進撃の巨人18巻の感想!人類vs巨人共!生き残りを賭けたシガンシナ決戦開幕!

進撃の巨人18巻物語は、遂にエレンの父・グリシャの遺産が眠る始まりの町シガンシナ区へ!

しかし、そこには座標の力を持ったエレンを待ち受けているアイツらが待ち構えているわけで…

進撃の巨人18巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

進撃の巨人18巻の感想※ネタバレ注意!

エレンの父・グリシャの目的?

巨人の力によりエレンに受け継がれた父・グリシャの記憶。

受け継がれた父の記憶の中で、父が最後にあっていた調査兵団所属の謎の男の正体が、訓練兵団教官シャーディスであることを突き止めたエレン達・調査兵団は話を聞きに向かい

調査兵団に詰め寄られたシャーディスは『何も知らない 結論から言えばな』と切り出し、グリシャとの思い出話を語り始めます。

 

この思い出話でこれまで、レイス家を皆殺しにしようとしたりと、壁を滅ぼしてもいいと考えるライナー達の仲間なのかなと思っていたグリシャの印象が大きく変わることになりました。

それは、シャーディスとグリシャの酒場で会話の中…

進撃の巨人18巻 15p進撃の巨人18巻 15p

『この壁の中は平和なんだな…少なくとも巨人に怯えて生きているわけではない…よかった』

エレンの父・グリシャはライナー達とは違って、この壁を救いに来ている印象を受けるんです。

だからこそ、貧富の差こそあるけれど『平和でよかった』と言えるのであって、ライナー達みたいに復讐に近い感情を持っているとは思えないんですよ。

もしグリシャが壁を攻撃しに来たのが…壁の人々を殺すのが目的であれば、壁の中で平和に暮らしている人たちに苛立ちを見せるはずですから。

 

そしてもう一つ、グリシャの『少なくとも巨人に怯えて生きているわけではない』という発言から分かるのは、この壁以外の場所では巨人に怯えて生きている人達もいるっていうことが分かります。

他の場所で巨人に怯えながら生きている人たちを見てきたからこそ、この壁の中で平和に暮らす人々を見ながら、ホッとしたかのように『…よかった』って言えるんだと思うんです。

 

結局のところシャーディスは、グリシャがこの壁にやってきた理由も知らず、どこからやってきたのかすらも知らず…

本当に『何も知らない』かったので、思い出話が物語に直接何かを関係するという事はなかったです。

しかし、グリシャの思想からは、ライナー達の思想とは大きな違いを感じるので、彼らは違う場所からやってきた可能性が高く、壁外には様々な集落?が存在している可能性が高そう。

 

やはり物語の行方を左右するのは、エレンの実家の地下に眠っているグリシャの遺産。

シガンシナ区奪還作戦!

シャーディスに話を聞いたのちに、グリシャが壁外からやってきたことが濃厚だと感じた調査兵団。

何処から情報が洩れるか分からない状況で、少しでも早くグリシャの遺産が眠るシガンシナ区を奪還すべくエレンの硬質化を使った奪還作戦を決行します!

そして…

進撃の巨人18巻 147p進撃の巨人18巻 147p

エレンが新たに得た硬質化の力を使って、数十メートルはありそうな壁の穴をふさぐことに成功!

まだまだ力を使いこなせていないという事もあって、無様としか言いようがない壁になってしまってはいるけど、穴を塞ぐことは成功!

 

今回の成功から、ハンジさんやアルミンが予想していたように、壁は巨人のチカラによって生み出されたものだったのが間違いなさそう。

まぁ超大型の巨人が壁に入っていた時点で、ほぼほぼ間違いない状況でしたけど…(笑)

 

人類vs巨人共!生き残りを賭けた戦い!

なにわともあれ、エレンの力でシガンシナ区に外からの巨人が入ってこれない状況を作ったわけでこれで一件落着…とはならないですよね。

だって、エレンが受け継いでいるレイス家の『座標』と呼ばれている力を狙っている者達は、遅かれ早かれシガンシナ区に調査兵団が…エレンが来るのは知っていたのですから。

 

ライナー達は獣の巨人と共に、調査兵団がエレンを連れてくるのを待ち伏せていたわけです。

しかし、この巨人たちの待ち伏せは調査兵団も想定していたわけで…

進撃の巨人18巻 185p進撃の巨人18巻 185p

『我々は互いに望んでいる ここで決着を付けようと 人類と巨人共 どちらが生き残り どちらが死ぬか』

お互いが互いに決着をつけることを望み、総力を持って戦いが始まるわけです!

 

果たして生き残るのはどちらなのか?

そして、人類が手に入れた唯一の巨人化の薬は誰が使うことになるのか?

想像しただけで、心躍る戦いが幕を開けたところで進撃の巨人18巻は終わりです!

進撃の巨人18巻を読み終えて

物語が一気に加速して、熱すぎる展開で18巻は終わりました!

次巻予告で調査兵団の新装備みたいなのもの紹介されているし、19巻は調査兵団vs3体の知能を持った巨人という事もあって、想像するだけでも心躍りますよね♪

早くも19巻の発売日の4月8日が楽しみです!
((o(∇^*o)ワクワク(o*^∇)o))

 

18巻は、シャーディスがした『何もしらない』と言いつつ話してくれたグリシャとの話が考えさせられるところですね。

グリシャの発言を深読みしてみると、壁の外の世界が何となく見えてくる気がしますし。

まぁ情報が足りな過ぎて、壁外の状況を確定的になるような発言はなかったのですが、予想するという意味では非常に楽しめる発言が多かったと思います。
♪(* ̄∇ ̄)

 

19巻が楽しみ過ぎる進撃の巨人18巻の感想でした!
o( ̄∇ ̄o)グッ!!(∇ ̄ )クル(  )クル(  ̄∇)クル(o ̄∇ ̄)ノバーイ

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top