終わりのセラフ9巻の感想!強すぎた13位始祖と暮人のロクでもなさそうな計画!

終わりのセラフ9巻捕まった仲間たちを助けるために第13位始祖を襲撃したグレン達!

しかし、13位始祖の実力はとんでもないもので

まさか過ぎる展開に…∑(; ̄□ ̄A アセアセ

 

おまけに柊家の次期当主と言われている

柊暮人はロクでもなさそうな計画を始めてしまうし…

 

終わりのセラフ9巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

終わりのセラフ9巻の感想

柊暮人が世界を救う?
柊家の次期当主候補である柊暮人。

日本帝鬼軍の中将で実質的には軍を率いているリーダー。

 

これまでは、グレンに無茶な命令を下してるだけで

あんまりやる気を感じていなかったけど、そんな暮人から衝撃の発言が!

終わりのセラフ6巻 世界を救う

オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

これは失敗しちゃいそうな感じしかないッ…

 

世界を救うのに使おうとしている物の名称も”天使”で

完全にやらかしちゃうパターンって感じだし

ヴァンパイアから情報を受け取っていたのが暮人って可能性も高いし

うまく利用されているだけな気がする…(;’∀’)

 

謎の兵器で名古屋にヴァンパイアを閉じ込めるって言っているけど

そんな都合の良い兵器が存在するとは思えないし

ホントにとんでもない事をやらかしてくれそうな感じがするよ

(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 
強すぎた第13位始祖クローリー
各地のヴァンパイアの始祖を同時に攻めたグレン達。

 

13位始祖のクローリーを攻めた部隊が捕まってしまい

その救出の時間稼ぎを目的に月鬼ノ組の最大戦力であるグレンの部隊が挑んだけど

結果は…

終わりのセラフ6巻 グレン高速

まさかの失敗で自分を捨てて逃げろとΣ(□`;)アゥ

 

これまでグレンは普通に強い印象を受けていたから

今回もやってくれると思ってたのに

まさかの生きたまま拘束されてしまうっていう圧倒的な実力差を見せつけられる展開に…

 

前回の戦いでは、7位始祖・フェリドとも部隊を率いて戦えていたのに

13位のクローリーには手も足も出ず…

このことから、フェリドが本気を出してなかったのが確定的だし

やっぱりグレンとフェリドがつながっているのかな?

 

誰かがヴァンパイアと繋がっているのは確定しているけど

それが暮人なのかグレンなのか?

両方ともつながっているって可能性もありそうだし

人間がヴァンパイアに暇つぶしがてらに弄ばれてるだけって展開なのかも(;・∀・)

 
ミカエラ襲来!
これまで、徐々に優の元に向かってきていたミカエラが

クローリーから逃げた月鬼ノ組に立ちはだかる展開に!

終わりのセラフ6巻 ミカエら襲来

遂に!って展開であると同時に

現状の月鬼ノ組のメンバーは薬を使えない状況って考えると

この状況は絶望的!

 

グレンもヴァンパイアに拘束されていて

優もミカエラに捕まっちゃう展開もありそうだし

ヴァンパイア達の世界で天使について明かされるとかもありそうかな( ̄ー ̄?)

 

とりあえず、薬の使えない月鬼ノ組が束になってもミカエラには勝てないだろうから

優ちゃんもつれてかれちゃいそうな感じがしますね!

 

終わりのセラフ9巻を読み終えて

13位始祖のクローリーが強すぎる!

月鬼ノ組のグレン達でも歯が立たなかったし

阿朱羅丸に唆された優ちゃんも軽く捌いちゃうっていうイカレた強さ!

 

あれで13位ってことは1位始祖ってどんだけとんでもないんだろ…?

イメージだと、天使状態の優ちゃんもやられちゃいそうだし

誰も1位始祖を止めることができないんじゃ…( ̄へ ̄|||)

 

 

それに、月鬼ノ組のリーダーを失っちゃって

優ちゃんたちの部隊なんて何の価値も持たない状況だし

それどころか、襲ってきたミカエラから優ちゃんを守ることもでき無さそうな展開で

10巻で物語が悪いほうに大きく動きそうな感じがしますね(;^_^A アセアセ・・・

 

ヤバそうな展開で終わった、終わりのセラフ9巻の感想でした!

(* ̄ー ̄*)/~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★”

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“終わりのセラフ9巻の感想!強すぎた13位始祖と暮人のロクでもなさそうな計画!” への23件のフィードバック

  1. 名無 より:

    第5天使、第6天使の片方が多分、
    今月で無理矢理覚醒させられた
    あの人なんだろうなあ

    ヨハネの黙示録の
    七人の喇叭(らっぱ)を吹く天使なら
    あともう一人がいるはずですが
    どうなりますかねえ

  2. 名無 より:

    確かにある意味で
    既にとんでもないことを
    暮人はやらかしてますね
    上で書いた人物に手を出すとは…

    アイツが敵に回ってしまう~( ; ゚Д゚)

    10巻はあれですよ、ええ
    ちょっと言い難い内容になります
    (* ̄∇ ̄*)

    • りょう より:

      やっぱり暮人さんやらかしちゃうんですねw
      この展開でやらかさないと、暮人さんのキャラが立たない…(笑)

      クールなオレ様キャラってことを考えると
      暮人さんの計画失敗からの『なぜだッ!?』ってのが
      最大の見せ場だったろうから…もう役目を終えちゃうってことは出番激減だな…

  3. 名無 より:

    9巻の話以降で暮人はまだ
    再登場していないので
    『何故だっ!?』
    はもう少し先でしょう(笑)

    暮人が出る9巻の話で
    今回やらかす事の伏線が出てますしね

    以前に鬼箱王が言った通りになるのかなあ

  4. 名無 より:

    やらかした事は
    とある許可を出しただけなんですが
    それが被害を受けたキャラの
    関係者にとっては大変なことなんですよ

    あの関係者は新宿戦の優みたいに
    暴走天使化する可能性が
    あるというのになあ

  5. 名無 より:

    1話で書いている悪魔もまだ出てきてませんし
    もっと大変なことになるんでしょうね

    スクエアの方で現在大ピンチの
    シノア隊はどうなるんだろう
    他の月鬼の組の人達もですが

  6. 名無 より:

    今月のスクエア

    フェリドとクローリーの会話で
    遂にグレンの秘密が明らかに!

    そしてグレンが『ピー』
    (流石にこのバレは不味いのでモザイク)

    クルルとの対面もありますよ

    そして小説5巻のラストから次の6巻が
    この場面へと繋がってきそうです

    • りょう より:

      名無さん
      コメントありがとうございます。

      遂に隠し事てんこ盛り感満載だったグレンの秘密が明かされる時が来るんですね!?
      クルルとの対面もあるってなると、グレンはもう生きては帰れないのかな…


      小説の方は本編とは関係しない完結する物語が展開していると思って読んでなかったのですが、読んでおくとより楽しめそうなので、次巻発売までに読んでみようかなぁ~
      アニメの2期も放送開始だし、終わりのセラフに漬かろうかな(笑)

  7. 名無 より:

    むしろグレンは生きて帰れそうです(笑)

    そして暮人の性格の悪さが垣間見える(汗)

    10巻では優とミカエラの決断を
    そして先月に登場した
    二人目の天使が見れるでしょう

    今月のラストで
    合流地点のはずの名古屋空港が
    エラいことに使われることになりました

    10巻に入るだろう話の全てが
    とても大きな意味を持つので
    双星並みにバレがしにくい…(苦笑)

    • りょう より:

      グレン生きて帰れそうなんですね
      ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

      9巻も熱い展開中ですし、10巻~11巻当たりで新章突入って展開になりそうですね!
      優とミカエラの決断しかり、天使の件しかり、次巻10巻の発売が楽しみです!

  8. 名無 より:

    お久し振りです
    (*´ω`)人(´ω`*)オヒサー♪

    JUMP j BOOKSから
    終わりのセラフの新しい小説が
    出版されることになりました

    メインは吸血鬼サイド

    【吸血鬼ミカエラの物語1】

    ミカエラの名に隠された秘密

    『人間』クローリーの死闘と
    フェリドとの出逢い

    という内容だそうです

    ……サラッと爆弾があるな( ; ゚Д゚)

    • りょう より:

      名無さん
      お久しぶりです(*’▽’)

      12月4日から発売されるみたいですね!
      電子書籍で発売されるの待つことになりますが、小説の紹介文に気になりすぎるっていうか、ネタバレ的な爆弾ありますね…

      『人間』クローリーって…設定的に人間がヴァンパイアになるのはわかっているけど、
      漫画の単行本で注目が集まっているキャラに関わる重大な内容が小説版の説明にあるのはどうなんだろうか…?σ(^_^;)アセアセ..


      まだクローリーさん違いって可能性は残されているけど、それはそれで期待していた内容と違い過ぎてガッカリだし…
      興味をそそるって事では、優秀な紹介文な気もするけど、もう少し濁して紹介してほしいですよね(笑)

  9. 名無 より:

    小説6巻読みました

    一瀬当主であるグレンの父
    栄(さかえ)が処刑されグレンが当主に

    真昼が出したクルルへの条件の一つによって
    真昼が吸血鬼となりクルルの眷属に

    真昼が四鎌童子を手放しそれがシノアの手に

    ルカルさんがチョイ役で出演(笑)

    分けて書きます

  10. 名無 より:

    三宮や十条と同じ『十の名家』のうち
    二医と九鬼が柊を裏切る

    真昼が二医の当主と共に軍勢を率いて
    暮人のいる方へ来たらしい

    小説の最後でグレンが柊に通話し
    『俺は柊を裏切る。お前に協力する』

    世界が終わるまで、後残り二日

    続く

  11. 名無 より:

    コミックス6巻で少しだけ出た
    優を孤児院へ連れてきた男

    彼は小説の順レギュラーキャラである
    斉藤こと木島誠(きじままこと)さんです

    今巻で彼の衝撃的な正体が判明

    千年以上前は人間だったが現在は吸血鬼
    そしてこう告げる

    「いやいや、
    私は吸血鬼の組織にも
    所属していないよ。
    『第二位始祖』と呼ばれていたのも、
    もう何百年も前の話だ」

    グレンいわくフェリドより動きが速い

    • りょう より:

      名無さん
      コメントありがとうございます。

      人間の間でも元気に殺しあっていたとは…

      それにしても、クルルたち吸血鬼は結局のところ何がしたいのか謎ですね。
      元・第2始祖も平然と組織抜けて人間に加担しているみたいだし、人間同士を殺し合わせて楽しんでるって印象も受けないし…

      数百年も生きて暇なのかな?(笑)

  12. 名無 より:

    暮人さんが名古屋空港にキタ━(゚∀゚)━!
    相変わらずろくなことしねえなこの人w

    名古屋空港に集合していた
    月鬼ノ組を犠牲にして人体実験開始
    ほとんどの隊員がやられてしまう

    シノア隊と暮人の戦闘勃発

    最後の煽り文は暮人の暴走を阻止せよッ!!

    • りょう より:

      名無さん
      コメントありがとうございます。

      暮人さんwww
      仲間を使って人体実験とは…期待を裏切らないですw

      挙句に暴走を阻止せよって…(笑)
      ヴァンパイアに勝てないよ…こんなんじゃ…

  13. 名無 より:

    あにこ便のセラフ12話のコメント欄で
    毎日書いてるので良ければご覧下さい

  14. 名無 より:

    第40話 滅びのラッパ

    名古屋空港で混戦状態です

    そして天使化したあの子がキタ━(゚∀゚)━!
    まあやはりというか
    案の定、士方がキレました(;´∀`)

    第5のラッパから悪魔もキタ━(゚∀゚)━!
    待ってたんだよこの存在を( ;∀;)

    そして優一郎が精神世界で
    阿朱羅丸の忠告を聞きながらも
    自らで決断し遂に己に宿る
    天使のラッパを吹き鳴らす

    それを見詰めるグレンは一体何を思うのか…

    このグレンは9巻までとはまるで違いますよ

  15. 名無 より:

    さあて明日は10巻発売ですよー

    • りょう より:

      名無さん
      コメントありがとうございます。

      遂にって感じですよね♪
      名古屋編で暮人が暴走する当たりまで収録されていることに期待です!
      ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top