王様ゲーム1巻のあらすじと感想ネタバレ注意『命懸けの王様ゲーム開幕!』

王様ゲーム1巻

この物語では、1年B組が誰かも分からない王様からの命令を日々実行し続けなければ殺されるデスゲームが描かれます。

 

1巻では王様の命令を実行するので精一杯ですが、王様は誰なのか?という展開に発展していくはず。

いったい王様は誰なのか?

そして、1年B組は理不尽すぎる王様ゲームから生き延びるころは出来るのか!?

 

王様ゲーム1巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

王様ゲーム1巻のあらすじと感想※ネタバレ注意

始まる恐怖の王様ゲーム

物語は玉岡高校1年B組の生徒たち全員に王様からのメールが送られてくることで幕を開けます。

王様ゲーム1巻 10p

引用:王様ゲーム1巻 10p

王様からの最初のメールは大雑把なルール説明でありその内容は。

『あなたのクラス全員で行う王様ゲームである』

『王様の命令は絶対であり、24時間以内に王様の命令に従え』

 

王様メールは主人公の金沢信明の元にも送られてきますが、もちろん相手にせず。

そもそも伸明はイタズラ目的のメールだとしか思っていなかったわけです。

 

しかし、翌日のクラスでは…

王様ゲーム1巻 14p

引用:王様ゲーム1巻 14p

面白がり王様のゲームの最初の命令を実行するクラスメイト達。

最初の命令は『指定された2人の男女がキスすること。』

指定された男女はクラスメイトに煽られてキスすることになりました。

 

割とノリの良いメンバーが集められたクラスだったわけです(笑)

 

命令違反は死刑

王様ゲームが始まってから数日。

誰かも分からない王様からの悪乗り命令を面白半分に実行していた1年B組。

しかし、日に日にエスカレートする王様からの命令を遂に実行しない日が訪れました。

 

その結果…

王様ゲーム1巻 47p

先生『亡くなられたそうだ…』

引用:王様ゲーム1巻 47p

王様からの命令を無視した2人が、突然の自殺。

それも王様から届いた『首吊り刑』という内容と同じように、2人ともが自ら首を吊り自殺…

 

この事実を知った1年B組の生徒たちは、王様ゲームが本物であることを悟り、1年B組の命懸けで王様の命令に従う日々が始まっていきます。

 

恐怖のでエスゲーム、王様ゲームとはいったいなんなのか?

1年B組の生徒たちは生き延びることが出来るのか?

そして、王様の正体とはいったい誰なのか?

 

1年B組を舞台に王様ゲームが幕を開ける。

王様ゲーム1巻の総評

物語はデスゲーム物。

王様からの命令を毎日実行し続けなければ生き延びられないという恐怖の王様ゲーム。

 

1巻では1年B組が生き延びられるのか?っていう事と、王様が誰なのか?というのが気になるところ。

王様が命令が実行されたのかを確認できているので、クラスメイトが犯人っていう可能性もありますからね。

視認するのが難しい命令もあったので、王様は人間ですらないっていう可能性もある気がしますが、物語的に犯人が居ると信じたい(笑)

 

王様は意外に良識ある甘ちゃん。

王様からのメールが届き、命令を実行しないと罰を与えられてしまう王様ゲーム。

ただ、意外にも王様が生ぬるいなぁって思った命令が1つ。

 

それは、『○○君が○○さんの足を舐めろ』という命令の際。

王様ゲーム1巻 25p引用:王様ゲーム1巻 25p

命令通り足を舐め、これで王様は命令に従ってOKしてくれたんだけどさぁ…

 

 

 

言わせてほしい。

 

 

 

 

 

これ舐めてるの靴下じゃん?

 

足を舐めろって命令で、靴下でOKくれるとかデスゲーム強いてる割には良識あるっていうか生ぬるいよね。

ここは『お前が舐めたのは靴下だ!罰を与える』くらいのことやってほしかった。

 

結局のところ王様は何がしたいんだろう?

1年B組を掃討したいんだったら、靴下だからって理由で殺すだろうから、1年B組に何かをさせたいのかな?

 

靴下OK事件で意外に良識のある人だってわかったし、これでオタクっぽい奴は王様ではないの確定だな!

だって、足と靴下を当意義と認めているんだからオタクのわけない。

足と靴下は別物です。
( ー`дー´)キリッ

 

 

意外にも良識ある王様の命令から1年B組の何人が生き残れるのか?

デスゲーム開始早々に意外に王様チョロイなと思ってしまった王様ゲーム1巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

 

王様ゲームの感想記事一覧はこちらです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top