不死の猟犬3巻の感想と考察!腐れビッチ白雪姫とRDSの謎!

不死の猟犬3巻

寿命以外では死なない人間が大多数を占める世界が舞台の不死の猟犬。

不死のルビは”しなず”なので、『しなずのりょうけん』ってタイトルになっています。

 

3巻では、表紙を飾っているRDSを積極的に拡散させているベクター・白雪姫を巡り

警察組織の剣崎達と、逃がし屋のリン達がぶつかることに!

果たして、白雪姫を確保するのはどっちなのか!?

 

不死の猟犬3巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

不死の猟犬3巻の感想※ネタバレ注意

ちょっとイカレ気味のベクター白雪姫
愛させることで感染するRDSを大量に拡散しているベクターの白雪姫。

この子がRDSに感染させるときに取っていた行動がこちら。

不死の猟犬3巻 白雪姫のRDSセッ○スすることで男をRDSに感染させていたらしくて

結局は、男の愛はセッ○スでその価値は見た目で決まると

なかなかイカレた答えにたどり着いた模様σ(^_^;)アセアセ..

 

愛させることで感染させるRDSを男性39人に感染させてるわけだから

白雪姫の考えが正しいっていうか、あながち間違って事になるんだろうけど

なかなかイカレてて、こっちの世界に来て以来ぶっ壊れちゃってる印象(;´д`)

 

白雪姫って名乗っているけど

もはや”白”要素が一切ないと言っても過言ではないほどに、真っ黒なビッチさんだもの(笑)

 

 

 

そんなビッチ姫なんだけど

物語で重要になってきそうな発言も口にしていて…

不死の猟犬3巻 白雪姫

向うでも愛が数字で見えたら何も悩まずに済んだのにって

人間が死ぬのが当たり前の世界では何かに悩んでいたみたいな発言。

 

これまでは、あんまり向うの世界は語られていないけど

ベクターたちは望んでこっちの世界に来ているとも捉えられる発言で

向うの世界で悩んでいた人や、不死の力がほしかった人たちが率先し

自らの意志でこの世界にやってきている可能性が高くなりましたね。

 

こっちの世界が作られた世界って可能性は高めで

予想以上にドロドロしている世界になっていそうな展開!

今後に期待が持てますね!((o(∇^*o)ワクワク(o*^∇)o))

 

 
RDSの1つの真実
RDSと呼ばれている死なない人たちが死ぬようになるウイルス?を感染させていた白雪姫は

不死の猟犬こと剣崎の活躍によって、捕まってしまうんだけど

その際にちょっとショックな真実が発覚

不死の猟犬3巻 RDSの謎39人もの人をRDSに感染させた白雪姫の口から

妻子持ちとは何度やっても誰一人感染しなかったという事が明らかに

つまり、リア充ならRDSに感染せずに生き残れるっていうことですね…

|||(-_-;)||||||どよ~ん

 

死なないのが当たり前の世界だけど

このことが明らかになったら、かなり怖い世界になるよね。

リア充までの道のりには、RDSを感染させたくて

うずうずしているベクター達が待ち構えているわけだから(笑)

 

不死の猟犬3巻の全体感想

3巻で重要になりそうなのがRDS関連で子持ちの人は感染しないっていう真実。

 

これまでにRDSは死なない人間がベクターを愛すると感染すると言われているんだから

ベクターの親玉に当たる逃がし屋のリン達の目的は、この世界の死なない人間を滅ぼすことであり

新たに死なない人間を作らせない為にRDSを広めている可能性が出てたわけで

本格的にこっちの世界を壊そうとしている可能性もありますね。

予想以上に規模がデカイ…(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

 

3巻では、リンが仲間に叫んでいるシーンで気になる発言も。

不死の猟犬3巻 凜

 

今更”死”を押し付けるって発言から考えると

この死なないのが当たり前の世界を作ったのが、向うの世界の人たちで

なにかしらの不都合が起こったから、この世界を壊そうとしているっていうことなのかな?

 

でも、こっちの世界の人間は不死だし

間違って世界がつながって、戦争にでも発展したら勝ち目はなさそうな気が…(;’∀’)

その為のRDSなのかな?

 

なんだかんだで、徐々に世界の全体が見えてきたけど

かなり大変な展開が待ち受けているのは間違いなさそうだし

ここからの展開が一層楽しみになってきました!

ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

 

 

いったい”こっちの世界”と”向うの世界”がどういう風な関係性で

物語がどういう風に終わりを迎えるのか!?

先が気になる不死の猟犬3巻の感想でした!

(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top