天賀井さんは案外ふつう1巻感想!天賀井さんは案外ふつうな人です…(笑)

天賀井さんは案外ふつう1巻タイトルに入っている天賀井さんが主人公の推理漫画。

奇妙な出来事の真相を天賀井さんとクラスメイトが一緒に探っていくという物語で

化け物というか妖怪というか、そういった類のモノが絡んでくる内容になっています。

 

それでは、天賀井さんは案外ふつう1巻の感想です。
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

天賀井さんは案外ふつう1巻の感想

物語の舞台は、2匹の化け物が実在した土地!

この物語の舞台となるのは常伊市(とこいし)。

 

一見するとごくごく普通の市で

特に変わった様子は見られない地域なのですが

この常伊市には、信じがたい言い伝えがあるんです。

 

それは…

天蓋さんは1巻 33p天賀井さんは案外ふつう1巻 35p

『この市にだけ伝わっているだろう化け物で 妖怪辞典にも載ってない』

 

昔々『バランバランとタタイタタイ』と呼ばれる2匹の化け物がいたという

ちょっと変わった言い伝えなんです。

 

しかし、この2匹の化け物が存在したという作り話としか思えない言い伝えが実際の出来事であり

その証拠として、この2匹の化け物と友好的な関係にあった村人たちの子孫にあたる

今の常伊市に住み続けている多くの家系には

亡くなった2匹の化け物の体の一部を形見として大切に保管されている。

 

つまり、物語の舞台は

大昔に実在した2匹の化け物と交友があったという

普通では考えにくいことが実際に起こった土地で繰り広げられる物語です。

真犯人を探しに来た天賀井さん

謎の化け物が実在した常井市で繰り広げられる物語の主人公は天賀井悠子(てんがい ゆうこ)。

タイトルにもなっている天賀井(てんがい)さんです。

 

一見すると普通の女子高生の天賀井さんが

化け物の言い伝えがある、この常井市の学校に転入してきた理由が

常軌を逸していて…

天蓋1巻 13p天賀井さんは案外ふつう1巻 13p

『いくつかの手掛かりから

真犯人がいるとすればこの常伊市とつながりがあると思われるので

それを調べるために 私はこちらに転入してきました』

 

兄が起こしたと思われている撲殺事件の真犯人を探し

この常井市の常井高等学校に転入してきたと自己紹介…
( ▽|||)サー

 

兄が撲殺事件を起こしているっていうドン引きな事実を

転入初日に笑顔でクラスメイトに教えちゃったりと

天賀井さんは天然というか、かなりおかしな人なんです。

 

 

このおかしすぎる天賀井さんが主人公で

物語は兄が起こしたと思われている

撲殺事件の真犯人を探すというのが大筋です。

奇妙な体験をした協力者・真木。

おかしすぎる転入生・天賀井さん。

そんな彼女とひょんな出来事がきっかけで

共に兄の撲殺事件の真相を探ることになるのがクラスメイトの真木正輝(まき まさき)。

 

 

真木も一見するとごくごく普通の高校生なんですが

彼は過去に普通とは思えない体験をしています。

 

それは、10年前の出来事。

真木は原因不明で意識を失い、その後8年間も意識不明の状態に。

さらに、意識不明の間に真木の体は一切変化することなく

意識を失った10年前の姿のまま、8年間も眠り続けたという奇妙な体験。

 

 

そして、この10年前というのが

天賀井さんの兄が撲殺事件を起こした日と同じであり…

天蓋 1巻125p天賀井さんは案外ふつう1巻 125p

『僕は十年前 何があったか知りたい』

 

同じ日に起きた、天賀井さんの兄の撲殺事件と

意識を失っている間に体は一切成長しなかったという真木の怪奇な現象。

2つの出来事が無関係だと思えない真木は、

積極的に天賀井さんに協力してくれることになります。

 

こうして、普通とは思えないおかしな天賀井さんと

10年前に奇妙な体験をした少年・真木のコンビが

10年前の出来事を探る物語が幕を開ける!

天賀井さんは案外ふつう1巻を読み終えて

タイトルが『天賀井さんは案外ふつう』なんですが

天賀井さんは、転入初日の自己紹介で

兄が撲殺事件の犯人かもってクラスメイトに笑顔で話しちゃったり

ハッキリ言って天賀井さんに『ふつう』要素は感じられない…

 

最後まで読んでも、天賀井さんから普通要素は感じられないんだけど

不思議なことに、物語を読んでいくとタイトルの通り

天賀井さんが『案外ふつう』に思えてくるんですよ…

ホントに、冗談抜きでタイトル通り『天賀井さんは案外ふつう』に思えてきます(笑)
σ(^_^;)アセアセ..

 

おかしいな…読み終えるとホントに

『天賀井さんは案外ふつう』としか表現できない…(笑)

 

タイトル通りの案外ふつうに思えてくる天賀井さんが

兄の撲殺事件の真犯人を探す『天賀井さんは案外ふつう』1巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top