ナナマルサンバツ10巻の感想と考察!説得力0のタイショーと発言とクイズSQ予選開始!

ナナマルサンバツ10巻

 

ナナマルサンバツのキンドル版10巻が発売されたので

さっそく読んでみました(*^^*)

 

物語は京都での強化合宿編も終わり

遂にクイズスクエアの予選へ!

識たち初となる、最高に熱い本格的なクイズ大会が開始されます!!!

 

ナナマルサンバツ10巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

 ナナマルサンバツ10巻の感想※ネタバレ注意 

 ライバル復帰で嬉しそうな笹塚
京都での強化合宿から帰ってきた識達が

真理を送り届けた際に、クイズを引退していた兄・誠司とであるんだけど

その時に、誠司がクイズに復帰したことを知るわけで

元々は同じ学校でライバル関係だった笹塚が!

ナナマルサンバツ10巻 嬉しそうな笹塚

珍しく嬉しそうな表情( ̄∇ ̄*)

 

単純にライバルの復帰を喜んでいるっていうのもあるんだろうけど

やっぱり、またライバルと認めた強敵とクイズで競い合えるっていうのが楽しみでしかたないんだろうね。

 

笹塚さんズバ抜けてハイレベルだから

その辺のじゃ相手にもなりそうにないし

なんにせよ、勝てるかどうかわからないくらい実力が拮抗した人と戦う方が燃えるもんね!

 

これは、クイズスクエアでの笹塚の活躍に期待と同時に

誠司さんとのライバル対決も楽しみになってきたよ(*”ー”*)フフッ♪

 

 
熱い展開からの安定のタイショー(笑)
真理が目的でクイズ研究会に参加し

徐々に周りのメンバーに後れを取っていたタイショーこと大将。

 

それでも、一緒にクイズを始めた識に後れを取りたくないと

陰ながらタイショーも頑張ってたわけで

識との熱い友情の展開が繰り広げられて

応援してあげたくなった展開だったんだけど

 

熱い展開の後に開始された、クイズSQの予選大会で

全てを無に帰すような行動を…アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

ナナマルサンバツ10巻 大将・・・

(; ̄ー ̄)…ン?

クイズSQ当日に会場にゲストとして招かれていた

アイドルグループの限定グッズをガッツリ確保しているっていう…

 

『んなわけねーだろ』って言っているけど

グッズしまうの見えちゃってるし、ハチマチ巻いたままだし…

説得力がなさ過ぎるよ(ノ_-。)

 

タイショーは、ホントにクイズ大会で勝ちたいと思ってる?(;¬д¬)

ただでさえ、周りに後れを取っていると感じているはずなのに

どうして、予選当日に限定グッズ確保に動いたのだろうか…?(笑)

 

タイショー熱いんだけど

いっつも頼りないっていうか自分の欲望に素直に動きすぎて

な~んか信じられないんだよなぁ( ̄へ ̄|||)

 
始まるクイズSQ予選!
いろんなことがあったけど

遂にクイズSQ予選が始まるわけで

リーダー笹塚さんから、緊張している識たちに言葉が

ナナマルサンバツ10巻 笹塚実力者の言葉は説得力あるし

こんな先輩いると頼もしいよッ(o ̄ー ̄o) ムフフ

 

こんなの言われたら気が楽だし

緊張せずにクイズを楽しみながら大会に望めるよね!

 

背も高くて、頼りがいがあって頭いい人がリーダーって素晴らしいな(笑)

頼りになるし、困ったことがあれば素直に頼れる!

文蔵の活躍に期待です!

 

 ナナマルサンバツ10巻の全体感想

識たちがクイズ王を目指す大会も始まったし

ここからは、闕所に近づくにつれて

どんどん熱い展開が待ち受けるって思うと楽しみで仕方ないですよね!

 

予選大会から御来屋やアキラも参加してるし

アキラが周りを惑わす心理戦も始めてたりと

当たり前だけど。みんな本気で勝ちに来ていて

予選の時点で、すでに熱い!!

 

 

文蔵内でも、識とタイショーが熱い友情物語展開で

チーム内の結束も強まったし

ここからの活躍に期待したいけど、タイショーに見せ場は来るのか?(笑)

 

アイドルとかオタク系の特化問題に強いから

きっと見せ場はあるだろうし

そこで、ここまでの疑惑を払拭してほしいところ!

 

遂にクイズ大会・クイズSQへと物語も進んできたし

ここからのクイズ対決や

メンバーたちの活躍に期待したいナナマルサンバツ10巻の感想でした!

o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top