なのは洋菓子店のいい仕事1巻 感想・ネタバレ注意

%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%af%e6%b4%8b%e8%8f%93%e5%ad%90%e5%ba%97%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%84%e4%bb%95%e4%ba%8b1%e5%b7%bb神のみぞ知るセカイの作者・若木民喜(わかき たみき)先生が連載中の『なのは洋菓子店のいい仕事』。

 

洋菓子店なのに、タバコを咥えている人がいたり、表紙から大丈夫か?と不安にさせてくれますが、普通に楽しい作品でした。

ジャンルとしては、ギャグ×料理×お悩み解決?(笑)

料理を使って人の悩みを解決するんだけど、素直に解決はしないというか、大夢の優しさにジーンとさせられました。
(ノДT)

 

それでは、なのは洋菓子店のいい仕事1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

なのは洋菓子店のいい仕事1巻の感想

なのは洋菓子店の菜花3兄弟!

物語の中心は、タイトルにもなっている『なのは洋菓子店』を経営している菜花(なのは)3兄弟。

%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%af%e6%b4%8b%e8%8f%93%e5%ad%90%e5%ba%97%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%84%e4%bb%95%e4%ba%8b1%e5%b7%bb%e3%80%8041%ef%bd%90

引用:なのは洋菓子店のいい仕事1巻 41p

タバコを吸っている、ふざけたパティシエ、長男・大夢(たいむ)。

家系をやりくりし、実質なのは洋菓子店を支えている、しっかり者の次男・正路(せいじ)。

まだ7歳で、天真爛漫な3男・ぱせり。

 

 

丘の上にある小さな洋菓子店で、100年近い歴史があるそうですが

父も母もなく、菜花3兄弟だけで洋菓子店を経営していることもあり、経営は上手くいっておらず、カツカツの状態で辛うじて経営しているというのが、なのは洋菓子店の現状。

そんな、いつ潰れてもおかしくないという危う過ぎる洋菓子店を経営する3兄弟が物語の中心になっていてるわけです。

 

 

そして、いつ潰れてもおかしくないなのは洋菓子店に、ひとクセある客が訪れることで物語が始まっていくというのが定番になっており

長くても、数話で完結していくのでサクサク読めていけました♪

ふざけているパティシエ長男・大夢

タバコを咥えているふざけたパティシエの長男・大夢。

タバコを咥えているってだけでもふざけ過ぎているんですが、性格もふざけている奴なんです。

 

店にケーキが1個しか置かれていなことに気が付いた客が

『売り切れたんですか?』

と大夢に聞いた際の出来事で…

%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%af%e6%b4%8b%e8%8f%93%e5%ad%90%e5%ba%97%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%84%e4%bb%95%e4%ba%8b1%e5%b7%bb%e3%80%8019%ef%bd%90

大夢『実は今日、ブリュレしかつくれなかったんですよー寝坊しちゃって。』

引用:なのは洋菓子店のいい仕事1巻 19p

寝坊しちゃってブリュレ1個しか作れなかったという大夢…

 

ただでさえ咥えタバコで印象が最悪なのに、店員としての態度も最悪。

経営が悪化している理由のひとつが、間違いなく大夢としか言いようがないですし、長男なんだから、少しはマジメに経営を支えてほしいところですよ。

 

 

こんなふざけた長男が、なのは洋菓子店の唯一のパティシエということで、なのは洋菓子店に不安しか感じられなかったんですが、大夢はやればできる人でした!

パティシエとしての大夢は別人!

タバコを咥えているふざけたパティシエ・大夢。

店員としてもパティシエとしても最悪に思えたのですが、いざお菓子を作り始めパティシエとしての仕事を始めると大夢が豹変!

%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%af%e6%b4%8b%e8%8f%93%e5%ad%90%e5%ba%97%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%84%e4%bb%95%e4%ba%8b1%e5%b7%bb%e3%80%8029%ef%bd%90引用:なのは洋菓子店のいい仕事1巻 29p

大夢とは思えない美しさすら感じさせる手際であっという前に洋菓子を作り上げます!

 

もちろん、手際が美しいだけではなく味も絶品!

普段はふざけているけど、大夢なりの洋菓子を作る条件が満たされると、客を大満足させる絶品のお菓子を作り上げるんです。

 

 

ふざけているけど、パティシエとしての腕前は超一流の大夢。

果たして、大夢の洋菓子でなのは洋菓子店は活気を取り戻すことはできるのか?

なのは洋菓子店を経営する菜花3兄弟の今後が気になる物語です。

なのは洋菓子店のいい仕事1巻を読み終えて

経営が上手くいかずに潰れかけている、なのは洋菓子店。

そこに時々訪れる悩みを持つ客たちを菜花3兄弟が洋菓子で救っていく物語です。

 

ちなみにですが、パティシエでありながら大夢がタバコを咥えていますが、あれはタバコではなくて大夢にとって必要不可欠なアイテム。

読んでもらえれば納得できると思うので、『タバコ吸っているパティシエあり得ない』って理由で読まないってのは無しでお願いします(笑)

 

 

料理×ギャグという感じで、読み易い印象です。

悩みを持つなのは洋菓子店を訪れたお客を大夢なりに考えて?ちょっと捻くれてるけど結果としてはお客の悩みを解決していくのが良いところ♪

分かりにくいけど、大夢はかなり人の心を感じ取る能力に長けているんじゃないかなって印象も受けたし、なのは洋菓子店のこともかなり考えているという印象も受けた。

 

結局、大夢がふざけた振る舞いで洋菓子を作らないのも、死人である自分に頼るのではなくて、生きている正路とぱせりの2人だけでやっていけるようになってもらいたいからって考えれば納得だし。

全体的にふざけているように感じるけど、実は兄弟のことや洋菓子店の事。

さらには、店に訪れてくれた客のことを誰よりも本気で思い遣っているのが、長男の大夢なのかなって感じました。

 

 

読んでいると大夢の捻くれたやさしさがジーンときた、なのは洋菓子店のいい仕事1巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top