻 飛行機

そこ艦にゴキちゃんたちがハイジャックした飛行機をぶつけられて轟沈させられるんです(;・∀・)

 

ミサイルを搭載している軍艦が飛行機に気が付かないって…(; ̄ー ̄川 アセアセ

見えるところに対空兵器みたいなミサイルが搭載されているのに

旅客機の接近に気が付けないってどうなの?(笑)

さすがにMO手術とか火星旅行(笑)ができる世界で旅客機を捕捉できないっていうのは無理があるような…

 

 

そもそも火星に来てた中国の宇宙艦・九頭龍がレーザー兵器搭載していて

どうやって浮いているのかもよくわからないほどの優れた技術もあったのに

なんでミサイルで攻撃しようとしているのかがわからないんだよね…

この世界の技術レベルがイマイチ理解できないσ(^_^;)アセアセ..

 
テラフォーマーの飛行機ハイジャック方法
戦艦に飛行機をぶつけたテラフォーマーたちが

優れた技術を持っている人類の旅客機をハイジャックした方法がこちら。
テラフォーマーズ14巻 誤記ちゃん

これは流石に気づこうよ…アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

頭を防止で隠してたり、体を服で隠しても

明らかに口元が人間じゃないから気づくだろw

(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

 

パスポートとかの過程は超高速の動きで躱して

人間に気が付かれずに飛行機に乗り込んだってことで何とかなるけど

こんな生物、はたから見ても人間じゃないってわかりそうだけど?(笑)

 

ここまでくると笑うしかないっていうか

シリアスな漫画だったのにギャグマンガみたいになってきてて笑うしかない・・・

 
まだまだシリアス火星サイド
火星の方でも九頭龍の性能が変な感じしたけど

まだ割とシリアスな感じを保っていて(笑)

 

これまでは、各国々の思惑でまとまり切れていなかったけど
テラフォーマーズ14巻 団結

遂に生き残ったオフィサー5人が団結

これで火星で各国のリーダーが団結したわけで

火星編で残された戦いは

九頭龍vsオフィサー+エヴァ&燈の人類同士の戦いと、慶次たちvsテラフォーマーの戦い。

 

なにわともあれ、火星編はクライマックスだし

各オフィサーの活躍に期待って感じ(*”ー”*)フフッ♪

テラフォーマーズ14巻を読み終えて

ここまで、シリアスな展開が多い漫画だったけど

地球の技術がイマイチ理解できないっていうか、想像していたよりも格段に低い技術しかない印象で地球の存続が心配。

残された2つの戦いが終われば火星編は完結で、物語は地球での戦いになるんだろうけど

映画の”猿の惑星”みたいに帰ったらテラフォーマーに文明乗っ取られてました展開もありそうな気が…

 

火星編が終わったら地球編になるのは明らかだけど、地球編どうなるんだろ?

これまで想像していた文明レベルとの差がありすぎてて

早くも読んでてなんで?って展開になっちゃってるし、今後の兵器や技術レベルによっては楽しめ無さそうな気がする。

 

ここからの巻き返しに期待はしたいけど

地球編はめちゃくちゃになりそうっていうか、火星のメンバーはもうあんまり変態デキない設定のはずだし…

展開が心配なテラフォーマーズ14巻の感想でした!

o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top