食戟のソーマ20巻 感想『悩むえりなを救うのはソーマの料理!?』ネタバレ注意

どうもぉ~りょうです♪
(。+・`ω・´)キリッ

 

今回は食戟のソーマ20巻!

食戟のソーマ 20

20巻の表紙は幼い頃のえりな。

味に絶望し続ける日々を送っていた頃のえりなが城一郎と出会ったときのシーン。たぶん

 

幼い頃のえりなってのが薊の教育(洗脳)以前から結構厳しい生活送ってたみたいだし

知れば知るほどに、えりなは大変な人生を送ってきているなぁって感じた…

 

 

それでは、食戟のソーマ20巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

食戟のソーマ20巻の感想

薊総裁にたてつく者達への警告!

ソーマを食戟で負かし、遠月学園十傑第1席の圧倒的な実力を見せつけた司。

 

そんな、名実ともに遠月学園現役ナンバー1と言って過言ではない司が

全校生徒へ向けての放送にて…

食戟のソーマ20巻 69p食戟のソーマ20巻 69p

『薊総帥の方針に従おうとしない生徒に関しては どうなるか理解してもらえるって思う』

 

現状からもニュアンス的にも完全に学園から追い出されるって意味で

本格的に動き出した薊総裁の方針に従わない者達へ警告を出すわけです。

 

 

薊総裁の方針ってのは、全員が同じレベルに到達できるようにするという聞こえは良い方針なんだけど

その実、才能のない料理人に個性を殺させ、自分で料理を創作するなって事なんです。

 

これに対し、料理人として独創性を捨ててしまったら料理人の意味がないと

ソーマたち極星寮や、一部の生徒は反発しているわけで

遠月学園内で薊総裁派と反薊総裁派が争っているというのが現状。

 

 

どちらの言い分も間違っていないというか、できれば両方の道があっていいと思うんだけど

薊総裁は才能のない料理人がオリジナルの料理を創ることに嫌悪しているみたいで

完全にどちらかを選べッていう状況なんですよね。

 

才能がないから作るなってのは横暴すぎるとは思うけど

実際、これまでの遠月の実力優先のやり方は、こぼれてしまう人が多かった実状を考えると

ソーマ達みたいに才能の有る料理人以外でも、それなりの料理が作れるようになる薊総裁のやり方は間違ってない気もするんだよね。

 

 

うーん…

最低限の料理を作れるようになるまで薊総裁のやり方で

3年になったらオリジナル料理の創作を認めるくらいのやり方が1番まともな気はするかな。

そうすれば誰もが幸せない気がする。

 

悩むえりなを救うのはソーマの料理!?

父である薊のやり方が正しいのか?

それとも、幼い頃に出会ったソーマの父・城一郎のような自由な料理こそが正しいのか?

 

父のやり方に疑問を抱くもそれが間違いだとは言えずソーマたちの元に身を寄せていた、えりなが

城一郎の息子であり、『ゆきひら』の味を受け継いでいるソーマの料理を食べたことで

自分が本当にしたかった料理を思い出すことになるんだけど、その際のえりなが…

食戟のソーマ20巻 145p食戟のソーマ20巻 145p

ソーマの作った独創性あふれる料理を食べたえりなは

幼い頃に思い描いていた自分のなりたい料理人像を想いだし涙するっていうね。
(ノ_-。)

 

 

えりなが思い描いていたのは完璧な料理ではなくて、行き着く先が分からなくても冒険する料理。

完成された味を作るのではなく、味を追求していく…そんな料理をしたい!

 

 

薊に洗脳まがいの事をされ忘れていた自分の目指す料理人像を思い出し

ハッキリと父である薊の道は自分の進みたい、進むべき道とは違うと。

 

これまで、悩み続けていたえりながソーマの料理で心を決め

ついに父・薊と決別することを選んだわけです!

 

食戟のソーマ20巻を読み終えて

悩んでいるヒロイン・えりなを主人公・ソーマが料理で救う形に!

めっちゃ料理漫画らしい展開だけど、料理対決が多かった食戟のソーマだと珍しい展開ですかね?

 

とりあえず言えるのは、とにかく感動的過ぎる展開だったってこと。

悩むも答えを出せずに逃げていたえりながついに自分で答えを出せた!

これだけでも素晴らしい展開なのに、そのきっかけがソーマの料理ってのがまたね…
感(┳∧┳)動

 

 

えりなが自分の意思で父・薊に反発することを選んだことで

これから始める進級試験がどう展開されていくのか?

 

薊総裁派はソーマ達を完全に退学に追い込むつもりだろうけど

えりなや一色さん以外にも、十傑で薊総裁のやり方に反発している人はいるし

薊総裁派と反薊総裁派の争いは進級試験で大方決着が付きそうな予感!

 

 

そうなってくると、進級試験はめちゃくちゃ熱い展開になるだろうから楽しみです♪

えりなが父に反抗することを選んだ食戟のソーマ20巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top