ピンポン1巻の感想『ペコとスマイルの関係性が気になる』ネタバレ注意

132

1996年~97年まで連載されてい他作品で、映画化やアニメ化もされているピンポン1巻。

アマゾンでピンポン1巻が無料だったので久しぶりに読んでみたので感想を♪

----------sponsored link----------

ピンポン1巻の感想※ネタバレ注意

ペコとスマイル

物語の中心となるのが星野、通称ペコと月本、通称スマイルという幼馴染の高校生コンビ。

2人はよく一緒にいるんですが、性格は真逆といった感じの2人。

62p引用:ピンポン 62p

お調子者のおかっぱヘアーのペコに対して、冷静沈着でノリが悪そうなメガネのスマイル。

一見すると全然噛み合いそうにないコンビなんですが、まぁ2人は仲良くやっています(笑)

 

と、この凸凹コンビの卓球少年達が物語の中心になるんですが、卓球の実力はペコの方が上。

地域でペコには敵なしって感じで、自分の実力に自信を持ってるが故に所属している卓球部の練習もサボり気味。

自分の相手になるのは、せいぜいスマイルくらいだと本気で思っている少年で、それがペコのお調子者具合を加速させている感じで卓球大好きな実力者のお調子者がペコ。

 

そして、相方となる冷静沈着のスマイルはペコの事を小学校の頃からヒーロー視していて憧れを抱き、ペコみたいになりたいと思っているみたい。

卓球に関してペコ並の実力者ではあるけど、勝ち気がなく楽しければ、面白ければそれでいいという考えの冷めた少年がスマイルです

 

 

お調子者の卓球大好き少年・ペコとペコに憧れを抱くスマイル。

性格が違い過ぎて、一見すると凸凹コンビの卓球少年達を描く物語です。

 

スマイルのが格上?

ペコとスマイルが試合を行えばペコが勝ち、ペコの方が格上という認識を周りの人たちはするんですが、他校の有力な選手が注目しているのは、なぜかスマイルの方。

その注目度というのは、かなりのもので…

127p

引用:ピンポン 127p

コントロール・スピード・ゲームメイク・反射神経・集中力…その全てにおいて中学生離れしていたと言わせるほど。

 

もちろん、彼らはスマイルと同じ学校のペコの試合も観ているはずなんですよね。

しかし、有力選手たちが注目するのは格上のはずのペコではなくスマイル。

 

なんで有力選手や監督たちがペコを気にも留めずにスマイルばかりに注目しているのか?

さっそく気になる展開になったのですが、その理由はすぐに明らかになりました。

 

スマイルの本気と気づくペコ

スマイルの才能に魅入られた卓球部の顧問から執拗に付きまとわれるスマイル。

才能を開花させようとする顧問の厳しすぎる練習に徐々に嫌気がさしやる気をなくしていくスマイルに対し、顧問は条件付きの勝負を挑みます。

 

 

その条件とは

『スマイルが勝ったら手を引代わりに、スマイルが負ければ絶対服従してもらう』

という、顧問の強硬手段。

 

こんな手段を取らせるほどに顧問はスマイルの才能に魅入られているわけです。

 

こうして、スマイルと顧問の試合が始まるのですが、序盤は顧問のワンサイドゲーム。

スマイルの弱点である、やる気のなさ・精神的弱さに付け込んで圧倒的な展開になったのですが、後半スマイルが開花します。

206p

引用:ピンポン 206p

普段のどことなくやる気を感じさせないスマイルとは別人のようになり、勝ちに拘る全力のブレ―。

その姿は幼馴染であり最も付き合いの長いペコに衝撃を与えるほど。

 

こうして、開花したスマイルが顧問との試合に圧倒的な磁力で勝利を納め、その日の練習をスマイルが切り上げて帰るいうところで1巻は終わり。

 

スマイルが覚醒したシーンなわけですが、ここで思うのはやはりペコの心境。

スマイルの豹変ぶりにも衝撃を受けているんですが、ペコが本当に衝撃を受けているのはスマイルの実力に対してのはずなんです。

 

ペコは実力者でスマイルとの付き合いも長く普段の試合で実力は把握してるつもりだった…

でも、今回スマイルの本気を観たことでスマイルは自分との試合では本気を出していないと気が付いてしまったわけですよ!

 

スマイルの本当の実力を知ったペコが今後どうするのか?

楽しみ過ぎる展開で1巻は終わってしまうわけです‼

 

ピンポンを読み終えて

幼馴染の卓球少年のペコとスマイルの物語。

お調子者で自分の実力に自信を持っていたペコがスマイルの本当の実力を知ったシーンが印象的だったし、今後の2人の関係が楽しみですよ♪

 

だって、これまでは自分の方が格上だっていう精神的な余裕があったペコが、スマイルのが格上だって知ってしまったんですもの。

ペコの性格的に、これまで通りにスマイルに接することってできそうにないですからね。

 

2人の関係が壊れないでほしいっていうのはあるけど、スマイルの成長も楽しみっていう本音もある複雑な感じ。

(;^_^A アセアセ・・・

 

 

果たして、幼馴染の卓球少年たちの関係は今後どうなっていくのか?

凸凹コンビの関係が大きく変わりかねないっていう展開まで進んだピンポン1巻でした!

 o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top