食糧人類-Starving Anonymous-1巻 感想・ネタバレ注意『タイトル通りの恐ろしい世界。』

%e9%a3%9f%e6%96%99%e4%ba%ba%e9%a1%9e1kann食糧人類という不気味すぎるタイトルに、怪しげな管から何かを吸っている少年。

さらに、そのバックには人間の歯?を生やしてるけど明らかに人間ではない謎の生物の口が…

 

表紙とタイトルで読まずにはいられなくなった作品です!

 

そんな食糧人類-Starving Anonymous-1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

食糧人類1巻 感想※ネタバレ注意

地球温暖化が深刻化した時代

物語の舞台は、地球温暖化が進んだ世界。

どの程度進んでしまったかというと…

%e9%a3%9f%e6%96%99%e4%ba%ba%e9%a1%9e1%e5%b7%bb%e3%80%8010%ef%bd%90引用:食糧人類-Starving Anonymous-1巻 10p

3月にも拘らず、真夏のようなギラギラした日差しが当たり前になっているほど。

これほどまでに進行してしまった地球温暖化の影響で人間が住める場所は1/1000にまで激減してしまったという異常事態が起きています。

 

 

つまり、物語の舞台は地球温暖化で地球が壊れかけ、人類の存続も徐々に危うくなり、本当に人類がいつ滅びてもおかしくないような世界。

こんなイカレタ世界では、人間たちもイカれたことをしているわけで、主人公がイカレタ計画に巻き込まれてしまうことで物語は幕を開けます。

 

人間が飼育されている場所!?

物語の主人公となる少年・伊江(いえ)は学校の帰りにバスに乗っていたのですが、催眠ガスのようなものを吸い込み意識を失ってしまいます。

 

そして、目が覚めた時に伊江がいた場所が驚愕なんです。

%e9%a3%9f%e6%96%99%e4%ba%ba%e9%a1%9e1%e5%b7%bb%e3%80%8051%ef%bd%90引用:食糧人類-Starving Anonymous-1巻 51p

天井からぶら下がる管から怪しげな水を飲み続ける肥え太った大量の人間達

異常なまでに肥え太った人間が気持ち悪いし、全員まともな意識も既に失って考えられるのは管の水を飲む事だけ…

 

 

こんな地獄のような場所で、まともに会話が成り立つ謎2人は、この場所は『人間の飼育室』だと。

天井の管から流れる水には、体を肥え太らせる効果だけではなくて意思を奪う効果もあるようで、一度飲んでしまうと死ぬまで飲み続ける仕組みで

事実として、この場所は人間の飼育室として扱われているみたいなんです。

 

 

なぜ、地球温暖化が進んだ世界で、なぜ人間が人間を肥え太らせているのか?

嫌な予感しかしないのですが、予想をはるかに超える気色悪い展開が待ち受けていました…
(; ̄ー ̄川 アセアセ

人間を食糧にするバケモノ登場…

伊江が閉じ込められている人間の飼育室…

 

 

不気味な機械音で飼育室の扉が開かれ、そこに現れたのがとんでもなく気色悪く、見ているだけでも吐き気がしてくる生物なんです!

%e9%a3%9f%e6%96%99%e4%ba%ba%e9%a1%9e1%e5%b7%bb%e3%80%8069%ef%bd%90引用:食糧人類-Starving Anonymous-1巻 69p

現れたのは芋虫?みたいな何かしらの幼虫みたいなフォルムをしたドデカイ化物。

 

肥え太った人間が大量にいる飼育室に現れた不気味すぎる化け物は、人間を食べているわけで…

この不気味すぎる人間の飼育室の存在意義は、ドデカイ化物の幼体の餌場だったんです!

 

 

タイトルの食糧人類…

どういう意味かなと疑問に思っていたんですが、まさにタイトル通りの意味で人間が食糧でした…
( ▽|||)サー

 

 

物語としては、意識を保っていた2人の謎の少年の助言により、主人公・伊江は必死に管の水を飲んだふりをしてやり過ごし

飼育所の清掃に来た施設関係者を襲い服を奪い脱出を試みることにするのですが、この施設には化け物以外にもいろんな人体実験や生物実験が行われていて…

 

果たして、明らかにヤバすぎる組織が関係していると思われる場所から伊江は脱出することができるのか?

そして、この施設はだれが何の目的に作った場所なのか?

恐怖の施設からの脱出劇が幕を開けます!

食糧人類1巻を読み終えて

タイトル食糧人類がそのまんまの意味で恐かったし、バケモノの不気味さが気色悪かった…

昆虫全般駄目なんですけど、食糧人類の昆虫は人間が進化した?ような雰囲気もあるせいで余計駄目でした。
(;´Д`)

 

後半で出てきたデカイ昆虫?足の指が5本で人間の手みたいだったり、口に人間の歯が生えていたり、本当に人間が進化?した姿の可能性もありそうです。

バケモノの正体とか施設の存在意義など、只ならぬ組織が関係しているのは間違いないし地球温暖化を改善するためとかの理由で動いている組織だと予想!

地球温暖化って話が冒頭に出ているし、デカイ昆虫とかいれば地球温暖化改善しそうだし、人間を飼育している組織の目的が気になりますッ!
((o(> <)o))うずうずっ

 

 

先が楽しみなんですが不気味系苦手&生々しい描写苦手なので僕は1巻でギブアップですけどね…

人間の皮をあんな風に剥かれちゃ恐くて読めないです…
ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

 

 

デカイ化物に、食糧として育てられている人間…

怪しすぎる謎の施設から伊江たちは脱出することはできるのか?

そして、この施設の目的はいったい何なのか?

 

恐怖の施設からの脱出劇が描かれる食糧人類1巻の感想でした!
ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top