咲-saki-14巻の感想と考察!副将戦決着と和覚醒の時!?

咲-saki-14巻

全国大会編の準決勝・副将戦の咲-saki-14巻が本日発売!

ちなみに、表紙を飾っているのは

トブ寸前の有珠山・副将の真屋由暉子(まや ゆきこ)。

 

物語は副将戦っていうことで

今回活躍する清澄メンバーは完全理論派・デジタル麻雀の和

超能力持ち揃いの臨海女子相手に不安だけど

活躍に期待したいですね( ̄∇ ̄*)

 

それでは、咲-saki-14巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

咲-saki-14巻の感想※ネタバレ注意

副将戦に臨む和

物語は全国大会の副将戦。

 

清澄いつも通り和が副将を務めるわけで

オカルト嫌い&超能力信じずの合理的な打ち方で完全理論派と呼ばれる麻雀を打つ事からも

超能力持ちの海外勢で構成されている臨海女子にフルボッコにされるかと思ったけど

咲-saki-14巻 和vs臨界

いつも通りの合理的な麻雀で

相手の能力に対策することなく、無難な打ちで副将戦を乗り切り。

ε=( ̄。 ̄;)フゥ

 

14巻まで物語が進んでも和って

強いのか弱いのかイマイチ分からない…

 

超能力持ちのキャラに比べると

明らかに見劣りはするけど、なんだかんだで大きな負けはないし

全国大会でも副将戦を戦い抜けてるっていう実績を考えると

やっぱり、強いのかな?

 

ネットでも最強の称号持ってたし

今後の超能力との戦いも注目せざるを得ない感じだよね。

なぜか気になるエトペンさんの物語(笑)

エトペンっていうのは

いつも和が抱えているペンギンの”ぬいぐるみ”のことで

なんかのキャラクターっていう設定。

 

全国大会の副将戦・前半終了後の休憩時間で

有珠山の真屋由暉子(まや ゆきこ)と気になるやり取りがこちら(笑)

咲-saki-14巻 和と有珠山

 

子供向けの絵本っていうことだろうけど

話を聞く限りだと、実在する鳥の種類・エトピリカと

エトペンが、何かしらの目的で争っている物語みたい?

 

子供の頃はペンギンを応援してたけど

ユキちゃん曰く、今になって読むと『ペンギンのエゴを感じる』とか言ってるし

物語に全然関係ないけど

エトペンの物語が気になってしまった(;’∀’)

 

 

ちなみに、エトピリカっていうのは

こんな鳥です。

etopirika2

可愛い(* ̄∇ ̄*)

 

なんだろう…

エトペンとエトピリカが何を目的に争ってたのか?

 

一番ありそうなのが縄張り争いだろうけど

そうなってくると、結構生々しいエグイ戦いが繰り広げられてそうだし…

考えれば考えるほど、エトペンの物語の内容が気になってしまう( ̄▽ ̄;)

 

和がさらに強くなる伏線的なやり取り!

なんだかんだで、トブ寸前だった有珠山も生き残り

物語は、大将戦へ進むんだけど

副将戦で有珠山のユキちゃんが左手を使ったことで、和が覚醒しそうな伏線が!

咲-saki-14巻 和伏線

そもそも、和は左利きらしいけど

周りに流されたり、右手で打つ人が多かったことからも

何となく左手はダメだと思い、利き腕と逆の右手で打っていたらしい。

 

和は過去に、ネットのデジタル牌と現実の牌の差に

躓いていたこともあって

これからは左手で打つことで強くなるってことはありそう!

 

いまひとつ強さがわかりにくいし

左手を使うことで、もっとわかりやすい強さに成長してほしい(笑)

 

咲-saki-14巻の全体感想

デジタル麻雀の和が無事に副将戦を乗り切り

物語は、遂に準決勝の大将戦へ!

次巻15巻では、主人公で清澄の大将を務める嶺上使い咲ちゃんの登場ってことで

早くも次巻が楽しみです!

((o(> <)o))うずうずっ

 

 

物語的に、主人公っていうこともあって

決勝進出するのは清澄と、もう1校っていう流れだけど

流れ的に言うと、無難に海外勢抱えている臨海女子になるのかな?

咲-saki-14巻 大将戦スタート

 

大将戦のメンバーもドギつい印象に残るコスプレで

他の2人とは、存在感が全然違うってこともあるし

これまでの話でも強キャラ揃いっていうことになっているから

こっちサイドは、清澄と臨海女子が決勝進出

決勝戦は、清澄(主人公)・阿知賀(スピオフ主役)・白糸(姉)・臨海女子(濃いキャラ大量)が有力かな。

 

次巻から準決勝の大将戦だけど

スピード感ある対局が多い漫画だから、15巻で大将戦が決着して

サクサクと決勝戦が始まるかもしれないですね!

 

準決勝も大将戦開始っていうことでクライマックスで

大将戦が始まれば、物語自体もクライマックスかもしれないし

進めば進むほどに目が離せなくなる咲-saki-14巻の感想でした!

(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

咲-saki-15巻の感想はこちらです。

咲-saki-15巻感想!Bサイド決勝戦の行方!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“咲-saki-14巻の感想と考察!副将戦決着と和覚醒の時!?” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    和が強いかどうかわからないって、麻雀知ってるの?つーか咲詳しく読んだ?様々な能力使いがいる中で圧倒的理論とデジタルで能力使いと渡り合ってる時点でかなり強いだろう。きちんと上がって能力使いを上回ることもある。デジタルだから大きな賭けもしないし、綺麗に降りる。でもその一見じみで目立たない強さが「デジタル」で、ヒロイン級の和にそれを貫かせていることが、能力で爆発する咲との対比ですっごいうまく描かれているのにパッとしないから強いかわからないとか、1巻から読み直してこい。

    • りょう より:

      マジメな話をすると、デジタル論の根底は『運は平等(確立は一定である)』っていうのが前提ですが
      それを無視できるキャラがいるのに、デジタル論を完璧にこなすから強いってのは間違っていますよ。
      言ってしまえば、デジタル論の根底を破壊できる人たちが存在している世界なので。

      そういう、普通の世界の確立を無視する能力者たちが存在しているのが咲-saki-って漫画なのに
      確立を無視した能力者たちと戦っていない和が強いって断言する根拠はなんですか?
      デジタル論で言ったら衣とか大星のテンパイ減速相手に全部降りるっていうことになっちゃいますけど理解できてますよね?
      ダブリーデフォの大星さん対してなんて、勝ち目ゼロなんですが(笑)

      確率無視の超能力麻雀の咲-saki-って世界だからこそ
      確立重視のデジタル打ちである和が強いかわからないっていうのは、多くの読者が抱いている疑問ですから。
      あなたは世界観をしっかりと理解して漫画を読むっていうのを心掛けたほうが良いですよ^^

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top