NIRVANA-ニルヴァーナ-1巻の感想ネタバレ注意『異世界転生バトル』

こんにちは!りょうです。

 

今回読んでみたのは、NIRVANA-ニルヴァーナ-

気分的に読んでみた漫画です。

ニルヴァーナ1巻この物語は異世界転生物。

 

現実世界で命を落とした少女・八千夜が異世界で目覚め

異世界に存在している力の継承者と合体変身を遂げ足りしながら、世界を救う姿が描かれる物語です。

 

それでは、NIRVANA-ニルヴァーナ-1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。


NIRVANA-ニルヴァーナ-1巻の感想※ネタバレ注意

現代のナイチンゲールの転生物語

物語のヒロインは中学3年生の春秋八千夜(ひととせ やちよ)。

八千夜は日頃からボランティア活動に積極的に参加しまくっている少女で、現代のナイチンゲールと呼ばれています。

 

そんな人助けが大好きな八千夜が海外のボランティア活動に参加すべく乗り込んだ飛行機が墜落。

飛行機事故に遭い、八千夜が命を落としてしまうところから物語は幕を開けます。

 

死んだはずの八千夜が目を覚ましたのは、グルグラフ(星廻界)という異世界。

さらに、グルグラフの偉そうな青年が言うには…

ニルヴァーナ1巻 23p

 

『”輪廻”を作り出したお方こそが「調和の神」サクヤ様

あなたはそのサクヤ様の生まれ変わりなのです』

引用:NIRVANA-ニルヴァーナ-1巻 23p

八千夜こそが、この世界の”輪廻”というシステムで2つの世界を繋げたサクヤ様の生まれ変わりだと言うんです。

 

状況を整理すると現実世界で死んだことで八千夜は異世界に飛ばされたというか

アマトと呼ばれている現実世界(人魂界)からこちらの世界に輪廻したらしい。

そして、この『輪廻システム』で2つの世界は繋げたのが八千夜の前世?であるサクヤ様なのだと。

 

現世で死んだ少女が異世界に輪廻した…

ざっくり括れば異世界転生だけど、厳密に言うとちょっと違うような?

…まぁ異世界転生で括って良いはず。

 

はい。

異世界転生物です(笑)

 

十悪行と十二始!

この物語で八千夜がすべき使命とは、サクヤ様の生まれ変わりとしてこの世界を『十悪行ヴィカーズ』達から守る事

ニルヴァーナ1巻 91p

『動き出した”十悪行”…

やつらを倒すのならば』

引用:NIRVANA-ニルヴァーナ-1巻 23p

彼らはその名称通り、十の悪行をそれぞれ体現した10人の悪人で構成された組織。

1巻を見る限り、彼らに組織力は薄くそれぞれが自分の使命(悪行)に従い独自に行動を起こしているみたい。

 

そんな、ヴィカーズ達から世界を守る。

八千夜は十二の大国を納める十二始たちの縁起の力が不可欠であり、十二始の力を継承している者達に協力を求める旅に出ます。

 

こうして、ヴィカーズ達から世界を守るために12人の継承者たちに協力してもらい世界を救う物語が幕を開ける。

 

十二始と合体変身!

サクヤの生まれ変わりである八千夜は十二始の継承する縁起の力と共鳴することで変身して戦います。

60pniruva-na 1kann 64p引用:NIRVANA-ニルヴァーナ-1巻 64p

縁起の力を継承したものと合体し変身。

継承者と合体した転装体(アヴァター)と呼ばれる形態になり、ヴィカーズと戦っていくと。

 

十二始と呼ばれているように、12人が1つずつ継承しているそうなので12形態あるって事になるはず。

様々な力を継承している12人と合体することで、その力を倍増させ ヴィカーズを撃退していくという物語です。

----------sponsored link----------

NIRVANA-ニルヴァーナ-1巻の総評

物語は異世界転生物です。

 

現実世界でボランティア活動に励んでいた少女は異世界の輪廻システムを構成したサクヤ様という偉い人の生まれ代わり。

そして、転生した世界で悪行を繰り返すヴィカーズから世界を守るために縁起と呼ばれる力の継承者と協力し、この世界を守る。

異世界転生のバトルものって事になりますかね。

 

全体的に物語の進みも早くギャグもありで読みやすい印象。

十二始の継承者には男性のみではなく女性もいるので、十二始による八千夜の取り合いにはならない模様(笑)

 

取り合いが観たかった気もするので、ちょっと残念でもあるかな。

12人で取り合う姿とか、想像するだけでも不毛で面白いしw

 

 

12人の継承者と協力してヴィカーズから世界を守る。

現実世界で命を落とした少女が異世界の為に戦う物語が描かれるNIRVANA-ニルヴァーナ-1巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top