思い、思われ、ふり、ふられ1巻感想!2人のヒロインとそれぞれの恋!?

思い、思われ、ふり、ふられ1巻アオハライドやストロボ・エッジの作者・咲坂伊緒先生の最新作『思い、思われ、ふり、ふられ』。

 

『思い、思われ、ふり、ふられ』は

『恋』に対して真逆に近い考えを持つ2人のヒロインが

それぞれの『恋』をしていくという物語で

2人の恋に対する考え方の差が見どころになりそうです♪

 

思い、思われ、ふり、ふられ1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

思い、思われ、ふり、ふられ1巻の感想

2人のヒロインとそれぞれの『恋』

物語のヒロインは『恋』に対して真逆に近い考え方を持つ2人の少女。

思い思われふりふられ1巻 43p思い、思われ、ふり、ふられ1巻 43p

左が市原由奈(いちはら ゆな)。

幼いころに絵本の王子様に恋をして

今でも絵本の王子様のような理想の男性を待ち望んでいる

夢見がちな少女で、恋愛経験がなく

人見知りなところもあり、警戒心が強めの少し内気な性格。

 

恋愛経験こそないけれど

恋に積極的な朱里に対し『本当の恋をした事がない』と思っていたり

由奈なりの『恋とはこういうモノ』っていう考えを持っている

恋したことはないけれど、恋に興味がありしっかりと考えている少女。

 

 

右がもう1人のヒロイン・山本朱里(やまもと あかり)

性格は気さくで明るく、誰にでも話しかけていくタイプ。

由奈とは違い恋愛経験があり

男子と話す時も手に負えるかなど、現実的な恋愛を考えている。

 

考えすぎる由奈に対しては

奥手すぎると感じ由奈に恋愛をさせようと

背中を押してあげたりと、面倒見の良い一面もある少女。

 

 

こんな『恋』に対して真逆に近い考えを持つ2人が

それぞれの支え合いつつ、それぞれの恋をしていくという物語。

失恋覚悟での恋!?

夢見がちで奥手すぎる由奈が恋した相手は山本理央(やまもと りお)。

イケメンで絵本に出てきた王子様にどことなく似ている少年。

 

性格は正直にモノ言うタイプで

一見すると性格が悪く見えるけど、実際は思ったことを言うだけで

根は優しく、自分に素直ってだけで基本的に良い奴です。

 

 

そんな理央は朱里の姉弟であり、

理央はメンクイであり可愛い子が好みだと由奈は知ってしまったわけです。

111p思い、思われ、ふり、ふられ1巻 111p

理央がメンクイであることを知った由奈は

自分なんかじゃ相手にもされないと思い

自分の理央への気持ちを必死に否定し

このドキドキは『恋』とは違うんだって言い聞かせているわけです。

 

認めてしまったら『失恋』が確定してしまうから…

 

 

そんな失恋への恐怖から理央への想いを認めない日々が続くも、

結局自分の理央への気持ちをなくすことはできず

自分の恋が絶対に叶わないモノだと知りつつも

 

内気な性格で夢見がちだった少女・由奈が覚悟を決めるんだけど

その時の由奈の姿が見てて辛くて…

思い思われふりふられ1巻 157p思い、思われ、ふり、ふられ1巻 157p

この恋が叶わない恋であることを覚悟したうえで

理央に『恋』している自分を認めて笑顔になってるっていう…
(ρ_;)・・・・ぐすん

 

夢見がちな少女で、リアルな恋は初めてなのに

失恋覚悟で進んでいくっていう由奈の姿ってのは

流石に見てて辛いし応援したくなる…

 

実らないと決めつけている由奈の恋が実ってほしいと

本気で想った瞬間でしたッ♪

思い、思われ、ふり、ふられ1巻を読み終えて

『恋』に対して真逆の考えを持つ2人の少女が

それぞれの『恋』をしていきながら

お互いに支え合ったり、成長しあったりする物語みたいです。

 

主な登場人物は4人で

夢見がちで奥手な少女・由奈。

現実的な恋愛をしている・朱里。

朱里の義理の弟でイケメン&メンクイ・理央。

由奈の幼馴染で天然でつかみどころがない・和臣(かずおみ)。

 

 

この4人が恋をしていくってことになりそうなんですが

それぞれの関係性がちょっと複雑で

朱里と理央は、親が再婚する前に恋愛関係だったみたいんです…

おまけに、由奈の幼馴染の和臣は

由奈のよき理解者ってこともあって、自覚がないだけで由奈のことを好きな気もするし…

 

4人が本気で『恋』を考え出した時に

良からぬことが起こってしまいそうな気がする

思い、思われ、ふり、ふられ1巻の感想でしたっ♪
(*。>ω<)ノシ マタネッ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top