食戟のソーマ14巻の感想と考察!四宮研修編完結!そして、十傑勢揃い!

食戟のソーマ14巻

食戟のソーマ14巻が発売開始!

 

表紙は、元十傑の第1席の卒業生・四宮小次郎と主人公ソーマが飾っていて

物語が繰り広げられている遠月学園の研修学課の最中って感じ(^^♪

 

前回の1年最強の座を決める食戟では

スペシャリテの差で負けてしまったソーマは

この研修でスペシャリテへの道を開くことはできるのか!?

 

食戟のソーマ14巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

食戟のソーマ14巻の感想※ネタバレ注意

 
元第1席・四宮小次郎
自分だけの料理、スペシャリテを作れるように励んでいたソーマが

遠月学園の研修授業で、向かわされたのが

オレ様系の四宮小次郎の元。

 

四宮は元第1席の卒業生っていうこともあって

態度もでかいけど、そのデカイ態度に見合った実力を持っている本物の実力者なんです!

食戟のソーマ14巻 スペシャリテへの道

そんな実力者の四宮がソーマに、

自分の仕事についてこれたなら、お前は必ずスペシャリテに近づけると言い放ち

過酷な研修が始まるわけです。

 

 

久しぶりに四宮さん出てきたけど

デカイ態度は、あい変わらず(笑)

 

ソーマとの食戟で柔らかくはなってるみたいだけど

それでも、本質は自信満々でオレ様全開だし

俺についてこれたらスペシャリテに近づけるってw

 

実績もあるからなんだろうけど

ここまで自信満々だと、心折られた姿が見たくなっちゃうよね?( ̄m ̄* )ムフッ♪

 
四宮がフランス料理に進んだ理由
今となっては、超オレ様系の四宮シェフだけど

幼いころの回想で

この人がフランス料理の道を選んだ理由が意外すぎて…(;^_^A

食戟のソーマ14巻 四宮幼少期

∑(; ̄□ ̄A アセアセ

お母さんを喜ばせるためにフランス料理の道に進んだって

めちゃくちゃ良い子じゃないですか…

 

最初に登場した時ってめちゃくちゃ嫌な奴で

今なお超絶オレ様系のキャラだけど

根はやさしい良い子なんだなぁ( ̄∇ ̄*)

 

ただ、こんな可愛らしい笑顔の子が

どういう人生を歩んで、超オレ様になってしまったんだろう?

スピンオフが必要だな(笑)

 
研修授業を乗り切ったソーマ!
四宮シェフの元で、研修を乗り切ったソーマ。

 

たったの5日間と短い期間だったけど

一流のシェフの元で働いたことで、多くのことを学び

これまで気づけていなかった事に気づきスペシャリテへの道が開くんです!
食戟のソーマ ソーマのスペシャリテこれまでは、親父の料理を参考に料理をしてきたソーマだけど

スペシャリテを作るには、

自分自身が歩み経験してきたことを詰め込むことが必要なことに気づき

新しい”ゆきひら”の料理を作り始める!

 

明確に進む方向性が見えてきたし

ここからは、様々な経験を積んでいきながら

戦った人たちの技術や、経験を取り入れて更なる高みを目指す展開になりそうだし

熱い展開が続きそうですね!

 
遠月学園の頂点!十傑が遂に!
謎に包まれていた遠月学園の頂点に立つ10人、十傑のメンバーたちが遂に勢揃い

食戟のソーマ14巻 十傑

この威圧感バリバリのメンバー+えりなっていうのが

現役の十傑で、遠月の頂点に立っている10人!

 

全員個性豊かっていうか

個性が強烈すぎるメンバー揃い

流石は遠月の頂点に立つ奴らって感じΣ( ̄□ ̄)

 

十傑が揃ったってことは

ここから、ソーマが挑んでいくことになりそうだけど

スペシャリテの扉を開いたばかりのソーマがどこまで食らいつけるのか?

 

熱い新展開に発展していきそうなところで

食戟のソーマ14巻は終わり~

食戟のソーマ14巻の全体感想

四宮の元での研修を乗り切ったソーマが

遂にスペシャリテを作るために必要なことを理解したことで

徐々にだけど、確実に料理人としての高みに!

 

遠月学園の現役・十傑も登場したし

ここからは、これまでよりもより強い敵と戦って

戦うことで、相手の良さを吸収しつつ

自分だけの料理・スペシャリテに技術を加えていくってことになりそうで

戦えば戦うほどにソーマの実力が向上していきそう(*”ー”*)フフッ♪

 

 

研修編も終わり、十傑が登場し

次巻15巻からは新章が始まる展開なので

新たな展開が楽しみな食戟のソーマ14巻の感想でした!

(´∀`*)ノシ バイバイ

 

次巻の食戟のソーマ15巻の感想はこちらです!

食戟のソーマ15巻の感想※ネタバレ注意!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top