真夜中のX儀典2巻の感想と考察!真犯人X登場で物語が進展するも正体がわからなすぎるorz

真夜中のX儀典2巻

真夜中のX儀典の2巻が発売されましたね♪

ちなみに、X儀典の読み方はクロスメソッド。

 

漫画の内容はサスペンス×能力っていう感じで

主人公の体を乗っ取って主人公の姉を殺した”X”を

少ない手がかりから探し出すっていう物語になっています。

 

サスペンス漫画・真夜中のX儀典の2巻の感想です(^^♪

※ネタバレあるんで注意してください。


真夜中のX儀典2巻の感想※ネタバレ注意

家族殺しの容疑で刑務所にいた祥が

三九二の体を借りて向かっていたのは

祥の残された唯一の家族である、妹の愛衣のだったんだけど

愛衣から明かされた真相によって物語は急展開を遂げます‼

真夜中のX儀典2巻 Xが登場

なんと、祥の家族を殺した犯人は

妹・愛衣の中にいる、もう一人の精神であり

その精神は自分のことを”X”と名乗るんです。

 

そして、この”X”は肉体に入るたびに

その肉体の人物にあった願望を叶えていると言い放ったことで

主人公・浩樹の体を使って姉を殺した犯人が

この”X”を名乗る人物である可能性が急上昇Σ( ̄□ ̄!)

 

浩樹が追い求めていた姉殺しの犯人かもしれない

Xを名乗るものが目の前にいるにも関わらず

祥の妹・愛衣の肉体に”X”が宿っているだけの為

Xに対して、成す術がないわけです…

 

 

そんな悔しそうな浩樹達を察してか

Xが自分を捕まえる条件として提案してきたのが…

真夜中のX儀典2巻 X登場

真夜中のX儀典と呼ばれている

肉体交換をした者だけが参加できる夜会であり

そこで、私を見つけ出してくださいと言い残し、愛衣の体ごと行方を暗ましたわけで

 

これまで漠然としていた犯人探しから

Xと名乗った人物(精神)を探すという流れに

物語が一気に進展したことに‼!!

 

Xの正体は現時点で、男か女かもわからないし

こいつ自体の目的もよくわからない謎すぎる状況だけど

自らを捕まえるチャンスを与えてきたってことを考えると

快楽を追い求めていそうな感じで、

頭がイカれている精神ってことが分かるくらいですかね…(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

 

 

そして、Xを探すために真夜中のX儀典と呼ばれる夜会に

体を交換した浩樹達が参加するんだけど

その夜会で出会ったのが…

真夜中のX儀典2巻 蒼乃

Xを追っているという

自称・女子高校生探偵の蒼乃真(あおの しん)。

見た目はジジイだけど、中身は女子校正探偵。

 

そんな探偵さんがXを探しているって言っていることからも

Xを名乗る人物は相当前から自分を”X”と名乗っていることになりますね…

 

これが、何かのヒントになるとは思えないけど

業界では、それなりに知名度の高い人物みたいだし

徐々にヒントが出てくるのかな…?

真夜中のX儀典2巻の全体感想

サスペンス漫画の序盤っていうこともあって

現時点では、Xの手掛かりっていうのは

ほとんどないんですが、2巻のラストで三九二の体を借りている主人公・浩樹が…

真夜中のX儀典2巻 X2択

 

『そういえばあのとき”X”は…だった。』

(; ̄ー ̄)…ン?

発言からすると、何かしらヒントはあったみたいですよね!?∑(; ̄□ ̄A アセアセ

 

 

それにしても、Xがなんだったんだろう…?

Xさんは精神だけしか出てきてないし

男性か女性かっていうのはわかってない…となると?

…ホントに全然わからない…アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

言葉使いが丁寧だったからいいとこ育ちとか?

でも、あれは愛衣になりきっての丁寧語って感じだし

なんだろう…「(ーヘー;)え~と...

 

もう、まったくわからないけど、Xは男の方だな!!!

そう勘が告げているもん(笑)

そもそも怪しいし…

そう!よくしゃべる奴は怪しい!!!(;¬д¬)

 

うん…

もう黙って3巻待ちます…

真夜中のX儀典2巻の感想でした。。。。(( T_T)トボトボ

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top