渋谷金魚2巻の感想『人食金魚を家庭用品で薙ぎ払う渋谷の貂』ネタバレ注意

渋谷金魚2巻渋谷に突如現れた人食金魚から生き延びるために戦う人たちを描いた物語。

1巻ではシーズン1が幕を閉じ、シーズン2の主人公はホームレスの少年・渋谷の貂。

 

貂は自衛隊のヘリコプターすら飲み込む人食金魚を家庭用品で薙ぎ払える戦闘力を持っている少年ですw

 

それでは、渋谷金魚2巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

渋谷金魚2巻の感想

シーズン2の主人公・貂

少年とアイドルの物語が展開されたシーズン1が終わり、物語はシーズン2へ。

 

シーズン2の物語の主人公となるのは、渋谷の貂(てん)の通り名を持つホームレス。

貂は渋谷で凄い凶暴なホームレスと知られ、一部では都市伝説化している狂人であり、血と人肉が好物という噂やヤクザ100人を殺したなど物騒な噂が多々あるみたい。

 

その貂が人食金魚に占拠された渋谷で戦っていくわけですが…

渋谷金魚2巻 113p引用:渋谷金魚2巻 113p

1巻では自衛隊とか、ヘリコプターとかがド派手にやられていましたが、貂は家庭用品で人食金魚をなぎ倒しまくれる戦闘力の持ち主でした。

 

ホームレスってこともあってか協調性に欠けるし、ヒトと助け合いってのを好まないというか…

とりあえず、戦う能力は高いけど、人助けは好き好んでしないというか人を頼りにする人が嫌いっていうヒトみたいです。

 

ちなみに、100匹近くいた人食金魚を全滅させて、貂は普通に生き延びて物語は進んでいきます。

奇跡の生還

渋谷金魚は『シーズン』で分けて、貂の物語であるシーズン2もサクッと終わるのかと思いきや衝撃の展開が待ち受けていました。

 

予想だにしなかったというか、本当に衝撃的だったのが…

171p貂『お前らに水と食料 好きなだけ分けてやるよ』

引用:渋谷金魚2巻 171p

1巻で繰り広げられたシーズン1で死んだと思われていた2人が生存しており、貂と合流。

てっきり、2人は金魚に食べられて死んだものだとばかり思っていたのですが、生き延びていたようです。

 

奇跡的に生き延びて下水道に逃げ込んでいた2人が貂と出会い、貂の頼みを聞く代わりに食料と貂の仲間たちがいる場所に連れて行ってもらえることになるという展開。

 

『シーズン 』って告知がなかったけど、今は3なのかな?

 

意外に物知りな貂

助けてもらった2人は貂に付いていったのですが、やはり貂は自分に甘えてくる人があまり好きではないようで

貂の2人への頼み事は『ここで残らず食われて金魚の糞と化せ』という、実質的に死ねという内容でした。

181p貂『ポンポンパールか…変わり種だな…この辺りの分布は

それだけここら辺が”遠い”ってことか…』

引用:渋谷金魚2巻 181p

武器も持たずに大量の人食金魚の前に放り出されてしまった2人。

果たして2人は無事に生き延びることが出来るのか?っていうところで渋谷金魚2巻は終わりでした。

 

貂に2人がハメられてしまうという展開ですが、貂は現状の渋谷についていろいろと知っている模様。

金魚の種類を観て『ここら辺が”遠い”』とか謎の発言もしているし、2人よりは渋谷の現状を知っているのは間違いなさそう。

 

生き延びる為には貂に認めてもらって、仲間にしてもらえるのかが重要になりそう。

あとは金魚に関する知識とか…(笑)

 

渋谷金魚2巻を読み終えて

1巻で金魚の群れに囲まれた2人が死んだものだとばかり思っていたのですが、どうやら生きていようです。

そこまで思い入れなかったので、死んでても良かったんですけどね(笑)

生き延びたって事で、今後の2人の活躍に期待です。

 

物語の今後の展開としては貂と共に戦っていくって事になるのは間違いなさそう。

貂の仲間は確実に存在しているようだし、何かしらの作戦を決行しようとしているので渋谷の金魚掃討作戦でも始まるのかな?

とりあえず、貂の仲間や彼らが実行しようとしている作戦内容が気になるところ。

 

 

全体的にサクサク進む分にはいいんだけど、1番気になっているのが今の物語が『シーズン2』なのか?

それとも『シーズン3』なのか?っていうところ。

どうでもいいと言えばどうでもいいんだけど、『シーズン』って分け方をしているので現状シーズン何なの?ってのは気になっちゃいますよね(笑)

 

貂に認めてもらい仲間にしてもらえるんだろうけど、この状況をどう乗り越えるのか?

先の展開が気になる渋谷金魚2巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

 

渋谷金魚の感想記事一覧はこちらです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top