サポルト!1巻 感想・ネタバレ注意『熱すぎる熱狂サポーターたち!』

%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%881%e5%b7%bb

女子高生の少女たちが、マネージャーではなくてプロサッカーのサポーターという、かなり変わった視点を描くサポルト!

ゴール裏とか、熱狂的なサポーターに交じって応援したりするわけですが、意外に熱い物語です!

 

サポーター魂が熱かった、サポルト!1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

サポルト!1巻の感想

花子と風夏の出会い!

物語のヒロインは、自分の住む町の良いところを見つけることができず、自分の住む町を嫌っている高校生・室町花子(むろまち はなこ)。

 

花子の住む町は、決して悪いまちではなさそうだけど、高校生にとってはさびれた駅や人気のなさすぎる街並みが受け入れがたいみたいで

大学は東京に進学して、カフェとかパンケーキ巡りを夢見ているという、典型的な東京かぶれって印象をうけます。

 

 

そんな花子が同じ高校に通う派手目の女子生徒・佐橋風夏(さはし ふうか)に、とんでもない絡まれかたをすることで、花子の自分のまちへの印象が変わっていくことになります。

saporuto1%e5%b7%bb%e3%80%8010%ef%bd%90

風夏『その制服木更津商業じゃん?アタシもサラショー だからこのチャリ貸してくんね?』

引用:サポルト!1巻 11p

ヤンキー風の風夏にチャリンコカツアゲされかけた花子はチャリを取られまいと必死に抵抗。

その結果、『オメーごと借りるわ‼』と強引すぎる決定を下され、風夏が向かう場所を聞かされることもなく強引に連れ去られます。

 

こうして、花子が偶然出会った風夏に強引に連れていかれた場所というのが、サブタイトルの『木更津女子サポ応援記』から想像できるようにサッカー場なわけです。

溢れる好きという気持ち!

全然興味がないサッカースタジアムに連れてこられた花子。

風夏の圧に気圧され、観たくもないサッカー試合を観戦させられることになります。

それもゴール裏っていう熱血サポーターが陣取る場所で…

 

 

こうして、成り行きで熱血サポーターたちに紛れゴール裏でサッカーを観戦するハメになってしまった花子ですが

試合が始まりサポーターたちのボルテージが上がっていくにつれて、花子は感じることがあるんです!

%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%88%ef%bc%811%e5%b7%bb%e3%80%8035%ef%bd%90引用:サポルト!1巻 35p

これまで、何も無い街だと思い込み大嫌いでしかたなかった地元だけど、ここではサポーター達が純粋な気持ちで地元のチームを応援している…

確かにこのスタジアムは好きって気持ちで溢れているんです‼

 

 

花子は自分の街をさびれた街だと嫌っていたけど、さびれているどころか熱気にあふれている場所もあったわけ!

この町が大嫌いで大学は東京に行きたいと言いつつも、やっぱり心の隅では地元を好きでいたいっていう気持ちがあったのか、スタジアムでの地元愛を感じた花子は、風夏と共にサポーターとして活動を開始‼

 

いつからか地元が嫌いだと思うようになっていた花子が、再び地元を好きだと言える日が来るのか?

ひょんなことで始まったサポーター活動が花子に何をもたらすのかが楽しみです♪

熱すぎるサポーター魂!

花子をサポーターの世界に引き込んだ風夏ですが、この子がとにかく熱いです。

応援しているチームへの愛の深さもそうなんだけど、全体的にサポーター魂が熱かった!

 

『世界一アキらめの悪い場所 それがゴール裏だろ‼』っていう、サポーターならではの名言もググッと来たんだけど、1番ヤバかったのがこのシーン!

%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%88%ef%bc%811%e5%b7%bb%e3%80%8077%ef%bd%90風夏『動機も出身も 年齢も性別も 人種も関係ねぇ

このクラブが好き ここにそれがありゃいーんだよ!』

引用:サポルト!1巻 77p

どこ出身の誰で、どんな動機だろうが、クラブを想う確かな心があればそれだけで仲間だって!

とにかく熱すぎるし、カッコよすぎますよね!?

 

これがサポーター魂なのかッ!?

サポーターってこんなに熱い想いで応援している人達だったのか…!?

ゴール裏に熱狂的なサポーターが集まっているのは知っていたけど、ここまでの覚悟でやっていたとは想像もしなかった。

 

 

今後も、熱い花子のサポーター魂に期待です!(笑)

サポルト!1巻を読み終えて

サッカーのマネージャーとかではなくて、完全なプロサッカーのサポーターを描く物語です。

 

サポーターっていうのは聞いたことがあるけど、あんまり詳しくないし興味もなかったけれど

読んでいて応援しているチームのゴールが決まった時の喜びは確かに伝わってくるし、逆にゴールを決められた時のガッカリ感も伝わってきました。

あとはアウェーの恐ろしさも…(笑)

 

 

にしても、ゴール裏っていうのは熱狂的なサポーターが集まっているのはわかっていたけど、ここまで熱狂的だとは思わなかった…

平日にも応援するとなると、相当の覚悟が必要だし、本当に熱狂的っていう表現がぴったりの熱い人たちだと思った。

 

 

果たして、花子と風夏は熱狂的なサッカーサポーター達と触れ合い何を見出すのか?

ゴール裏っていう閉鎖気味の空間を描くサポルト!1巻でした!
(* ̄ー ̄*)/~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★”

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top