美味しんぼ1巻 感想『親が親なら子も子とはこの事か』ネタバレ注意

どうもぉ~りょうです♪
o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

 

キンドル本で美味しんぼ1巻が無料になっていたので読んでみました♪

%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%82%93%e3%81%bc1%e5%b7%bb
表紙は後に『究極vs至高』のメニュー対決を繰り広げることになる

士郎と雄山の親子&ロブスター?などの料理がバックに描かれています。

 

1巻でロブスターは出てこなかったはずですけどね…(笑)

 

それでは、美味しんぼ1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

美味しんぼ1巻の感想

美味しんぼ あらすじ。

物語の主人公は山岡士郎(やまおか しろう)。

東西新聞社に所属するグーたらなサラリーマンで

普通の仕事は並以下のとしか言えないというか、かなりひどい社員…

 

いつ首を斬られてもおかしくないような社員なんですが

士郎には、他の社員よりも圧倒的に秀でている才能が有るんです!

 

それは…

%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%82%93%e3%81%bc1%e5%b7%bb%e3%80%8027%ef%bd%90美味しんぼ1巻 27p

『上野と京都の距離の差が出たんでしょ。京都のイの豆腐は ほんのわずかに風味が落ちてる。』

 

圧倒的な味覚!

味覚が優れてないと差が判断しにくい豆腐ですら

きちんと味の差や風味を感じ取れるほどの味覚の持ち主。

 

 

普通の社員としては、下の下だけど士郎には、人並み外れた味覚がある!

そして、この味覚が社が企画した『究極のメニュー』作りに欠かせないと判断され

グーたら社員の士郎が、究極のメニュー作りという企画を担当することなり物語が幕を開ける!

 

士郎の父は超絶嫌な人!?

士郎の父は天才芸術家であり美食家でもある海原 雄山(かいばら ゆうざん)。

美食家としての顔広く知られ『美食倶楽部』を主宰しています。

 

しかし、その性格はあまり褒められたものでは無くて…

%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%82%93%e3%81%bc1%e5%b7%bb%e3%80%80165%ef%bd%90美味しんぼ1巻 165p

『何だこの店は‼ だから私は食事に招ばれるのは嫌なんだッ、人を招んでおいてこんな物を食わせるとは‼』

 

…(゚Д゚;)

料理の味が少しでも気に食わないと癇癪を起すだけにとどまらず

平然と料理を粗末にしちゃうっていう典型的なゴミ。

 

 

海原の味覚も士郎同様に確かなモノなんだけど

性格が悪すぎてドン引きなお父さんなわけで

この父の性格が原因となり、息子である士郎は決別し母の性である『山岡』と名乗っています。

 

食にうるさいクズなんですよ…お父さんが。

ただ、親が親なら…

 

親が親なら子も子とは…

父と決別し名字まで母のモノへと変えた士郎。

この事からも、士郎の父への恨みってのは相当なものであることがわかると思うんですが

親が親なら子も子って展開がありまして…
(;^_^A アセアセ・・・

 

それは、それなりに名の通った寿司屋の店主と士郎が揉めた際の出来事…

%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%82%93%e3%81%bc1%e5%b7%bb%e3%80%8077%ef%bd%90美味しんぼ1巻 77p

『スシっていうのは、米粒と米粒の間に適度な空気を含んでいないと舌の上でほろりとくずれない。

ネタとシャリの味がうまくとけ合わないのさ。』

 

寿司屋の店主が握った寿司がまずいと言い放ち

病院のCTスキャンまで使って如何にまずいかを分からせる悪魔の所業www

 

寿司屋の店主も相当なクズだったんだけどここまでするかッ!?

絶望に歪む店主の顔も忘れられないんだけど

店主の後ろの士郎のイラッとさせてくれる表情が忘れられないw

 

 

何より言いたいのが、実の父が食への追及で母を苦しめ

その行為を嫌悪し、父と決別し名字まで変えた士郎が

こんな事をしていいのか…?

 

恐いよこの家系…(笑)

美味しんぼ1巻を読み終えて

国民的人気コミック美味しんぼ1巻を久しぶりに読みましたが

読み返してみると結構ツッコミどころ満載で面白かったです(笑)

 

士郎の『究極のメニュー』と海原の『至高のメニュー』が戦っているイメージが強いけど

物語が幕を開けた1巻では、士郎の究極のメニュー作りしかなくて

雄山はただウザいお父さんっていうだけの存在でした。

 

 

士郎が『究極のメニュー』作りを始めることを知り

やけに突っかかっているけど、後々至高のメニュー作りを始めるって知っていると

本当は雄山も一緒にやりたかったのかなって思えてきて

可愛らしく見えなくもないんです(笑)
( ´艸`)

 

まぁ食通気取りなのに料理を粗末にしちゃっている時点で

人間としてどうかと思うけど

このクズな所業が許されるほどに名が通っちゃってるのがたちが悪いなと思ったかな。

 

 

意外に雄山のクズ差が目立ったってのと

なんだかんだで士郎もクズだなって感じた美味しんぼ1巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top