ピクミン4のハードは3DSで発売予定!横スクロールアクションの新システム!

どうもぉ~りょうです♪

今回は僕が好きなピクミンってゲームの最新作の情報が出ていたので紹介!

 

ピクミンと言えば、謎の惑星に不時着した主人公が

ピクミンに協力してもらいチャッピーなど原生生物と戦ったしながら

惑星帰還や、惑星に来た目的などの為に活動していくっていうアクションゲーム!

 

そんなピクミンシリーズの最新作『ピクミン4(仮称)』の情報が発表されたので紹介します!

----------sponsored link----------

大望のピクミン4発売が発売か!?

ピクミンとは?

ピクミンのゲーム目的は

 

プレイヤーは、宇宙船の事故でピクミンたちが住み着く星に墜落してしまったホコタテ星人の主人公・オリマーを操り

自らの星に帰る為に、ピクミンたちに協力してもらい宇宙船の修理をし

最終的には期限以内に宇宙船の修理を目指すというストーリー。

 

 

発売されているピクミン3の動画がこちら。
3はストーリーや主人公が違うんですが

まぁピクミンの星で『目的のアイテムを集めて星に帰る』っていうところは一貫されています。

 

 

ピクミンのいいところは

チャッピーなどお馴染みの適正生物の可愛らしさってのもあるんですが

やっぱり、基本は緩いんだけど適度に難しかったり

時間制限があったりするところが、ピクミンの良いところなんですよ。

 

とくに全方位に動けて、未知の惑星を探索しながらアイテムを探したり

ピクミンの特性をしっかりと考えて連れて行くとか

子供向けにしては、かなりしっかりと難易度も考えられていたのが好きだったところです♪

 

最新作のピクミン4

まだタイトルは発表されていないので

開発されているのが『ピクミン4』なのかは分からないんですが

完全な新作であることは間違いないです。

 

 

というのも、現時点で公表されている画像がこちら…

%e3%83%94%e3%82%af%e3%83%9f%e3%83%b34 %e3%83%94%e3%82%af%e3%83%9f%e3%83%b34-2 %e3%83%94%e3%82%af%e3%83%9f%e3%83%b34-3

まさかの横スクロールゲームになってるんです・・・
<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

 

 

・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー

 

ピクミンの良さって全方位に動けて

未知の惑星の色んな所を自分で探索するからこその面白さであって

行くべき方向や連れて行くべきピクミンを自分で考えるところだったんじゃ…?

 

 

もちろん、横スクロールでも楽しいゲームっていうのは

マリオシリーズやカービィシリーズなど多く存在しているけど

ピクミンってゲームの良さは横スクロールでは出せないと思うだよね。

 

もしからしたら、横スクロールのピクミンを待ち望んでいたって人もいるかもしれないけど

ハッキリ言って、『ピクミン』からプレイしてきた僕が望んでいるピクミンはこんなのじゃない…

 

 

GACKTさんの良く分からないピクミンプレイ動画あったんでどうぞ(笑)
ビンゴを目指す奴をプレイしてますが楽しそうですね♪

 

ピクミン3は、だいぶ人気なかったみたいだけど

あれはあれで面白かったと思っているんですよねー。

食料を集めるっていうのが大衆受けしなかったとは思うけど(笑)

 

普通にガラクタ(笑)集めの方が

ゲームとしてはやりがいがあった気はするし、入りやすかったもの。

 

ピクミン4を調べてみて

まさかの最新作は横スクロールアクション…

発売前から完全に期待を裏切られている感じです。

 

まぁグダグダ言いながらも発売されたら買うけど

たぶん、やってみても『これじゃない』って感想に終わる気がしています。

 

だって、ピクミンは全方位に動かせて

謎の惑星をピクミンたちと探索するってのが楽しさだったんだもの。

横スクロールで行く方向が決まっているんじゃ、ピクミンの良さは活かせないよ。

 

 

楽しみではあるけど、しっかりとゲームの良さを理解して新作を作ってほしいなぁ。
( ´Д`)ノ

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top