ReLIFEリライフ1巻感想!27歳ニートが高校生活で根性を鍛えなおす!?

ReLIFE1巻27歳のニートが、

リライフという怪しげな更生プログラムに参加し

27歳でありながら、再び1年間高校生活を送る事で

どう変われるのかが気になる物語です!

 

ReLIFEリライフ1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ReLIFEリライフ1巻の感想

ニートを構成する怪しすぎるプログラム!?

物語の主人公は海崎新太(かいざき あらた)。

新太は2浪+院卒の経歴で、現在就職活動中の27歳。

 

就業意欲はあるんだけど…

ReLIFE1巻 4pReLIFE1巻 4p

大学卒業後に入社した会社を3か月で退社してしまい

その経歴が後を引く形になり

なかなか就職先が見つからず、俗にいうニート状況

 

おまけに、この現状を素直に打ち明けられる友達もおらず

決まった職もなければ、夢も、目標も抱けない…

先の見えない不安な状況で、

これからの生活や人生への不安を抱えながら1人、生活を送っています。

 

 

そんな先が見えない現状に

不安を抱えながら生活を送っている新太の元を突然訪れたのが

リライフ研究所という明らかに怪しげな研究施設の職員を名乗る夜明了(よあけ りょう)。

 

そんな怪しいとしか言いようのない夜明が新の元を訪れた理由は

新太がニート更生プログラム『リライフ』の被験者に選ばれたからであり

このプログラムは具体的に何をするモノなのかというと…

ReKIFE1巻 28pReLIFE1巻 28p

『この春から1年間 高校生になって高校に行っていただきたいんです』

27歳の新太に高校生として1年間を過ごしてほしいとのこと…
Σ(´∀`;)

 

27歳の新太が高校生なんて普通に考えれば無理なんだけど

夜明の所属している組織は尋常じゃないレベルの科学力を持っているようで

組織が開発した薬を飲めば見た目は高校生ぐらいに若返るという

某黒ずくめの組織顔負けの技術力を持っているんです(笑)

 

一時は怪しすぎる夜明の提案を断ろうとした新太だけど

先行きが見えない不安過ぎる現状や

結果次第では被験後に就職先を用意するなど

今の新太にとっては至れり尽くせりの待遇なわけで…

 

なんだかんだで新太は夜明の提案に乗り

リライフ研究所と名乗る怪しすぎる謎の組織の

ニート更生プログラムの被験者として、

高校生としての1年間を送る事になることで物語が幕を開けます。

10歳の年の差を感じさせない対人スキル!?

怪しすぎるニート更生プログラム・リライフに参加することになり

27歳でありながら再び高校生活を送ることになった新太。

 

最初こそリライフに乗り気じゃなかったり

10歳も年が離れた人たちとの距離感や

見た目が若返ったとはいえ、27歳が高校生に紛れることに抵抗を感じていたのだけど

実際に高校生として、生活を送っている新太は…

ReLIFE1巻 136pReLIFE1巻 136p

めっちゃくちゃ高校生に溶け込んでいて

もはや違和感が一切ないレベル(笑)

 

それどころか、高校生とのやり取りで

自分の至らないところに気が付かされて反省しちゃったりと

27歳でありながら、10歳年下の高校生との差を感じさせないという

見てていたたまれない展開に…

 

溶け込み過ぎだよ…新太さん…
(ノДT)アゥゥ

ReLIFEリライフ1巻を読み終えて

27歳のニートが怪しすぎるニート更生プログラム・リライフの被験者として

10歳若返って高校生活を送りなおすという物語です。

 

 

リライフの目的自体はニートの更生みたいだけど

高校生活を送りなおすことでいったいどう変われるのかってのが気になります。

だって、27歳で1年間無駄にするって考えると、

なかなかにハイリスクで、今後がヨリ厳しくなる気がするし

そう考えると、普通の高校生活を送るだけじゃ割に合わないですもん。

 

なにより、新太はリライフの2人目の被験者であり

1人目の被験者が失敗に終わっているという事から

下手すると更生することなく1年間を過ごし終えてしまいそうな気も…
(;^_^A アセアセ・・・

 

 

果たして、めちゃくちゃ楽しそうに高校生活を満喫している新太は

1年間高校生活を送る事でニートを抜け出すことができるのか?

新太の1年後が気になるReLIFE1巻でしたッ♪
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top